ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ
柔らかな舞台

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ(1962年ロッテルダム生まれ、ベルリン在住)は、2017年ヴェネチア・ビエンナーレのオランダ館代表を務めるなど、オランダの現代美術を代表するアーティストの一人として、20年以上に渡り映像作品や映像インスタレーションを発表してきました。彼女の映像は、他者との共同作業を通じて人々の関係を形成すると同時に、それによって形作られるものとして試行を重ね、シナリオを設定しない撮影に、キャストやクルーとして参加する人々が現れます。撮影の場という設えられた状況で、あるテーマについて人々が対話する過程で発露する主観性や視座、関係性を捉え、鑑賞者の思考との交差を指向します。
このたび当館で開催する国内初めての個展「柔らかな舞台」では、彼女の代表的な映像作品から新作まで6点を展示します。初期作品からは、17世紀のオランダ領ブラジルで総督を務めたヨハン・マウリッツの知られざる統治をめぐり、マウリッツの手紙などを読み上げながら議論する《マウリッツ・スクリプト》(2006年)、オランダによる植民地政策にラジオがもたらした影響についての対話と、インドネシア独立運動家スワルディ・スルヤニングラットが書いた手記「私がオランダ人であったなら」を読み上げる声とが交わる《偽りなき響き》(2008年)の2作品を紹介します。《マウリッツ・スクリプト》はマウリッツの旧居でもあるマウリッツハイス美術館で、《偽りなき響き》はオランダ領東インド(現在のインドネシア)に向けたラジオ放送に使われた放送局跡地で、DJ、看護師、政治学者、ラッパー、アーティスト、ジャーナリストなどが参加する公開撮影として行われました。このように、ある場所がもつ歴史的文脈、そして異なるバックグラウンドや専門分野を持つ人々の声は、ファン・オルデンボルフの作品において豊かな多声性をもたらす重要な要素となります。

  • 《マウリッツ・スクリプト》2006年、映像スチル 26分/38分

  • 《偽りなき響き》2008年、映像スチル 30分

ファン・オルデンボルフの映像制作では、音楽、映画、詩、建築、絵画といった芸術実践やその歴史も要素として多く取り上げられます。2019年に制作した《ふたつの石》は、共に1930年代初期にソビエト連邦で活動し、戦後オランダで活躍したドイツ人建築家ロッテ・スタム=ベーゼと、ロッテルダムの差別的な住宅政策に異を唱えた南米・ガイアナ出身の活動家ヘルミナ・ハウスヴァウトの軌跡を取り上げます。スタム=ベーゼが計画に携わったハルキウ・トラクター工場(KhTZ)の集合住宅地とロッテルダムで撮影されたこの作品では、それぞれの地で現在活動する建築家や住民らが、二人の理想とそれらの間の不協和音について語り合います。

  • 《ふたつの石》2019年、映像スチル 各28分

  • 《ふたつの石》2019年、映像スチル 各28分

ポーランドの映画産業に関わる女性たちと制作した《オブサダ》(obsada=ポーランド語で「キャスト」の意味)では、20世紀の前衛芸術においても見落とされ、今日の芸術生産の場でも解消されないジェンダー不平等の問題と、これからの変化に対する希望について、女性たちが共に撮影を進めながら率直な言葉を交わします。ジェンダーの問題はこれまでのファン・オルデンボルフの作品で様々な角度から扱われてきましたが、改装中のアーネム博物館で2019年に撮影した《ヒア》(hier=オランダ語で「ここ」の意味)でも、オランダで音楽活動や文筆活動を行う若い女性たちが紡ぐ、自らの異種混交的なルーツや性についての表現が繊細に交差しています。

  • 《Hier. /ヒア》2021、映像スチル  27分

  • 《obsada/オブサダ》2021、撮影風景
    Photo by Jakub Danilewicz 34分

また、本展を機に国内で制作する新作は、主に1920年代から1940年代にかけて活躍した女性の文筆家たちが、女性の社会的地位や性愛、戦争といった問題に切り込んだテキストを取りあげ、それらが今日の社会のどのような側面を映し出すかを探ります。支配的な言説やイメージからいかに逸脱しうるのかという問いを、展示空間の構成においても重ねてきたファン・オルデンボルフは、本展を、フレームを定めることのない舞台セットのようなインスタレーションとして構成します。

《彼女たちの》2022、撮影風景 40分

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ プロフィール
1962年ロッテルダム(オランダ)生まれ、ベルリン在住。シナリオや設定を作り上げる映像制作を、諸形態の作品を生み出すための方法であり言語として探究してきた。近年、ウッチ美術館(ポーランド、2021年)、ドス・デ・マヨ・アートセンター(マドリッド、2019-2021年)、第57回ヴェネチア・ビエンナーレオランダ館(ヴェネチア、2017年)などでの個展を開催したほか、ソンズビーク20->24(アーネム、2021年)、シカゴ建築ビエンナーレ(シカゴ、2019年)、世界文化の家(ベルリン、2019年)、シンガポール・ビエンナーレ(シンガポール、2019年)、あいちトリエンナーレ(愛知、2016年)、キーウ・ビエンナーレ(ウクライナ、2015年)など数々の国際展に参加。

基本情報

会期

2022年11月12日(土)― 2023年2月19日(日)

開館時間

10:00-18:00(展示室入場は閉館の30分前まで)

休館日

月曜日(1月2日、1月9日は開館)、12月28日-1月1日、1月10日

会場

東京都現代美術館 企画展示室 3階

観覧料

一般1,300 円 / 大学生・専門学校生・65 歳以上900円 / 中高生500円 /小学生以下無料
※本展チケットで「MOTコレクション」もご覧いただけます。
※ 小学生以下のお客様は保護者の同伴が必要です。
※ 身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳持参者とその付き添いの方(2名まで)は無料です。

ウェルカムバック券

本展は映像作品で構成されるため、ご購入頂いたチケットで1回限り再入場できる「ウェルカムバック券」をご用意します。ご希望の方は、展示室内のスタッフにお声がけください。

主催

公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館

助成

オランダ王国大使館、モンドリアン財団

ロゴ試作8.png

展覧会カタログ

『柔らかな舞台』

映像のスチルカットのほか、インスタレーションビューを織り交ぜながら、多角的にファン・オルデンボルフの作品について読み深めることができるテキストを多数収録。映像スチルとテキストが交互に現れる若林亜希子のデザインによって、示唆に富んだ彼女の作品世界を掘り下げます。
2022年12月下旬発売予定、当館ミュージアムショップにて予約受付中。

著者:ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ
判型:A5 判変型(H200 x W125 mm)/コデックス装 / 280 ページ
デザイン:若林亜希子
テキスト:日本語 / 英語
発行:torch press
定価:2,970円(税込)/ 配送料+520円
※一般流通書籍のため、Amazonはじめ書店でもご購入が可能です。

主な内容:
• 映像作品のスチル
• インスタレーションビュー
• 各作品の解説
• 作家インタビュー
• 論考 Pablo de Ocampo(Walker Art Centerキュレーター)
• 論考 Choi Binna(CASCO ディレクター)
• 論考 菅野優香(クィア批評、同志社大学大学院教員)
• 論考 崔敬華(東京都現代美術館学芸員)

作家インタビュー

作家が滞在制作中に本展への想いを語ったインタビュー映像です。(約12分)

関連イベント
会期中にギャラリートーク、読書会などの関連プログラムの開催を予定しています。参加方法・詳細は当館ウェブサイトで順次公開いたします。

関連イベント

イベント一覧を見る

同時開催・同時期開催の展覧会

展覧会一覧を見る

これまでの展覧会をみる