展覧会概要

東京都現代美術館では、これまで国内外の多数の作家の個展を開催してきました。今回は、若い世代の作家のなかから、サブカルチャーとコンテンポラリー・アートのはざまで、常に新しい領域を大胆に切り開いてきたアーティスト、世界が注目するコンテンポラリー・アートのスーパースター、村上隆の個展を開催いたします。

東京芸術大学で日本画を学んでいた村上隆(1962生)は、伝統的な絵画表現を離れて、コンテンポラリー・アートの世界に飛び込みました。そして、様々な試行錯誤の後、オリジナル・キャラクターDOB君を中心に、アニメやマンガなどのサブカルチャーと、それを取り巻くオタク文化を大胆に取り入れた独自のスタイルを作り上げます。アニメのセル画やフィギュアの表現技法を取り入れた彼の絵画や彫刻は、日本文化の今日を反映した新しいポップ・アートとして内外で高い評価を得ています。
また、若手アーティスト集団「ヒロポン・ファクトリー」を主催して新しい才能の発掘につとめ、斬新な日本美術・文化論「スーパーフラット」を発表するなど、未来を見据えた多彩な活動も注目を集めています。

今回の展覧会は、村上のポップ・アートを美術館の大空間に展開し、その歩みとともに紹介する、最大規模の個展です。様々なイベントも計画されており、アートの未来を予感させるニュータイプのエンターテイメントとなるでしょう。


展覧会情報

展覧会名
村上隆展 召喚するかドアを開けるか回復するか全滅するか
会 期
2001年8月25日(土)〜2001年11月4日(日)
休館日
月曜日(ただし、9月24日、10月1日、8日は開館、9月25日、10月9日は閉館)
開館時間
10:00〜18:00(金・土曜日夜間開館~21:00)(入場は閉館の30分前まで)
観覧料
一般800円、学生500円、高校生300円、小中学生100円
主 催
東京都現代美術館/ 東京都教育委員会
特別協力
キャノン株式会社
協 力
KAIYODO/ SHARP/ 日本航空/ 丸沼芸術の森
助 成
財団法人朝日新聞文化財団
企画協力
(有)カイカイキキ


このページの上部へ