MOTサテライト 2018秋 うごきだす物語

「MOT サテライト」は、改修休館中に東京都現代美術館の活動を館外に拡張し、まちなかでアーティストの作品展示やプロジェクトを実施することで、「まち=地域」の魅力を再発見しようとする試みです。
 江戸時代からの下町情緒や水辺の風景などの魅力あふれるまちの特色に加えて、近年ではカフェやギャラリーも賑わいを見せるなど、新旧の文化が交わる清澄白河。1995年に開館以来、東京都現代美術館はこの地で活動を続け、国内外の現代美術を発信してきました。
 第3回となるMOTサテライト 2018秋は、「うごきだす物語」というテーマのもと、2019年3月下旬に迫った美術館のリニューアル・オープンへの気運を高め、地域や関係各所との連携をさらに深めていくことを目指します。さまざまな領域で活躍してきた作家や研究者たちが清澄白河周辺のまちや人々と関わり、対話が生まれ、多くの作品や関連プログラムが生まれました。作品やプロジェクトを通してまちの記憶が「物語」として動き始め、今まさに動き始めたまちの姿が生き生きと描き出されていきます。ぜひまちをめぐり、作品と触れ合いながら、本展をお楽しみください。
 主な展示は、工場跡地や地域拠点を活用した7ヶ所の「MOTスペース」でご覧いただけます。また、コーヒー・ロースタリーやカフェ、商店街などに点在する「MOTスポット」の小さな展示を、まち歩きを楽しみながらご周遊ください。地域のクリエイティブな拠点「地域パートナー」で行われる多彩な活動にもご注目ください。

MOTサテライト 展示エリア(マップ)

参加作家・プロジェクト

・ヂョン・ヨンドゥ < MOT スペースC >
・宮永 愛子 < MOT スペースF >
・鈴木 のぞみ < MOT スペースD・G / MOT スポットb・c・e >
・ひがし ちか < MOT スポットa,f >
・志村 博 < MOT スペースB >
・東京都現代美術館収蔵品展示(デニス・オッペンハイム) < MOT スペースE >
・東京大学 廣瀬・谷川・鳴海 研究室× DNP AR プロジェクト < MOT スペースA >
・東京藝術大学芸術情報センター清澄白河プロジェクト < MOT スペースA >
・錯視ブロックワークショップグループ < MOT スペースB >
・のらもじ発見プロジェクト < MOT スペース各所/ MOT スポットd >
・心臓ピクニック・日本的 Wellbeing プロジェクト (※トークイベント&ワークショップのみ)
・鉄割アルバトロスケット(※演劇公演のみ) 


本展のみどころ -まちの記憶が動き出し、物語を語り始めます-

アーティストと、まち・人々との交流から生まれる作品

ヂョン・ヨンドゥが清澄白河周辺地域の住民たちとの交流を通して描き出す新作の映像作品をはじめ、その場の時間の痕跡を可視化する宮永愛子や、事物に残る記憶や風景を日常的なものに定着させる鈴木のぞみが新作インスタレーションを発表します。

作品がまちの風景の一部に

建築物の一部となり、まちの風景の一部に溶け込んでいくひがしちかによる作品や、見慣れた風景にある種の違和感を投げかける志村博による作品が登場します。

収蔵作品のまちなかスペースでの展示

通常、美術館でご覧頂いている当館収蔵作品を、今回、まちなかのスペースで展示し、日常の生活空間の中での新たな鑑賞体験を生み出します。

参加体験展示でめぐる清澄白河

教育機関に所属するアーティストや研究者が、地域や清澄白河というまちを題材に、さまざまな視点から、テクノロジーを用いた体験型作品を含むプロジェクトを展開します。複数の大学と連携し、美術館のリニューアル・オープンを前に「地域とともに呼吸し展開する美術館」として、見過ごしていた風景に出会う機会を生み出すことを目的に、展示やワークショップを行います。

 
<主催>
東京都、東京都現代美術館・アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団) logo_ARTSC.jpg

<後援>
江東区、駐日韓国大使館 韓国文化院
<特別協力>
深川資料館通り商店街協同組合、東京藝術大学芸術情報センター、東京大学 廣瀬・谷川・鳴海研究室
<協賛>
大日本印刷株式会社
<協力>
デル株式会社、 錯視ブロックワークショップグループ、一般社団法人 江東区観光協会、 法政大学大学院 地域創造システム研究所、江東区文化観光ガイドの会、江東区立深川図書館 、 江東区深川江戸資料館、江東区立元加賀小学校、元加賀小学校和太鼓クラブ、旭写真店、白河二丁目町会、江東区芭蕉記念館、グランチェスター・ハウス、龍徳山 光厳教寺 雲光院、株式会社ささき、THE FLEMING HOUSE、アライズ コーヒーエンタングル、サッカール、ティーポンド ほか

