展覧会概要

森村泰昌は、美術史の中の名画の登場人物に自ら扮装、コンピュータで自らの顔や身体を名画の中に合成する作品や、一連の女優シリーズでよく知られています。それらは性差や国家のボーダレス化が著しい現代における自画像表現として、また写真表現を手段に取り込んだ作品として、1980年代後半以降の日本の現代美術を語る上で欠かせない存在となり、また国際的にも高い評価を集めてきました。国内ではすでに原美術館(「レンブラントの部屋」1994年)、横浜美術館(女優シリーズ、1996年)で個展が開催されています。

今回は森村初の本格的な回顧展として、彼の10年をこえる活動をその「美術史シリーズ」にしぼり、東京都現代美術館の広大な空間に展開します。この展覧会では、1985年に制作され一躍注目を集めた「肖像(ゴッホ)」から最新作まで80点をこえる作品を一堂に会して森村の活動をたどると同時に、各作品が準拠したルネサンスから1990年代に至る美術の流れを二重に提示することを目指します。

展覧会タイトル「空想美術館」は、フランスのアンドレ・マルローが提唱した古今東西の名作による「空想美術館(ミュゼ・イマジネール)」に、「美術を着る」「装う」という森村のコンセプトを反映させたものです。会場では森村が愛する名画と一体化した作品を見た後に、観客が自ら名画の主人公を実際に体験できる、「モリムラ版プリクラマシーン」も登場します。また作品だけでなく、制作の際に用いられたマケットや小道具も展示されます。
作家の制作のプロセスを追体験しながら、森村泰昌の世界、そして美術の歴史への理解を深める機会となることを願っております。


展覧会情報

展覧会名
森村泰昌展 [空想美術館] 絵画になった私
会期
 
1998年4月25日(土)~6月7日(日)
休館日 
毎週月曜日(ただし5月4日は開館、5月6日休館)
開館時間 
10:00~18:00 毎週金曜日は21:00まで(入場は20:30まで)
観覧料 
一般700円、児童・生徒350円
主催 
東京都現代美術館/ 朝日新聞社
協賛 
大日本印刷/ 資生堂
協力 
亜土電子工業/ 松下電器/ 大日本トータルプロセス市谷/ ウーファー・アート・ドキュメンタリー


このページの上部へ