MOTコレクション
第1部 私たちの90年 1923―2013
第2部 クロニクル 1966―|拡張する眼

東京都現代美術館の常設展示「MOTコレクション」では、約4,700点の収蔵品を核として、様々なテーマを設定し、戦後・現代美術の魅力を多角的に紹介しています。今期は、「私たちの90年 1923―2013」、「クロニクル 1966―|拡張する眼」により構成します。

第1部(展示室1階)では、前期に引き続き、1923年の関東大震災から現在にいたる90年のあいだに、作家たちがどのように時代状況と向き合い作品を創りあげてきたのか、その営みをご紹介します。

第2部(展示室3階)では、ある時代を手掛かりに、戦後の日本美術をめぐる問題を考えるシリーズ「クロニクル」を行います。今回はその4回目として、「見ること」を起点に、鑑賞の態度や芸術の概念への問い直しと拡張が起こった1960年代後半の美術状況に焦点をあてます。この時代、視覚を強く刺激するような蛍光色や光の明滅による作品、デザインやテクノロジーと結びついた作品、参加や体験によって成り立つ作品が次々と生まれます。それらは私たちの視線を集めるだけではなく、様々な行為を誘発し、私たちと作品との間に新たな回路を拓いていきました。現在の美術を取り巻く状況に連なるこうした様相について、新収蔵品を交えて再検証します。
特別展示として、塩保朋子の《BIRTH》を3階展示室の一室で公開します。当館のために制作された大型の切り絵作品から生起する光と影の世界にご期待ください。

出品作家

第一部

河原温、鹿子木孟郎、大宮昇、尾藤豊岡本信治郎草間彌生栗田宏一ロイ・リキテンスタインほか

第二部

篠原有司男小島信明横尾忠則靉嘔三木富雄山口勝弘吉村益信ほか

主催

東京都、東京都現代美術館

thumb002.jpg thumb003.jpg thumb004.jpg

thumb001.jpg thumb005.jpg

岡本信治郎《笑っちまったゴッホ》1966年/篠原有司男 不詳[花魁シリーズ] 1966年頃/横尾忠則《花嫁》 1966年/尾藤豊《帰路》 1953年/山口勝弘《Cの関係》 1965年 撮影:小椋安幸

担当学芸員によるツアー 「もっと!MOTコレクション」

会期中の毎月第2木曜日 15:30-

学芸員がMOTコレクションの舞台裏をご案内します。
※ご参加の際にはチケットをお買い求めの上、 常設展示室入口にお集まりください。

出品作品リストは下記よりダウンロードください。

出品作品リスト.pdf

展覧会情報

MOTコレクション一部展示替えのお知らせ

当館常設展示室一階において展示中のピピロッティ・リスト 《A Liberty Statue for Tökyö》 は、メンテナンスのため3月23日(日)で公開を終了し、25日(火)より、新たにアピチャッポン・ウィーラセタクンの映像作品 《エメラルド》 の公開を開始します。

会期

2014年2月15日(土)-5月11日(日)

休館日

月曜日(5/5は開館)、5/7

開館時間

10:00〜18:00(入場は17:30まで)

会場

東京都現代美術館 常設展示室 1階、3階

観覧料

一般500円(400円)/大学生400円(320円)/65歳以上・高校生250円(200円)/中学生以下無料
*企画展のチケットでご覧頂けます。
*( )内は20名以上の団体料金
*身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方と、その付き添いの方(2名まで)は無料です。
*毎月第3水曜日は65歳以上の方は年齢を証明できるものを提示していただくと無料になります。
同時開催展観覧料一覧

アクセス

東京メトロ半蔵門線・清澄白河駅B2番出口より徒歩9分
都営地下鉄大江戸線・清澄白河駅A3番出口より徒歩13分
アクセス詳細

美術館お問い合わせ

03-5245-4111(代表)
03-5777-8600(ハローダイヤル)

同時開催

「驚くべきリアル」 スペイン、ラテンアメリカの現代アート‐MUSACコレクション‐
「MOTアニュアル フラグメント―未完のはじまり」
*会期はいずれも2014年2月15日(土)―5月11日(日)

このページの上部へ