生誕100年 特撮美術監督

井上泰幸展

日本の映像史に重要な位置を占める「特撮(特殊撮影の略称)」領域に大きな足跡を遺した特撮美術監督、井上泰幸の個展を開催します。2022年に生誕100年を迎える井上泰幸(1922-2012)は、特撮のパイオニアである円谷英二(1901-1970)のもと、「ゴジラ」(1954)から特撮美術スタッフの一員としてそのキャリアを本格的にスタートしました。以降、デザイナー/美術監督として、特撮映画のみならず日本映画・TV史において重要な作品を数多く手がけ、映像文化を支えた稀有な作り手です。本展では、井上の遺したスケッチ、デザイン画、絵コンテをはじめ、記録写真や資料、撮影で使用したミニチュアやプロップ、当時を再現した大型撮影セットなどを展示します。それらを通して、作家の功績と日本の特撮映像史を俯瞰し、次世代への創造的なインスピレーションを喚起することを目指します。

井上泰幸 アルファ企画にて、1994年 撮影:斎藤純二

※開催内容は、都合により変更になる場合がございます。予めご了承ください。

基本情報

会期

2022年3月19日(土)- 6月19日(日)

休館日

月曜日(3月21日は開館)、3月22日

開館時間

10:00-18:00(展示室入場は閉館の30分前まで)

会場

東京都現代美術館 企画展示室 地下2F

主催

公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館、朝日新聞社

助成

令和3年度文化庁文化芸術振興費補助金メディア芸術アーカイブ推進支援事業

企画協力

アニメ特撮アーカイブ機構

協力

特撮美術監督 井上泰幸 実行委員会、特撮研究所 ほか

同時開催・同時期開催の展覧会

展覧会一覧を見る

これまでの展覧会をみる