第21 回 文化庁メディア芸術祭協賛事業


地域パートナー
リトルトーキョー、無人島プロダクション、Satoko Oe Contemporary、アルマス・ギャラリー、EARTH+GALLERY 、アンドーギャラリー、Babaghuri、WILD SILK MUSEUM、江東区深川江戸資料館、GLASS-LAB、リカシツ、江東区芭蕉記念館、どうぶつしょうぎcafe いっぷく、POTPURRI、gift_lab GARAGE、KANA KAWANISHI GALLE RY、LYURO GALLERY、TAP Gallery、小名木川物語製作委員会、水辺からアプローチするアートシーンズ、フカガワヒトトナリ、清澄白河ガイド(シラベル) ほか

logo_ZAIDAN.jpg



参加作家・プロジェクト

ヂョン・ヨンドゥ

1969 年韓国、晋州生まれ。虚実が交錯する独自のファンタジーを描く写真、映像作品で、人々が抱く夢やささやかな人生に光をあてる。「ヴェネツィア・ビエンナーレ韓国館」(2005 年)、「Memories of You - Artist of the Year 2007」(2007年、韓国国立現代美術館)、「地上の道のように」(2014年、水戸芸術館現代美術センター)他、国内外での展覧会多数。

宮永 愛子

1974 年京都府生まれ。日用品をナフタリンで象ったオブジェや、塩を使ったインスタレーションなど気配の痕跡を用いて時を視覚化する作品で注目を集める。「日産アートアワード」初代グランプリ受賞。主な個展に「なかそら―空中空―」国立国際美術館(2012)、「みちかけの透き間」大原美術館有隣荘(2017) など。

鈴木 のぞみ

1983 年埼玉県生まれ。東京造形大学で絵画を専攻し、卒業後に独学で写真表現を学ぶ。現在、東京藝術大学大学院博士後期課程在籍。近年の展覧会に2017 年「無垢と経験の写真 日本の新進作家vol.14」( 東京都写真美術館)、2016 年「NEW VISION SAITAMA 5 迫り出す身体」( 埼玉県立近代美術館) などがある。「現代美術の展望VOCA 展2016」にてVOCA 奨励賞を受賞。平成30 年度ポーラ美術振興財団在外研修員としてイギリスにて研修。

ひがし ちか

1981 年長崎県生まれ。服飾を学んだのち、デザイナーのアシスタントを経て、絵を描き始める。絵を描く土台を日傘に移し、日傘作りを独学で学び、日傘に1本ずつ絵を描いてゆく。2010 年より1点ものの日傘屋コシラエルを立ち上げる。

志村 博

1949 年生まれ。東京深川で育ち、東京教育大学(芸術学科・構成専攻)卒業後、同大学院にて修士課程(芸術学修士)を修了。1975 年に渡英、ケンブリッジ州立アート・カレッジにてデザイン・印刷・製本などを学ぶ。日本と英国を往来しながら、シルクスクリーン版画、写真、映像作品による個展を多数開催する。1990 年代以降もテレビ放送番組制作やプラネタリウムへの映像提供、ケンブリッジ大学創立800 周年記念書籍などへの写真提供など、日英を中心に創作活動を続けている。主な個展に「遙かなるグランチェスター・メドー」( 渋谷区立松濤美術館、2010 年)。2011 年に清澄白河にアートスペース「グランチェスター・ハウス」を開設。

デニス・オッペンハイム(Dennis Oppenheim) - 東京都現代美術館収蔵品展示-

1938 年生まれ - 2011 年没、アメリカ、ワシントン州出身。1960 年代後半に、ミニマリズムを批判的に継承する運動としてランド・アート、ボディー・アートを生み出し、以後、近代美術が排除してきた要素を作品に取り込みながら、コンセプチュアル・アートの黎明期を切り開いた。

