MOTサテライト 2017秋 むすぶ風景

休館中の東京都現代美術館(MOT)が、アーティストたちと清澄白河のまちに!上野に!お邪魔します♪


古くは松尾芭蕉も居を構え、戦後はオリンピックの聖火が通り、近年ではカフェやギャラリーが活気を見せる清澄白河――東京都現代美術館は1995年に開館し、クリエイティブで魅力あるこの地で活動を続けてきました。「MOTサテライト」は、改修休館中の東京都現代美術館が、清澄白河エリアのさまざまな人や施設の協力を得てまちへ出かける試みです。さまざまなアーティストによる作品やプロジェクトをまち中で紹介しながら、新旧問わず活気あるこの地域の文化やコミュニティが織り成す豊かさと魅力を発信します。
第2回目となる「MOTサテライト 2017秋 むすぶ風景」では、このまちの多彩な営みにある背景や、まちが経てきた歴史的変化の軌跡をたどります。多様な人々が集ってきたこの地域の活力や風景を可視化する作品展示やワークショップ、まち歩きやトークイベント等を通じて人とまちをむすび、清澄白河との新たな出会いを創出します。
また今回は、未来の文化の創造の担い手である若い世代を対象にした展示やイベントも多数開催します。その一環として、清澄白河エリアに加え、東京藝術大学上野キャンパス内 アーツ・アンド・サイエンス・ラボでの展示やイベントも行います。

参加作家

清澄白河エリアの各所

下道基行、鎌田友介、Atsuko Nakamura、守章、石塚まこ
東京藝術大学芸術情報センター 清澄白河プロジェクト、東京大学 廣瀬・谷川・鳴海研究室、
のらもじ発見プロジェクト、錯視ブロックワークショップグループ

東京藝術大学 アーツ・アンド・サイエンス・ラボ

エリック・ボードレール、ユリアス・コラー、ミリアム・レフコウィッツ、
ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ、冨井大裕

みどころ

清澄白河エリアでのみどころ

清澄白河エリアでの主な展示は、工場跡地や地域拠点を活用した「MOTスペース」や、店舗やカフェなどまちに点在する「MOTスポット」で展開します。「MOTスペース」では地域の記憶や風景を、視覚や音などで体感するインスタレーションなどを展示します。「MOTスポット」では、まちのあちこちに隠れているドローイングを探してみましょう。自分だけのランドマークを見つけて言葉の地図をつくるプロジェクトにも注目です。
また、「体験からみる清澄白河」をテーマに、東京大学・東京藝術大学のアーティスト・研究者らの視点から地域で展開される多様な試み(展示・ワークショップ・パフォーマンス等)を訪れ、時を超えてつながる風景や作品をたどり、まちなかをめぐる散歩を楽しんでみましょう。
その他にも、地域のクリエイティブな各拠点「地域パートナー」の皆様によるさまざまなプログラムもあわせてぜひご覧ください。

東京藝術大学上野キャンパス(アーツ・アンド・サイエンス・ラボ)でのみどころ

カディスト・アート・ファウンデーション(パリ)との共同企画展-
パリの中学生と4年にわたって映像制作を続けているエリック・ボードレール、「フェア・プレイ」を社会の基盤と捉え、1960年代から卓球やテニスをモチーフに多くのアクションを展開したユリアス・コラーなど、異なる国や時代を生きるアーティストが、自らの社会について人々と共に考え、制作した優れた作品を紹介します。会期中、アーティストたちによるパフォーマンスなども多数開催します。

主催

東京都、東京都現代美術館・アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団

後援

江東区

特別協力

深川資料館通り商店街協同組合、グランチェスター・ハウス、
東京藝術大学社会連携センター、東京藝術大学芸術情報センター、
東京藝術大学大学院 国際芸術創造研究科、東京藝術大学 古川研究室、
東京大学 廣瀬・谷川・鳴海研究室

助成

アンスティチュ・フランセ

協賛

公益財団法人 クマ財団 クマ財団ロゴ.jpg

協力

東京大学地震研究所、デル株式会社、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社、
錯視ブロックワークショップグループ、株式会社中川ケミカル、株式会社 森木ペーパー、
ケイ・インターナショナルスクール東京 ほか

