2020年11月10日(火)

展覧会の予約優先チケットとご来館時のお願いについて

お知らせ

■予約優先チケットについて

新型コロナウイルスの感染予防・拡散防止のため、2つの企画展「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」と「MOTアニュアル2020 透明な力たち]のご観覧にあたり各時間に定員を設けた予約優先チケットを販売します。
当日、チケットカウンターでお買い求めいただき、予約なしでの観覧も可能です。ただし、館内の混雑状況によっては、ご入場をお待ちいただく場合もございますので、よりスムーズに展覧会をご覧いただくために、ご来館前に予約優先チケットをご購入ください。

コレクション展のみの観覧を希望される場合は、予約制としておりませんので、東京都現代美術館チケットカウンターにてご購入下さい。

予約優先チケット購入はこちら
※購入頂いたチケットの払い戻し・変更はできませんのであらかじめご了承ください。
※毎週水曜日午前10時に、翌週水曜日から1週間分の受付を開始します。

次の方は、予約優先チケットをご購入いただかずにご入場いただけます。

1. 身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方と、その付き添いの方(2名まで)。
※展覧会入口で無料入場を証するものをご提示下さい。
2. MOTパスポート(5回目以降)、ぐるっとパス他、各種割引をご利用される方
※美術館チケット売場にて割引入場を証するものをご提示の上チケットをご購入下さい。
3.招待券・招待状、MOTパスポート(企画展4回目まで)をお持ちの方は展覧会入場口に直接お越しください。

なお、カフェ、レストラン、ミュージアムショップなどの入場無料スペースはご予約不要です。美術図書室は別途事前予約が必要となります。

■ご来館されるお客様へのお願い

当面の間、入館はメインエントランスのみとし、パークサイドエントランスは閉鎖させて頂きます。

・37.5℃以上の発熱や咳・咽頭痛などの症状がある方については、ご来館をお控えください。
・過去2週間以内に感染が引き続き拡大している国・地域への訪問歴がある方は、ご来館をお控えください。
・マスクの着用、咳エチケット、手洗いや手指消毒にご協力ください。マスクを着用でないお客様の入館はご遠慮いたただきます。
・入館時に検温を行います。37.5℃以上の発熱があると認められた際は、入館をお断りいたします。
・館内では他のお客様との距離をできるだけ2m取るように心がけてください。
・展示室内での会話はお控えください。
・展示物及び展示ケース、使用を中止している機器等には手を触れないでください。
・「東京版新型コロナ見守りサービス」を導入しております。
詳細はこちら


【館内における感染防止対策】
・スタッフは毎日検温を実施し、健康状態を確認します。
・スタッフはマスクを着用します。
・窓口にはアクリル板等を設置します。
・館出入口に消毒液を設置します。
・館内の清掃・消毒・換気を徹底します。
・お客様同士の間隔があけられるよう入場者数を制限します。
 (入場制限等の状況については、当館のTwitter等でお知らせします)
・人が一か所に滞留しないよう、案内表示等により注意喚起します。
・展示室内のヘッドホンや車いす、ベビーカーなどの貸出物について消毒を徹底します。
・手で触れることができる展示物は、原則接触を中止します。(展示の内容によっては消毒した上対応します)
・対面での飲食や会話を回避するようパブリックスペース等の席配置を工夫します。
・トイレに設置されているハンドドライヤーの使用禁止します。
・来館者・スタッフが発症した際は保健所と適切に連携して対応するとともに、必要に応じ、ウェブサイト等でお知らせします。
(念のため、来館された日時をご自身で記録しておくことをお勧めします。)


■その他
・「シルバーデー」及び「家族ふれあいの日」の割引は当面の間中止しております。

お知らせ