展覧会概要

アメリカ抽象表現主義の画家サム・フランシス(1923~1994)は、20世紀後半の美術を代表する巨匠の一人です。カリフォルニアに生まれたサム・フランシスは、大学で植物学、心理学、医学を学びましたが、兵役中の事故で数年の入院生活を送り、療養中に21才で絵を描きはじめました。ほどなくして抽象表現に進んだサム・フランシスは、やがてパリに渡り新進画家として鮮烈なデビューを飾ります。その後はカリフォルニアに拠点を置きながら、パリ、ニューヨーク、東京のスタジオを行き来し、華麗な色彩がほとばしる独特の作品を創作し続けました。

サム・フランシスの作品には、水墨画を思わせるハネや滲み、大画面に大胆に残される余白の効果など、日本や東洋の美術に通ずるものがあるといわれています。1957年に初来日し、ヨーロッパのアンフォルメル運動を旋風のようにもたらしたサム・フランシスは、その後も日本の詩人や作家、評論家など文化人たちと交流を深めるとともに、日本で多くの作品を制作・発表するなど、日本にゆかりの深い作家としても知られています。本展はサム・フランシス作品の世界的コレクションを所有する出光美術館より初期から晩年までの作品を選りすぐり、その芸術世界を紹介します。幅8メートルに及ぶ大型作品をはじめ、これまで展示される機会のなかった初公開作品、さらに東京会場のみに展示される特別出品作品を含む約70点によって、サム・フランシスの50年にわたる絵画制作の全貌を展観する回顧展です。


展覧会情報

展覧会名
出光コレクションによる サム・フランシス展
会 期

2003年4月5日(土)-2003年5月25日(日)
休館日
月曜日(ただし4月28日、5月5日は開館、5月6日(火)は閉館)
開館時間
10:00-18:00(入場は閉館の30分前まで)
観覧料
一般1,200円、学生960円、中高生・65才以上600円
主 催
東京都歴史文化財団/ 東京都現代美術館/ 読売新聞社
出品協力
出光美術館


このページの上部へ