MOTサテライト2019 ひろがる地図 ワークショップ

サトウアヤコ ワークショップ「家族の風景を共有する」

少しゆっくりと、家族の若い頃の話を聞いてみませんか?

子どもだった時は、親の思い出話を聞いても何だかあまりピンとこなかったけれど、大人になってみるともうそんな話を聞く機会がなかなかない―そんな人に向けて、「ひろがる地図」展で展示している作品と同じ「日常記憶地図」の手法を使って、家族の話を聞くワークショップです。
「親」は、「子」が小さい時に暮らしていた土地の地図に、よく行っていた場所を描き込みます。地図を前にして話をすることで、様々な記憶がつながってお話しやすくなります。
「子」はインタビュアーとなり、地図をたどりながらお話を聞き取ります。地図を媒介に日常全体の話を聞く事で、当時の生活の全体像をつかみやすくなります。自分も暮らしていた土地について、親の視点から話を聞くことで、記憶のずれと重なりを探します。
自分が知らない家族の風景を共有し、家族の姿を改めて知る、穏やかな時間を持ってみませんか?

※地図を使用するプログラムのため、それぞれのご家族に必要なエリアを事前にご指示いただきます。準備の都合上、ご指定エリアは日本国内限定とさせていただきます。

ファシリテータープロフィール

サトウアヤコ
建築・情報工学を学び、対話を主としたリサーチやコンセプトデザインなどを行う。2010年から「mogu book」、「本棚旅行」、「カード・ダイアローグ」など複数のプロジェクトを継続しながら、媒介的なコミュニケーションや言語化プロセスについて探求している。
日常記憶地図ウェブサイト

基本情報

日時

9月16日(月祝)13:00-17:00

会場

東京都現代美術館 研修室2

定員

大人になって改めて家族の話を聞いてみたい人と、その家族5組10名(先着順・事前申込制)

申込方法

申込フォーム

お問い合わせ

東京都現代美術館 企画係 MOTサテライト2019担当
E-mail: satellite-ws@mot-art.jp TEL: 03-5245-4111(代表)

関連イベント

イベント一覧を見る

関連展覧会

展覧会一覧を見る

これまでのイベントをみる