MOTコレクション
被膜虚実/Breathing めぐる呼吸

開催概要

 東京都現代美術館では、戦後美術を中心に、近代から現代にいたる約5600点の作品を収蔵しています。「MOTコレクション」展では、会期ごとに様々な切り口を設けて収蔵作品を展示し、現代美術の持つ多様な魅力の発信に努めています。

今回は2つのテーマ構成でご紹介します。
1階では、「被膜虚実(ひまくきょじつ)」と題し、1980年代末以降の作品を紹介します。このほど新規収蔵した三上晴子の1990年代初めの作品と同時期に三上が用いていた「被膜」というキーワードを起点とし、石原友明、平川典俊、ホンマタカシ、開発好明、加藤美佳、名和晃平、百瀬文、潘逸舟、トーマス・デマンド、方力鈞ほかの作家による多様な作品をたどりながら、約30年という時間の流れと、そこに見られる身体観の移ろいと生への眼差しに着目します。
3階は「Breathing めぐる呼吸」と題し、人の呼吸に繋がりながら世界をめぐるもの――風や水、大気の流れを思い起こさせるような作品群で構成します。今年生誕100周年を迎えるサム・フランシスの大きな絵画のシリーズに始まり、モンティエン・ブンマー、ソピアップ・ピッチ、遠藤利克、松本陽子ら、見る者の感覚を開く作品を紹介します。

*展示内容は都合により変更になる場合がございます。予めご了承ください。

出品リスト
パンフレット
展覧会チラシ(PDF)

ガイドスタッフのつぶやきトーク(PDF)

-道草のすすめ-「点 音」 and "no zo mi"(PDF)
MOTみつけるMAP(PDF)

出品予定作家

石原友明、伊庭靖子、梅沢和木、遠藤利克、小沢剛、開発好明、加藤美佳、金氏徹平、千葉正也、名和晃平、潘逸舟、平川典俊、方力鈞、福田美蘭、ホンマタカシ、松本陽子、三上晴子、村瀬恭子、百瀬文、モンティエン・ブンマー、トーマス・デマンド、サム・フランシス、ソピアップ・ピッチほか

被膜虚実(ひまくきょじつ)

  • 三上晴子《スーツケース | World Membrane: Disposal Containers – Suitcases》《[スーツケース(黄)]》1992-93、「SEIKO MIKAMI “Suitcases 1993 | 2020”」展(CAPSULE、東京、2020年)インスタレーションより[部分]Photo: Ichiro Mishima

  • 石原友明《約束》1988 Photo: Norihiro Ueno

  • ホンマタカシ 《「TOKYO SUBURBIA 東京郊外」多摩ニュータウン、東京都》1995-1998

  • 伊庭靖子《Untitled 2009-02》2009

  • 千葉正也 《タートルズ・ライフ#3》2013

  • 金氏徹平《White Discharge(建物のようにつみあげたもの#4)》 Photo: Eiji Ina

  • 名和晃平 《PixCell-Deer #17》2009 Photo: Nobutada OMOTE | Sandwich

百瀬文《山羊を抱く/貧しき文法》2016

潘逸舟《戻る場所》2011

Breathing めぐる呼吸

サム・フランシス《無題(SFP85-95)》1985 寄託(アサヒビール株式会社所蔵)

  • 松本陽子《夜》1991

  • ソピアップ・ピッチ 《月長石》2017

遠藤利克《泉》1991 Photo: Shizune Shiigi

展覧会の見どころ

  • 5600点の収蔵作品のなかから、今回は1980年代末以降の、より現在に近い時期に制作された作品を選びました。約30年の間に個々に生み出された作品を巡りながら、時間の経過やその背景を感じとるとともに、絵画、立体、写真、映像、インスタレーションなど多彩な現代美術の表現に触れることができます。
  • 1988年にヴェニス・ビエンナーレ(アペルト部門)に出品された石原友明の大作インスタレーション《約束》を15年ぶりに展示します。幅20mを超える青い画面が拡がる空間に、作者の身体イメージが、被膜に覆われた種子あるいは小舟のように配される、体感的な展示です。
  • 2015年に急逝し、現存する作品が極めて少ないことで知られる三上晴子が、1990年代初めに手がけた作品群を、新規収蔵後初めて当館で展示します。ほかにも活躍著しい百瀬文、潘逸舟、開発好明らによる、近年新規収蔵した映像作品を、MOTコレクション展で初展示します。
  • 今年生誕100年を迎えるサム・フランシスの大きな絵画のシリーズ(寄託: アサヒビール株式会社所蔵)を展示します。3階の空間を広々と使った展示をご堪能ください。
  • 松本陽子の1990~2000年代の代表的な絵画作品に加え、2000年代以降の素描作品をまとまったかたちで展覧します。
  • 2023 marks the centennial of Sam Francis (June 25, 1923 – November 4, 1994). Sam Francis Foundation celebrates the 100th anniversary of Francis’s birthday and his continued creative legacy through exhibitions, educational events, special projects, articles, and archival explorations. Inviting scholars, colleagues, artists, institutions, and historians, this commemorable year will explore their relationship with Francis, his art, his creative legacy, and his inspiration.

サム・フランシス《無題(SFP85-110)》展示記録動画

東京都現代美術館に寄託されているサム・フランシス作品(アサヒビール株式会社所蔵)はサイズが大きいため、作品をロール状で保管しています。2014年のコレクション展にあたって撮影した、修復家による《無題(SFP85-110)》の木枠への貼り込み作業など、本展で展示されている作品の展示風景の一端をご覧頂けます。

協力:公益財団法人旭グループ芸術文化財団、有限会社修復研究所21、カトーレック株式会社、HIGURE 17-15 cas
撮影・編集ARTISTS’ GUILD
© 東京都現代美術館2014
公開期限:2024年3月21日

基本情報

会期

2023年3月18日(土)~ 6月18日(日)

休館日

月曜日

開館時間

10:00-18:00(展示室入場は閉館の30分前まで)
※5/13(土), 14(日), 20(土) , 21(日) , 27(土) , 28(日)は20:00まで臨時夜間開館を実施します。

観覧料

一般500 / 大学生・専門学校生 400 / 高校生・65歳以上 250 / 中学生以下無料

企画展クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ」(~5/28)のチケットでMOTコレクションもご覧いただけます。
※ 小学生以下のお客様は保護者の同伴が必要です。
※ 身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方と、その付添いの方(2名まで)は無料になります。

会場

東京都現代美術館 コレクション展示室

主催

東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館

同時開催・同時期開催の展覧会

展覧会一覧を見る

これまでの展覧会をみる