東京大学 廣瀬・谷川・鳴海 研究室× DNP AR プロジェクト

「東京大学 廣瀬・谷川・鳴海研究室」(※)と大日本印刷株式会社による、美術館での鑑賞行動支援に関する研究プロジェクト。今回のMOT サテライトでは、「東京大学 廣瀬・谷川・鳴海研究室」と、大日本印刷株式会社(DNP) が地域をテーマとした展示を題材に、共同研究の成果を紹介する。
※ 廣瀬通孝 教授、谷川智洋 特任准教授、鳴海拓志 講師から成る東京大学大学院情報理工学系研究室として、バーチャルリアリティ技術を端緒としたインタフェース技術について多様な研究を国際的に展開する。

東京藝術大学芸術情報センター 清澄白河プロジェクト

東京藝術大学上野キャンパスにある東京藝術大学芸術情報センターは、学内共同利用施設として、上野・取手・横浜・千住・奈良キャンパス(美術/音楽/映像)全体を対象に、情報メディアやファブリケーション機材を用いた講義・ワークショップや、情報技術を用いた情報発信サポート等を行っている。本展では、昨年度のMOT サテライトに続き、専攻の枠を超えた多様な学生や教員らが、地域連携の展示やワークショップを行う。

錯視ブロックワークショップグループ

多分野の研究者やデザイナーが参加して、錯視ブロックを使ったワークショップを開発しているグループ(※)。錯視ブロックとは、その表面の模様の組み合わせ方で多様な「錯視」を生じさせ、紙の上に書いただまし絵のような印象を与える、不思議な立体を作れるブロックである。見る角度が変わると、眼に映る模様の組み合わせの変化とともに、錯視の生じ方が変化する。
※ 大谷智子(東京藝術大学芸術情報センター 助教)と丸谷和史(NTT コミュニケーション科学基礎研究所)らが中心となって、錯覚世界を楽しむための研究活動を展開している。

のらもじ発見プロジェクト

下浜臨太郎、西村斉輝、若岡伸也らによる、古いまちなみや看板に残る個性的で味のある素敵な文字たちを「のらもじ」と名づけ、発見 → 分析 → フォント化し、その魅力を再発見するプロジェクト。データとしてきれいに整えられたフォントにはない、手書き文字の不思議な愛らしさや人間味、風雨にさらされ素材と馴染んだ民藝的な魅力をたたえる「のらもじ」による展示やワークショップを行う。

心臓ピクニック・日本的Wellbeing プロジェクト

国際的に活動する研究者・アーティストを含む多彩なメンバーによるトークとワークショップを行うプロジェクト。「日本的Wellbeing プロジェクト」(※)とは個の主観的幸福に着目したWellbeing(ウェルビーイング=心身のよりよい状態)を考える試み。その1つとして行われる「心臓ピクニック」は、手のひらで振動する装置を用いて心臓の動き・鼓動に触れ、自分や他者の「生命」を理解・実感するワークショップである。

<心臓ピクニック>
渡邊 淳司(NTTコミュニケーション科学基礎研究所)、川口 ゆい(ダンサー、コレオグラファー)、
坂倉 杏介(東京都市大学)、安藤 英由樹(大阪大学)
<日本的Wellbeing プロジェクト>
安藤 英由樹(大阪大学)、坂倉 杏介(東京都市大学)、渡邊 淳司(NTTコミュニケー ション科学基礎研究所)、ドミニク・チェン(早稲田大学)、青山 一真(東京大学) ほか

※ 本プロジェクトは、戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発)「人と情報のエコシステム」の研究開発領域「日本的 Wellbeingを促進する情報技術のためのガイドラインの策定と普及」のアウトリーチ活動の一環である。

鉄割アルバトロスケット

1997年、東京は根津の宮永会館で結成された、寸劇、音楽、踊りなどを織り込んだ演目を、ダム崩壊のごとくダダダダっと行うパフォーマンス集団。老若男女に熱狂的な人気を博し、その舞台は寄席や見世物小屋のような風情を漂わせ、観客をナンセンスと混乱の坩堝へと引き込んでいく。

【演劇公演】鉄割アルバトロスケット

"寄り合いのおっさんが集まって、なにをしようか悩んだ挙句、わけがわからなくなって、まぬけで激しい宴会芸になってしまった" というような雰囲気を醸し出す、本展に向けての新作演目も加えての公演。清澄白河のまちやMOT サテライトとどう絡むのか、絡まないのか!? 乞うご期待。

日程:11月3日(土・祝)、4日(日)各日とも2回公演
会場:THE FLEMING HOUSE [江東区三好2-6-10]
※事前申し込み制。10月1日より受付開始予定。

