展覧会概要

アニメーションの原点=「漫画映画」の魅力を全部見せます。
草創期から現代までの名作を一堂に集めた大展覧会

今、世界に注目されている日本のアニメーション。その草創期には「漫画映画」と呼ばれ、魅力的なキャラクターたちが活躍し、私たちにたくさんの夢を与えてくれました。
この展覧会では、日本のアニメーションが生まれた大正時代から現代までの歩みを「漫画映画」という観点で見直し、その名作・傑作約200本を、貴重な資料の展示や作品上映を通じて、ご覧頂きます。
映画館でドキドキワクワクしたあの作品も、幻の傑作も、まだ見ぬ名作もここにあります。時代を越えて発展し続ける「漫画映画」、その魅力を体感してください。


展覧会情報

展覧会名
日本漫画映画の全貌
会 期

2004年7月15日(木)-2004年8月31日(火)
休館日
月曜日(ただし7月19日は開館、7月20日は休館)
開館時間
10:00-18:00(入場は閉館の30分前まで)
観覧料
大人・大学生1,000円 中高生800円 小学生500円
主 催
財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館/ 日本テレビ
企 画
アニドウ
製作協力
スタジオジブリ
監 修
大塚康生
構 成
なみきたかし
特別協賛
EPSON
協 力
東映/ 東映アニメーション/ トムス・エンタテインメント


このページの上部へ