展覧会概要

大正末年にはじまる東京府美術館から東京都美術館への歴史、それが江東区木場に1995年に開館した東京都現代美術館の原点となります。開館10周年をむかえる今年、木場の地でこの道程を振り返ります。
 1926(大正15)年5月1日、上野公園に岡田信一郎設計の東京府美術館が開館します。これは恒常的な美術展覧会場として日本で初めて建設されたもので、北九州出身の実業家佐藤慶太郎による100万円の寄付で実現したものでした。そして1975年に新館(現・東京都美術館)が開館するまでのおよそ50年間、多くの展覧会が開催された場所として親しまれてきました。
 この展覧会では、第1部として東京府美術館ゆかりの資料や東京都現代美術館が引き継いだ戦前からの収蔵作品などを紹介します。そして第2部は、4つの展覧会―1926年「第一回聖徳太子奉讃美術展覧会」、1940年「紀元二千六百年奉祝美術展覧会」、戦後の「日本案でパンダン展(読売アンデパンダン)」(1949-63年)、1970年「第10回日本国際美術展(東京ビエンナーレ)」人間と物質」を再現します。東京都現代美術館の会場に展示するおよそ200点の日本画、油彩画、彫刻、工芸、写真などの作品や資料によって、かつての「上野の美術館」の歴史をたどります。


展覧会情報

展覧会名
東京府美術館の時代 1926〜1970
会 期

2005年9月23日(金・祝)-2005年12月4日(日)
休館日
月曜日(ただし10月10日は開館、10月11日は休館)
開館時間
10:00-18:00(入場は閉館の30分前まで)
会場
企画展示室 1F、3F
観覧料
一般1000円 学生800円 中高生・65歳以上500円 小学生以下無料
※企画展のチケットでMOTコレクションもご覧頂けます。
主 催
財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館
助 成
財団法人 地域創造


このページの上部へ