ごあいさつ

takashima.JPG

東京都現代美術館は、日本の戦後美術を中心に広く内外の現代美術を体系的に研究、収集、保存、展示するため、平成7年3月に開館いたしました。 これまで約5,000点のコレクションを活かした常設展示や、多彩な分野を横断する現代の創造活動を積極的に取り上げ、特色ある企画展を開催してまいりました。 当館では、次の三つの方針を立て、皆様から親しまれる「開かれた美術館」の実現に向け取り組んでいます。

1|文化の創造と魅力あるメッセージの発信

  • 現代美術の国内外への発信
  • 現代美術の保存と継承
  • 変容する価値観への対応

2|現代美術の普及と次世代の担い手を育む

  • 優れた作品等の鑑賞機会の提供
  • 現代美術の普及と子供たちの育成
  • 新進・若手芸術家への支援と創造拠点化

3|あらゆる鑑賞者に開かれた美術館の実現

  • バリアフリー・ホスピタリティを指向するアートの拠点化
  • 地域の核としての存在

私は、開かれた美術館の実現のため、特に、楽しく刺激のある展覧会、現代美術に親しみ、
見る力を伸ばす活動に取り組んでいきたいと考えています。
また、ゆったりと時間を過ごすことができる美術館にしたいと考えています。
現代美術がお好きな方も、まだなじみのない方も、多くのお客様のご来館を心よりお待ち申し上げています。

東京都現代美術館
館長 髙嶋 達佳

このページの上部へ