Viva Video! 久保田成子展

新潟に生まれ、国際的に活躍した久保田成子(1937-2015)の没後初、日本では約30年ぶりの大規模な個展を開催します。映像と彫刻を組み合わせた「ヴィデオ彫刻」で知られる久保田は、ヴィデオ・アートの先駆者の一人とみなされています。しかし、彼女の現代美術への貢献は、十分に評価されているとはいえません。
 本展の目的は、アメリカを拠点に日本人女性アーティストとして活動した久保田成子について、最新研究に基づいた新たな作家像を提示することにあります。2015年に彼女が亡くなった直後、その遺産を保護し、さらに発展させるために、久保田成子ヴィデオ・アート財団がニューヨークに設立されました。財団の全面的協力によって開催される本展では、復元されたヴィデオ彫刻のほか、作家によって保管されていたドローイング、資料などを中心に、国内美術館の所蔵品や作家の遺族からの借用品を含め、初公開資料を多数展示します。
 ヴィデオというメディアの黎明期に、世界を舞台に自らの芸術を展開する一人の女性作家として、何を考え、どのように表現を追求したのか。本展では、代表作「デュシャンピアナ」シリーズをはじめ、ヴィデオ彫刻、映像作品、それらのためのスケッチやアーカイヴ資料などにより、久保田の仕事を展覧します。

主催 公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
協賛 ライオン、DNP大日本印刷、損保ジャパン、日本テレビ放送網
助成 テラ・アメリカ美術基金、令和2年度文化庁優れた現代美術の国際発信促進事業、ポーラ美術振興財団

  • 《ナイアガラの滝》(部分)1985年
    Photo by Peter Moore Courtesy of Shigeko Kubota Video Art Foundation; © Estate of Shigeko Kubota

  • Shigeko Kubota Portrait
    © Tom Haar, 1972 Courtesy of Tom Haar and Shigeko Kubota Video Art Foundation

※ 開催内容は、都合により変更になる場合がございます。予めご了承ください。

同時開催・同時期開催の展覧会

展覧会一覧を見る

これまでの展覧会をみる