展覧会概要

ディズニー史上最大のアニメーション・アート展。
日本での大発見が生んだ、"Missing Treasures(幻の宝物)"とのめぐり逢い。

それは、突然のニュースでした。
2005年冬、「千葉大学で初期ディズニー・アニメーションのオリジナル画が大量に発見された」という発表があったのです。「眠れる森の美女」をはじめとするディズニー映画の制作過程で実際に使われた背景画やコンセプト・アートなどおよそ250点が、45年もの長い眠りから"目を覚ました"瞬間でした。これらの作品は、1959年に米ウォルト・ディズニー社が全米で公開し、翌1960年には日本に巡回して大きな話題となった「動画芸術 ウォルト・ディズニー展」に出品された貴重なものでした。
本展では、この密かに眠っていた"Missing Treasures(幻の宝物)"のうち、丹念な修復が施された200点もの作品を間近に見ることができます。さらには、米ウォルト・ディズニー社の協力により、アニメーション関連作品資料の収蔵期間ディズニー・アニメーション・リサーチライブラリーのコレクション約350点を同時に公開します。これら門外不出の秘蔵コレクションのほとんどは、国外には出たことがない非常に貴重なものです。こうして実現した日米コレクションのドラマティックなめぐり逢いによる本展は、ディズニー史上最大のアニメーション美術展です。
また、本展の展示作品の選定はディズニー社の依頼を受け「スタジオジブリ」スタッフの協力により行なわれました。今から半世紀近くも前に日本を巡回した展覧会は、高畑勲監督や宮崎駿監督をはじめ、アニメーションを志す当時の若者たちに大きな影響を与えたといわれています。アニメーションが国境や世代を超えて世界中の人々に愛されている今、本展はその原点となったウォルト・ディズニー自身とアーティストたちの「情熱」を体感することのできる絶好の機会です。ウォルト・ディズニーが日本に届けつづけた「夢」と「情熱」。それは、時を越えて、今を生きるわたしたちの心にも新しい「発見」と「幸せ」を届けてくれることでしょう。


展覧会情報

展覧会名
ディズニー・アート展
会 期

2006年7月15日(土)-2006年9月24日(日)
休館日
月曜日(ただし、7月17日、8月14日、9月18日は開館、7月18日、9月19日は休館)
開館時間
10:00-18:00(入場は閉館の30分前まで)
会場
東京都現代美術館 企画展示室 1F、3F
観覧料
大人・大学生 1,000円 中高生 800円 小学生・65歳以上 500円
※小学生未満無料
※企画展のチケットでMOTコレクションもご覧頂けます
主 催
ウォルト・ディズニー・ジャパン/ 財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館/ 日本テレビ放送網
特別協力
千葉大学/ ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニー/ ウォルト・ディズニー・フィーチャー・アニメーション/ ウォルト・ディズニー・イマジニアリング/ ウォルト・ディズニー・アーカイブス
企画・製作協力
スタジオジブリ/ ウォルト・ディズニー・アニメーション・リサーチライブラリー
後 援
読売新聞東京本社
協力
J-WAVE 81.3FM
特別協賛
EPSON


このページの上部へ