おさなごころを、きみに

親子や幅広い年齢層がともに美術館を訪れ、誰もが持つおさなごころを体験的に問い直し、優れた芸術表現の可能性を知る「はじめの一歩」となる企画として「おさなごころを、きみに」展を開催します。

本展は、かつてこどもだった私たち―大人が忘れてしまったクリエイティブな「おさなごころ」を思い起こし、メディアテクノロジーによる作品や映像を通して、こどもと大人が一緒に楽しめる展覧会です。触覚、身体、音と言葉、忘却、宇宙などをテーマとした空間を巡りながら、インタラクティブ体験、身体表現、音や文字による作品資料や映像上映、東京都現代美術館のコレクション展示を体験します。併せて、教育機関や地域と連携したオープンワークショップを会期中に展開します。
また、本展は「こどものための現代美術展」であると同時に、大人/こどもを往来する、いわばネオテニー(幼形成熟=こどもの姿でありながら大人である)的なこころのありかたをベースにしています。展示を通して、戦後から現在まで日本から世界に発信され、高く評価されている新旧のアート&テクノロジーを知る/考えることを試みます。来館者は作品表現をこまやかに鑑賞し、身体を動かして作品の一部になったり、記念写真を撮ったり宇宙に触れたりしながら、空間を巡ります。そして、作品上映を楽しんだあと、展覧会の最後には、見慣れた世界の面白さを取り戻すために、「はてしない物語」(ミヒャエル・エンデ作)のように、忘れていた「本当の名前」を受け取ります。老いも若きも、親子もお友だちも、カップルもおひとりさまも、まるで生まれかわるように、新たな気持ちで美術館をあとにしていただければ幸いです。芸術も社会も新たな局面を迎えつつあるいま、私たちは技術や文化の特異点(シンギュラリティ)の中にいるのかもしれません。2020年の夏から秋のひととき、誰もが内包する「おさなごころ」を思いだし、次なる表現の可能性について考える展示をぜひお楽しみください。

展覧会3つのポイント

1 巡って楽しむ展示空間と関連プログラム
当館コレクション作品による導入展示から始まり、ゆるやかに重なり合う「触覚」「身体」「音と言葉」「忘却」「銀河」の空間を巡って、大型映像上映や、多様な年齢層を対象にしたオープンワークショップ(リモート開催を含め、会期中に展示室内で開催予定)をお楽しみください。「忘却」「銀河」の空間を抜けると、まるで生まれかわるように展示空間を再び回遊できます。

2 高精細映像による作品上映
高精細な8Kの映像作品(導入展示・無料)を上映します。微細な画面のすみずみに宿る表現の可能性にご注目ください。また、特別上映(3D・予定)をはじめとする会期中の関連プログラムにぜひご参加ください。

3 STEAM教育と気づきの展示
2020年度からプログラミング教育が必修になり、STEM教育(科学・技術・工学・数学)にA(Art)を加えたSTEAM教育の重要性も広まりました。本展では、1960年代から現在まで、プログラミングによって制作された、古くて新しい「生成される芸術」や「芸術と技術の融合領域」作品、現代美術領域でも一般化したVR(人工現実感)やAR(拡張現実感)、高精細映像、人工知能、人間拡張工学(超人スポーツ含む)など、拡がる表現プラットフォームによる作品群をわかりやすく紹介します。ぜひこの機会に触れてみてください。

展示構成 出品予定作家

導入展示 …時をとめるかのような美しさを湛えた作品群(当館収蔵品)や、8Kによる作品上映で映像と音を体感します。
「触覚」… 視覚の比重が大きかった美術表現に対して、触覚の面白さや重要性を思い起こさせる展示です。
「身体、音と言葉」… 書籍や文字による表現、体を動かして参加する作品で身体表現を追体験する試みです。
「忘却」… 歴史的資料や新作など、新旧のメディアを通して、私たちの記憶やイメージを再考します。
「銀河」… クリエイティブなイマジネーションとともに生まれかわるために、宇宙の拡がりを想像する展示です。

参加予定作家
名和晃平、吉岡徳仁、8K作品上映「MADD.作品集」、GRINDER-MAN、安藤英由樹、藤木淳、のらもじ発見プロジェクト、錯視ブロックプロジェクト、ジュスティーヌ・エマール、phono/graph、IDEAL COPY、CTG、幸村真佐男、森脇裕之、小阪淳、AR三兄弟、Rhizomatiks Research / ELEVENPLAY / MIKIKO / 真鍋大度 / 石橋素 / Kyle McDonald、渡邊淳司(NTTコミュニケーション科学基礎研究所)落合陽一 × 日本フィルプロジェクト(Visual: WOW

※開催内容は、都合により変更になる場合がございます。予めご了承ください。

GRINDER-MAN《HERO HEROINE》2018年 
Supported by ASUS

  • 吉岡徳仁《ROSE》2013年
    東京都現代美術館蔵
    Photo by TOKUJIN YOSHIOKA Inc.

  • 名和晃平《PixCell-Bambi #10》2014年
    東京都現代美術館蔵
    Photo by Ichiro Otani

ジュスティーヌ・エマール《Co(AI)xistence》2017年、ビデオインスタレーション(12分)
with 森山未來 / オルタ(大阪大学石黒研究室、東京大学池上高志研究室)
© Justine Emard / Adagp, Paris 2020

藤木淳《P055E5510N》2011 年
©Jun Fujiki

森脇裕之《時花(トキハナ)》2010 年
© Hiroyuki Moriwaki

《一家に1枚 宇宙図2018》(部分)
著作:公益財団法人科学技術広報財団
制作:「一家に1枚宇宙図」制作委員会
アートディレクション:小阪淳

《一家に1枚 宇宙図2018》の全体画像は下記リンクからダウンロードしていただけます。
宇宙図2018(日英PDF公開)http://stw.mext.go.jp/series.html

AR三兄弟
©川田十夢

基本情報

会期

2020年7月18日(土)- 9月27日(日)

休館日

月曜日(8月10日、9月21日は開館)、8月11日、9月23日

開館時間

10:00-18:00(展示室入場は閉館の30分前まで)

観覧料

一般1,300円 / 大学生・専門学校生・65歳以上1,000円 / 中高生800円 / 小学生以下無料

※ 小学生以下のお客様は保護者の同伴が必要です。
※ 身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方と、その付添いの方(2名まで)は無料になります。

会場

東京都現代美術館 企画展示室 3F

主催

公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館

共催

株式会社NHKエンタープライズ

特別協力

MADD. Committee/アストロデザイン株式会社

機材協力

シャープ株式会社/キヤノンマーケティングジャパン株式会社

協力

公益財団法人科学技術広報財団 /「一家に1枚宇宙図」制作委員会 / 一般財団法人 ニッシャ印刷文化振興財団 / 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)/ 株式会社ビデオリサーチ / ミネベアミツミ株式会社 / 株式会社アミューズ / 株式会社ヒップランドミュージックコーポレーション

展覧会メインビジュアル:
岡崎智弘(デザイン)、 Noritake(イラストレーション)

同時開催・同時期開催の展覧会

展覧会一覧を見る

これまでの展覧会をみる