平成29年度[第20回]文化庁メディア芸術祭協賛事業


財団連携ロゴjp.jpg


清澄白河エリアの各所

下道基行
鎌田友介
Atsuko Nakamura
守章
石塚まこ

東京藝術大学芸術情報センター 清澄白河プロジェクト
東京大学 廣瀬・谷川・鳴海研究室
のらもじ発見プロジェクト
錯視ブロックワークショップグループ

東京藝術大学 アーツ・アンド・サイエンス・ラボ

エリック・ボードレール
ユリアス・コラー
ミリアム・レフコウィッツ
ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ
冨井大裕

プレイベント第1弾
キックオフミーティング

「MOTサテライト 2017秋 むすぶ風景」のプレイベントとして、今年春に開催した第1回目の「MOTサテライト 2017春 往来往来」の振り返りと、第2回目の概要説明等をするキックオフミーティングを実施します。

日時:2017年8月28日(月)18:30-20:00
場所:清澄庭園大正記念館(江東区清澄3-3-9)
定員:60名程度(当日先着順)
参加費:無料
登壇者:
カニエ・ナハ(詩人/第1回サテライト参加作家)
下道基行、守章、Atsuko Nakamura、東京藝術大学 古川 聖、東京大学廣瀬・谷川・鳴海研究室、
のらもじ発見プロジェクト(以上、すべて第2回サテライト参加作家)

プレイベント第2弾
ワークショップ [見えない風景] 東京/深川編

日常を違う角度から見たり発見したりする試みのワークショップです。まち歩きをしながら、モニュメント化された土地固有の名所ではなく、日常風景に転がる、人々の営みのオブジェを見つけて、"言葉の地図"を描きます。一緒に、目の前の世界に自分の視点を見つけて交換して、日常を冒険してみませんか。

講師:下道基行
1978年 岡山県生まれ。名古屋在住。
写真家/美術家。フィールドワークやリサーチを行いながら、日常の風景の中に埋もれている人々の営みや記憶をテーマに、テキストや写真、オブジェを使って見えない「かたち」を顕在化させるプロジェクトを行っている。

日時:2017年9月2日(土)9:00-15:00(予定)
対象:中学生以上
場所:清澄白河界隈(最寄り駅:半蔵門線/大江戸線「清澄白河」駅)
参加費:無料
定員:15名(事前申し込み制)

当日は、皆様の様子などを含めた記録動画・静止画を撮影し、「MOTサテライト2017秋」にて作品として公開予定です。また、当館の広報・記録のために当館のHP等で公開する場合があります。あらかじめご了承の上、お申し込みください。
■当日は大半が屋外での活動ですので、熱中症など体調管理には十分ご注意の上ご参加ください。
■屋外での活動のため当日悪天候の場合には、翌日9月3日(日)に延期いたします。


【申込方法】
1. E-mailでの申し込み
タイトルを《9月2日「見えない風景」参加希望》とし、本文に 氏名[フリガナ]、電話番号とメールアドレス、年齢 をご記入の上、
mienaifukei@mot-art.jpまでお送りください。

2. FAXでの申し込み
9月2日「見えない風景」に参加希望の旨と、氏名[フリガナ]、電話番号とFAX番号、年齢 をご記入の上、
FAX03-5633-5870までお送りください。

*ご家族など複数名での参加希望は、必ず参加者全員の必要事項をご記入ください。
*応募者多数の場合は抽選とさせていただき、結果は応募者全員に8月25日までにE-mail、またはFAXでお知らせいたします。結果が届かなかった場合は、「リニューアル準備室」(03-5633-5860)までご連絡ください。
*当選した方へは当日の集合場所・持ち物をE-mailまたはFAXでご案内いたします。

【締め切り】
823(水) 18:00まで

※いただいた個人情報に関しては、公益財団法人東京都歴史文化財団のプライバシーポリシーに基づき、慎重に管理し、本事業のご案内、連絡等以外には使用しません。
※都合により内容が変更となる場合はございますのでご了承ください。

その他会期中のイベント・プログラムについては詳細が決まり次第お知らせします。

展覧会情報

会期

2017年10月7日(土)-11月12日(日)

メイン会場(MOTスペース)

・清澄白河エリアの各所
・東京藝術大学上野キャンパス
 アーツ・アンド・サイエンス・ラボ

開場日時:
2017年10月7日(土)から11月12日(日)までの木・金・土・日、祝の11:00~18:00
観覧料:無料

その他会場(MOTスポット)

清澄白河エリアの店舗・カフェ等
開場日時:各会場により異なります。
観覧料:無料

お問い合わせ

03-5777-8600(ハローダイヤル)
8:00-22:00 年中無休
または
03-5633-5860
(東京都現代美術館 リニューアル準備室代表)
平日9:30-18:00

このページの上部へ