■開場・開催時間や参加方法等の詳細など追加情報は随時、当ページにてお知らせします。

【トークイベント&ワークショップ】心臓ピクニック@清澄白河

心の豊かさのために芸術やテクノロジーにできることは何か、多角的な視点からWellbeing について考えるトークと、まちの人々/ まちを訪れた人々が、地域のお寺を会場に、自分/ 他者の心臓の鼓動に触れて「生命」を実感する「心臓ピクニック」ワークショップを開催します。

日程:11月17日(土)
会場:龍徳山 光厳教寺 雲光院[江東区三好2-17-14]
定員:トーク50 名   体験ワークショップ25 名・予定 (見学可)

■開場・開催時間や参加方法等の詳細など追加情報は随時、当ページにてお知らせします。

【関連プログラム情報】

10月21日(日)トーク:志村博 
         会場:江東区立深川図書館[江東区清澄3-3-39]   
10月26日(金)上映&トーク:ヂョン・ヨンドゥ、分部登志弘(深川資料館通り商店街協同組合理事長)
         会場:江東区深川江戸資料館 [江東区白河1-3-28]
10月27日(土)のらもじワークショップ@清澄白河 
         会場:江東区立深川図書館 [江東区清澄3-3-39]
10月27日(土)MOT美術館講座 
10月28日(日)トーク:鈴木のぞみ
         会場:白河二丁目町会会館[江東区白河2-3-8]
11月3日(土・祝)サッカク・ブロック・ワークショップ
         会場:江東区立深川図書館 [江東区清澄3-3-39]
         定員:10 組(予定) 
11月4日(日)ARまちあるきツアー@清澄白河 東京大学 廣瀬・谷川・鳴海 研究室×江東区観光協会
         ※事前申し込み制。10月1日より受付開始予定
11月10日(土)トーク :ひがしちか、戌井昭人(鉄割アルバトロスケット主宰)
         会場:THE FLEMING HOUSE [江東区三好2-6-10]  
11月11日(日)ワークショップ:鈴木のぞみ
         会場:白河二丁目町会会館 [江東区白河2-3-8]
11月17日(土)トーク:宮永愛子
         会場:THE FLEMING HOUSE [江東区三好2-6-10] 

■その他、MOTサテライトクロスジャンル・トークも開催を予定しています。
■開場・開催時間や参加方法等の詳細など追加情報は随時、当ページにてお知らせします。


トーク&まち歩きクルーズ「ガイドとめぐるMOT サテライト」
当館のガイドスタッフが参加者(1~5名程度)と一緒に清澄白河のまちを歩きながら、作品の見どころやまちの魅力をご案内するツアー。 
開催日:10 月27 日(土)以降の土、日(全8回)
ツアー開始時間:14:30 ~ / 15:30 ~  *予約不要、先着順でツアーが出発します。
所要時間:45 分~1時間程度 
集合場所:案内所(MOTスペースA)[深川資料館通り商店街協同組合事務所1F :江東区三好3-8-5]

展覧会情報

会期

2018年10月20日(土)-11月18日(日)

開場日時

金・土・日、祝 の11:00 -18:00

会場

清澄白河エリアの各所

観覧料

無料  ※関連プログラムもすべて参加無料

アクセス

清澄白河エリアの各所
東京メトロ半蔵門線・都営地下鉄大江戸線
「清澄白河」駅 B2出口または A3出口

**専用の駐輪場・駐車場はございません。
ご来場の際は公共の交通機関でお越しください**

MOTサテライト 展示エリア(マップ)

メイン会場 【MOTスペースA~G】

A)深川資料館通り商店街協同組合事務所 1F(江東区三好3-8-5)
B)グランチェスター・ハウス(江東区三好3-8-5)
C)白河の倉庫(江東区白河2-5-9)
D)大島倉庫(江東区白河2-4-2)
E)旧酒房越路(江東区白河2-4-2)
F)三好の旧製本所(江東区三好2-15-3)
G)白河二丁目町会会館(江東区白河2-3-8)

※MOTスペースAは展示やイベント等についてご案内する案内所にもなっています。

清澄白河エリアの店舗・カフェ等 

【MOTスポットa~f】

a)ささきビル(外壁)
b)旭写真店
c)アライズ コーヒーエンタングル
d)江東区立深川図書館
e)サッカール 
f ) 善徳寺(外壁)
※MOTスポットの開場日時は各スポットの営業日や営業時間に準じます。

お問い合わせ

03-5777-8600(ハローダイヤル)
8:00-22:00 年中無休
または
03-5633-5860
(東京都現代美術館 リニューアル準備室代表)
平日9:30-18:00

このページの上部へ