展覧会概要

 かつてないものを創り続けるという川久保玲(コム・デ・ギャルソン)の「冒険する精神」は、それを着る人に知的な刺激や充足感を与えてくれます。それは、現代における「ラグジュアリー」の一つの形といえるでしょう。
「ラグジュアリー:ファッションの欲望」展の特別展示は、京都服飾文化研究財団(KCI)のコレクションより選んだコム・デ・ギャルソンのアヴァンギャルドなスピリッツに満ちた服約30点を、建築家、妹島和世デザインによる空間に展示します。
 ルーブル・ランス(フランス)や金沢21世紀美術館など、場所や利用者との関係性を新鮮な目でよみこんだ建築プログラムとミニマルで透明な質感と形により、革新的なスタイルを確立したクリエイター、妹島和世。妹島の新解釈による空間の中で、コム・デ・ギャルソンの革新性はより輝きを増します。透明で多様なボリュームの空間が重なり合っためくるめく遠近感のイリュージョンの交錯、観客の身体と服の関係を変容させる空間が出現します。

「ラグジュアリー:ファッションの欲望」展全体の概要についてはこちら

--東京文化発信プロジェクトとは--

東京文化発信プロジェクトは、東京ならではの芸術文化の創造・発信と、芸術文化を通じた子供たちの育成を目的として、東京都と東京都歴史文化財団が芸術文化団体、アートNPO等と協力して実施しているプロジェクトです。
演劇、音楽、伝統芸能、美術など様々な分野のイベント、まちなかで市民とアーティストが協働するアートプログラム、子供向けの体験型プログラムなどの事業を展開しています。
東京文化発信プロジェクトに参加し、東京の文化を体験・創造してみませんか。


展覧会情報

会 期
2009年10月31日(土)〜2010年1月17日(日)
休館日
月曜日(ただし11/23、1/11は開館・翌日休館)12/28~1/1
開館時間
10:00〜18:00(入場は閉館の30分前まで)
会場
企画展示室アトリウム
観覧料
無 料
主 催
東京都 / 東京都現代美術館・東京文化発信プロジェクト室(財団法人東京都歴史文化財団) /
公益財団法人 京都服飾文化研究財団


関連イベント

「contact Gonzoによるパフォーマンス」
リアルな身体性を追求し、体をぶつけ合う即興的パフォーマンスを行います。
日時:2009年11月23日(月・祝)15:00~(30分程度)
場所:エントランスホール
参加費:無料  


このページの上部へ