「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」展

オンライン展示アーカイブ

360°VR+ハイライト映像

「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」展示アーカイブをオンライン上で2022年331日までの期間限定で公開します。

東京都現代美術館で202011月から20212月まで開催され、世代を超えて大きな反響を呼んだアートディレクター石岡瑛子の回顧展が、ハイクオリティの360°VRコンテンツと、ハイライト映像で蘇ります。
コロナウイルス感染症による緊急事態宣言下で開催された同展は、国際的に活躍した石岡瑛子の世界初の回顧展でありながら、限られた観客の方にしかご覧いただくことができませんでした。巡回も予定されておりません。今回の公開により、石岡瑛子の仕事の重要性をより広く、世界中の皆さまにお伝えできれば幸いです。(いずれも音声をオンにしてお楽しみください)

■公開オンラインコンテンツ(期間限定公開)

1. 360°VR

https://vr.mot-art-museum.jp/
360°VR操作ガイド(PDF)
VRゴーグル等は必要ありません。画面をクリックしてお進み下さい。

キャプチャ.JPG

展覧会ガイドのテキストはこちらからもお読みいただけます。
展覧会ガイドSP用(PDF)
展覧会ガイドPC用(PDF)


2. ハイライト映像

画質設定でネット環境に合わせてご選択ください

(撮影・編集 鈴木余位)


360°VRの中(展示室入口)では下記2つの動画アーカイブもご覧頂けます。

DOMMUNE
アーカイブ
東京都現代美術館 Presents 『石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか』開催記念5時間番組『Encyclopedia of EIKO ISHIOKA」(制作・編集 DOMMUNE)
【出演】コムアイ、マキシーン・ヴァンクリフ(ファッション・ディレクター)、荒川弘之(写真家)、松下徹(SIDECORE)、桜井久美(衣装デザイナー、アトリエHINODE)、ドリアン・ロロブリジーダ(ドラァグクイーン)、hossy(ドラァグクイーン)、河尻亨一(編集者、作家)、永井裕明(アートディレクター)、松本弦人(アートディレクター、グラフィックデザイナー)、宇川直宏(DOMMUNE、”現在美術家” )、藪前知子(東京都現代美術館 学芸員)

VABF関連イベント「石岡瑛子を語りつくす」トークセッション
石岡瑛子を語りつくす
【出演】河尻亨一(元・広告批評編集長)、藪前知子(東京都現代美術館 学芸員)


■作家プロフィール
石岡瑛子(いしおかえいこ) 
1938年東京都生まれ。アートディレクター、デザイナー。東京藝術大学美術学部を卒業後、資生堂に入社。社会現象となったサマー・キャンペーン(1966)を手がけ頭角を現す。独立後もパルコ、角川書店などの数々の歴史的な広告を手がける。1980年代初頭に拠点をニューヨークに移し、映画、オペラ、サーカス、演劇、ミュージック・ビデオなど、多岐にわたる分野で活躍。マイルス・デイヴィス『TUTU』のジャケットデザインでグラミー賞受賞(1987)、映画『ドラキュラ』の衣装でアカデミー賞衣装デザイン賞受賞(1993)。2008年北京オリンピック開会式では衣装デザインを担当した。2012年逝去。

「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」展

JASRAC_1.jpg

関連イベント

イベント一覧を見る

関連展覧会

展覧会一覧を見る

これまでのイベントをみる