さばかれえぬ私へ

Tokyo Contemporary Art Award 2021-2023 受賞記念展 

東京都とトーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)は2018年より、中堅アーティストを対象とした現代美術の賞「Tokyo Contemporary Art Award(TCAA)」を実施しています。各回の受賞者は2組で、複数年にわたる支援の最終年に、東京都現代美術館で受賞記念展を開催します。

第3回受賞者の志賀理江子と竹内公太による本展には、「さばかれえぬ私へ/Waiting for the Wind」という言葉を冠しました。この言葉は、TCAA授賞式から始まった志賀と竹内の対話の中から生み出された、いわば本展で唯一の2人の共同作品と言えるものであり、人々が抱える内面世界への呼びかけでもあります。
2011年の被災後、突如始まったあらゆる分野での復興計画に圧倒された経験を、人間が「歩く」営みとして捉えなおした志賀、第二次世界大戦時の兵器「風船爆弾」のリサーチにもとづき、過去の出来事–アーティスト–鑑賞者の「憑依の連鎖」による新作を発表する竹内。東日本大震災の爪痕が大きく残された宮城、福島をそれぞれの拠点として活動する両者の作品は、その方向性は違えども、対話の中で見出された共通の認識を持ち、ある部分では作品が重なり合うように展示空間を構成します。

出展作家:志賀理江子、竹内公太

志賀理江子《バイポーラー》よりスチル画像 2022

竹内公太《地面のためいき》 2022、インスタレーション 撮影:川越健太

※ 詳細はTCAAウェブサイトをご覧ください。

■さばかれえぬ私へ Tokyo Contemporary Art Award 2021-2023 受賞記念展 関連イベント
アーティスト・トーク(2023年3月19日(日)14:00-15:30)詳細はこちら

基本情報

会期

2023年3月18日(土)-6月18日(日)

開館時間

10:00-18:00

休館日

月曜日

会場

東京都現代美術館 企画展示室 3F

観覧料

無料

主催

東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 トーキョーアーツアンドスペース・東京都現代美術館

同時開催・同時期開催の展覧会

展覧会一覧を見る

これまでの展覧会をみる