美術図書室

MUSEUM OF CONTEMPORY ART TOKYO

本日開館本日休館大規模改修工事のため中〜:~:-ーabcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789

MOTについて

東京都現代美術館は、現代美術の振興を図り芸術文化の基盤を充実させることを目的として1995年3月に開館いたしました。
約5,000点の収蔵作品を活かして、現代美術の流れを展望できる常設展示や大規模な国際展をはじめとする特色ある企画展示など、
絵画、彫刻、ファッション、建築、デザイン等幅広く現代美術に関する展覧会を開催しています。
また、美術関係図書約100,000冊を揃えた美術図書室を備え、美術に関する情報提供、教育普及を目的としたワークショップや
各種講座や講演会等の美術を広める活動を行っています。
常に動き続けるコンテンポラリー・アートを肌で感じることのできるスペースです。

基本方針

「現代」と「美術」を結ぶ「開かれた美術館」を実現するために

1|「現代」と「美術」を結ぶ、魅力溢れるメッセージを発信する。

  • 高いクオリティの追及と新たな展示手法への挑戦
  • 収集作品・美術資料の積極的な公開・情報提供などによる発信

2|「現代」を問う「美術」への、鑑賞者の裾野を広げる。

  • 鑑賞力を高める積極的な教育普及活動
  • 話題性の高い展示企画、親近性の高いテーマ設定の工夫など多角的な取り組み

3|「現代」と「美術」を結ぶ、創造の担い手を育む。

  • 新しいアートを将来にわたって担う新進・若手アーティストの発掘・支援