展覧会概要

「MOTアニュアル」は東京都現代美術館が1999年に開始したシリーズ企画で、日本の新しい美術の成果を毎年グループ展のかたちで紹介するものです。5回目となる2004年は、「私はどこから来たのか/そしてどこへ行くのか」と題して、最近の動向の一面を切り取ります。

情報技術の進歩で様々な地域で起きている事柄を瞬時に知ることは容易になりましたが、一方で今日のように日々の変化の激しい状況にあっては、現在を時間的なスパンの中で位置づけることは極めて難しいものとなっています。
本展では思考停止をやめ、過去や未来を視野に入れて現在を捉えていく強靱な思考をアーティストの創造力と考え、創作活動を展開する作家を紹介します。
そこでは、不安定な現代社会に生きる色々な世代のひとびとのアイデンティティの問題が主題のひとつとして浮かび上がるでしょう。また、時間表現を内包する作品をとおして、本展が多様なメディウムの特性とその可能性を再考する場ともなることを願っております。


展覧会情報

展覧会名
MOTアニュアル2004 私はどこから来たのか/そしてどこへ行くのか
会 期

2004年1月17日(土)-2004年3月21日(日)
休館日
月曜日
開館時間
10:00-18:00(入場は閉館の30分前まで)
観覧料
一般900円/学生720円/中高生・65歳以上360円
主 催
財団法人東京都歴史文化財団/ 東京都現代美術館
助 成
財団法人朝日新聞文化財団/ アサヒビール芸術文化財団
協 賛
SHISEIDO/ FUJI FILM


アーティスト

磯山智之
内海聖史
奥井ゆみ子
北島敬三
小瀬村真美
中ザワヒデキ
三浦淳子
山口晃


このページの上部へ