展覧会情報

人間の直感、情熱、技術を極めることによって、フェラーリとマセラティはまさに普遍的な憧れのオブジェクトとなりました。その個性的なデザイン、スピードと躍動感は世界中の人々を魅了せずにはおきません。スピードとダイナミズムを内包するデザイン、ハイテクノロジー、情熱豊かな人間の発想と究極の手仕事の類まれなる融合はまさに芸術といえるものでしょう。
 本展覧会は自動車ショーとは一線を画し、イタリアの創造性を代表するフェラーリとマセラティをアートの視点から紹介しょうとするものです。展示の根幹をなすのは、もちろん、F1レース優勝車、GTカーとして歴史に名を残す車や世界に唯一の特別なモデルなど約20台の完成されたアートとしての名車の数々ですが、ほかにピニンファリーナ、ジウジアーロといったデザイナーのオリジナルドローイング、図面、木型や現代彫刻を彷彿させるエンジン、ボディパーツ、映像資料なども創造の過程を示す魅力的なアイテムとして展示されます。
 また、F1の最新テクノロジーが導入された時期最新モデルのフェラーリFXを実物大スケールで展示するとともに、2002年オーストラリアグランプリで優勝を飾ったF1マシンも展示される予定です。
 本展覧会は、フェラーリ社、フィアット社をはじめとする関連機関の全面的な協力のもと、日本におけるイタリア2001-2002年のフィナーレを飾る展覧会として特別に企画された世界でも初の試みであり、それを日本で開催することはまさに画期的なことと言えましょう。

展覧会情報

展覧会名
ARTEDINAMICA疾走するアート:フェラーリ&マセラティ
会 期

2002年4月27日(土)〜2002年7月14日(日)
休館日
月曜日(4月29日、5月6日は開館、5月7日は閉館)4月27日(土)~5月6日(月)の連休中は毎日開催いたします。
観覧料
大人1,300円、学生1,000円、小中高650円
65歳以上は無料
主 催
フェラーリ&マセラティ展実行委員会(東京都現代美術館/ 日本経済新聞社/ アイ・アンド・エフ)
特別協力
Ferrari spa
後 援
日本におけるイタリア2001‐2002年財団/ イタリア大使館
特別後援
JR東日本
特別協賛
J-フォン株式会社
協 力
コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド




このページの上部へ