「フルクサス・イン・ジャパン2014」のおしらせと申込方法について

東京都現代美術館開館20周年記念事業の第一弾として、フルクサスのオリジナルメンバーによる「フルクサス・イン・ジャパン2014」を開催します。

フ ルクサス(Fluxus)の活動は、音楽、詩、美術、映像、パフォーマンス等、さまざまなジャンルを横断し、ヨーロッパ、アメリカ、日本と世界各地で展開 しました。文字によるインストラクション(指示書)をもとにパフォーマンスをおこなう「イヴェント」の方法や、日常をアートに転換するその考え方は、その 後のアートシーンに大きな影響を与えています。当館ではオノ・ヨーコや靉嘔の個展を開催してきた他、塩見允枝子ら、フルクサスに参加した作家の作品を収集 してきました。作品や資料の展示により前衛的な活動を紹介してきた一方、彼らの活動の中心にあったパフォーマンスに光をあてる機会が待たれていました。こ のたび、1960年代、フルクサスの初期から参加してきた作家を招いた本格的なコンサートを開催します。資料では伝わらないライヴのフルクサスを体験できる貴重な機会となります。

【フルクサス・イン・ジャパン 2014 概要】
#1~5はそれぞれの作家が1~2時間程度、自身の作品やその他のフルクサスの作家の作品をおこないます。プログラム構成を含め、各作家の作品世界とそれぞれのフルクサス観を見ることができるでしょう。
#6「Viva!フルクサス」は複数の作家による共演となります。


#1 小杉武久 Takehisa Kosugi ※定員に達しましたので、申し込みを締め切りました。
テクノロジーをしなやかに使いこなした独自の表現で、コンサート、展覧会と世界各地で活動を展開。近年は現代音楽の分野のみならず、ロック系アーティストとの共演も多数ある小杉武久。今回は、1960年代のイヴェント作品が一部新しいリアリゼーションで演奏されます。
共演:和泉希洋志、高橋悠治、浜崎健、湯浅学
日時:4/13(日) 15:00~
会場:東京都現代美術館 講堂
定員:200名(無料 事前申込制/先着順)
床席、イス席、立ち見のいずれかでご観覧いただきます。

#2 ミラン・ニザック Milan Knížák 当日入場枠あり!
穴 をあけたりつなげたりと物理的に壊れたレコードをターンテーブルにかけ、エフェクトをかける「ブロークン・ミュージック」で知られるミラン・ニザック。東 ヨーロッパにおけるフルクサスの活動を牽引しながらアクティヴィストとして活躍した一方、絵画、彫刻、執筆など様々に手がけてきました。初来日の今回は 「ブロークン・ミュージック」のほか、即興的ファッション・ショーなどをおこなう予定。
日時:4/15(火) 18:30~
会場:東京都現代美術館 講堂
定員:200名(無料 事前申込制/先着順)
申込:事前申込は締め切りました。
【お知らせ】
事前申込は締め切りましたが、定員まで若干の余裕がございます。事前申込をされた方の入場や空席の状況に応じて当日の18:20から先着順でご案内します。観覧ご希望の方は講堂前にお越しください。

#3 ベン・パターソン Ben Patterson *お申込み受付期間延長!
1962 年、ドイツのヴィースバーデンでおこなわれた最初のフルクサスのコンサートに参加したメンバーの一人。以後多くのフルクサスのパフォーマンスに参加してき ました。2004年、70歳の誕生日に富士山に登りますが、頂上までには200メートル足りませんでした。10年後にあたる今回、このエピソードにまつわ るパフォーマンスを当館エントランスでおこないます(1)。翌日のコンサート(2)では、複数のパフォーマーと共に「オペラ」をおこなう予定。
1)
日時:4/15(火) 12:00~(20分程度予定)
場所:東京都現代美術館 エントランス
無料 申込不要
2)
日時:4/16(水) 18:30~
会場:東京都現代美術館 講堂
定員:200名(無料 事前申込制/先着順)
申込:4/13(日)18:00までにメールにて受付(アドレス等詳細は下記「申込方法」をご覧ください)
*申込受付期限を延長しました!

#4 エリック・アンダーセン Eric Andersen
ア ンダーセンは空間に鑑賞者を誘うインタラクティブな作品を早くから手がけてきました。その作品はその場に立ち会う以外に触れることが難しいものです。この たびは音楽的な要素を持つ作品を中心に、ユーモアや簡潔さといったフルクサスの特徴を体現する作品と、冗長さを強調する作品の両方をおこなう予定。
*一部の映像に裸体が含まれます。ご了承の上、ご参加ください。
共演:会田桃子、かみむら泰一、寒川晶子、高橋保行、北條知子、巻上公一、三浦礼美、森重靖宗
日時:4/18(金) 18:30~

会場:東京都現代美術館 講堂
定員:200名(無料 事前申込制/先着順)
申込:4/13(日)18:00までにメールにて受付(アドレス等詳細は下記「申込方法」をご覧ください)

#5 塩見允枝子 Mieko Shiomi
音 楽的コンセプトによる視覚作品やイヴェントをつくっていた塩見はフルクサスに出会い、「インターメディア」と呼ばれるトータルな表現を発展させます。当館 では2012年にトーク&パフォーマンスをおこない作品を紹介しましたが、このたびはピアノ作品を中心に、複数のパフォーマーと共に、新作を含む力作が演 じられる予定です。
共演:稲垣聡、柴田暦、福井とも子、村井啓哲、矢野礼子、ヤリタミサコ
日時:4/19(土) 18:30~
会場:東京都現代美術館 講堂
定員:200名(無料 事前申込制/先着順)
申込:4/14(月)18:00までにメールにて受付(アドレス等詳細は下記「申込方法」をご覧ください)

#6 Viva ! フルクサス※定員に達しましたので、申し込みを締め切りました。
出演:エリック・アンダーセン+ベン・パターソン+ミラン・ニザック+塩見允枝子+靉嘔(予定)
様々なフルクサスの作品をおこないます。観客参加型のものも多数予定。
日時:4/20(日) 15:00~
会場:東京都現代美術館 講堂
定員:200名(無料 事前申込制/先着順)
申込:4/15(火)18:00までにメールにて受付(アドレス等詳細は下記「申込方法」をご覧ください)


申込方法

申込:メールのみの受付となります。
*1通につき1名様でお申込みください。
*複数の日をご希望の方は、ご希望の日ごとにメールをお送りください。
ご記入内容:
件名を「●月●日(ご希望の日)イベント参加希望」(←ご希望の日を明示してください。
メール本文に(1)希望日時とタイトル、(2)お名前とふりがな、(3)返信先メールアドレスをご記入の上、fluxus@mot-art.jpまでメールにてお申込みください。

締切:各イベント実施日の5日前の18:00まで(各回の期日は上記にも記載)

1) お申込みいただいたアドレスに返信します。迷惑メール受信拒否の設定をしている場合、こちらから返信したメールが届かない場合もあります。fluxus@mot-art.jpを許可する設定にしてください。
2)お申込みされた方には3月31日(月)以降、各イベント実施日の3日前の18:00まで(例:4/13希望の場合は4/10の18:00まで)に お申込み受付完了、または定員に達した旨を返信いたします。
3) イベント実施日の3日前の18:00に返信がない場合は03-5245-4111(月曜を除く8:30~18:00)までお問合せください。なお申込受付締切後のお申込みは無効とし、返信はいたしません。

その他:
コンサートでの静止画、動画の撮影や音声の録音はお控えください。
お申込み時に頂戴する個人情報は厳重に管理し、本件の返信目的以外では使用いたしません。

年アーカイブ

このページの上部へ