普及プログラム「ワークショップ」

ワークショップ_r2_c2.gif

現代美術作家と一緒に作品制作やそのプロセスを体験

現代美術作家と共同制作することにより、参加者が現代美術の創作プロセスを体験し、現代美術に対する理解を深めてもらうプログラムです。

プログラムのご案内

東京都現代美術館ワークショップ2016
「Let's 顔拓―(真の)セルフポートレートとは何か?」
募集は締め切りました

昔から美術の主要なテーマとなってきた「顔」。
美術の歴史は、顔の歴史といっても過言ではないほど、
美術館は顔であふれています。
中でもセルフポートレートは、これまで多くのアーティストが取り組んできたテーマであり、
本人の「らしさ」が思いがけない形で現れる表現形態です。
今回は、イメージの歴史を題材にしつつ物語的想像力を生かした作品をつくる美術家の村上華子を講師に、
「(真の)セルフポートレートとは何か?」をテーマにワークショップを行います。
前半は、絵画と写真を貫く「うつす」というテーマについてのレクチャー、
後半は自身の顔の油を使って「顔拓(KAOTAKU)」に挑戦します!
そして、その「顔拓」を用いて、美術館の顔ともいえる建物そのものを背景にポートレート撮影を行います。
みなさまのご応募お待ちしております!

企画・講師:村上華子(美術家)
実施日時:2016年5月14日(土) 10:30~16:00
対象:高校生以上~一般
定員:15名(応募者多数の場合抽選)
参加費:3,000円
場所:東京都現代美術館
申し込み方法:往復はがき(1枚につき1名)に参加動機、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号を明記の上、〒135-0022 東京都江東区三好4-1-1 東京都現代美術館「顔拓ワークショップ」係までお申し込みください。
応募締め切り:2016年5月6 日(金)必着


講師プロフィール
村上華子(美術家)
東京大学文学部を経て、東京藝術大学映像研究科修士課程終了。ベルギー政府奨学生として渡欧、ポーラ美術振興財団在外研修(パリ)を経て、現在フランスにて制作活動を行っている。主なグループ展に2015年「パノラマ17」ル・フレノワ:フランス国立現代アートスタジオ、2011年「日常の実践」国際芸術センター青森、2010年「トーキョーストーリー」トーキョーワンダーサイト青山(東京)などがある。4月9日~5月7日までタカ・イシイギャラリーにて個展。

主催:東京都現代美術館
お問い合わせ:〒135-0022 東京都江東区三好4-1-1 東京都現代美術館 
TEL03-5245-4111(代表)http://www.mot-art-museum.jp/edu/

HP用表jpeg (283x400).jpg HP用裏jpeg (285x400).jpg

ワークショップ活動報告

「発見の術」プロジェクト 記録展

workshop2014project_exhibition.jpg
2014年6月から11月までの半年間実施しました、
東京都現代美術館 ワークショップ 2014
「発見の術」プロジェクト
日・伊の『往復書簡』 -新しい世界の出会いと、知恵を身につけるために!
の記録展示がミュージアムショップ横のホワイエで開催中です。

この記録展は、遠くイタリアに暮らす美術家・廣瀬智央と参加者が
半年間にわたり"文通"と"交換" -手紙や写真を撮るなどの行為- を行い、
日本とイタリアというお互いの生活の違いや共通点を探りながら、
普段見慣れた日常にいかに豊かな世界が潜んでいるか、
そんな出来事に出合うための新しい視点と豊かに生きる術を
身につける事に挑んだワークショップの記録です。

半年間交わされた実際の手紙や品々、ワークショップとホームワークの課題で
撮りためた参加者皆さんの記録写真を中心に展示構成されています。

皆様、ぜひご覧ください。

■会期:2015年1月24日(土)- 3月22日 (日)
■主催:東京都現代美術館
■会場:東京都現代美術館 ミュ−ジアムショップ横 ホワイエ
■企画:廣瀬智央(美術家)、企画担当学芸員 郷泰典
■開館時間 10:00~18:00  月曜日休館 入場無料
■発見の術プロジェクト関連サイト:http://topica-rediscover.tumblr.com

撮影:後藤武浩

日・伊の『往復書簡』関連HPのお知らせ

workshop2014project_hp.jpg

Photo: Satoshi Hirose. © 2014 Satoshi Hirose All Rights Reserved.

6月からはじまりました、ワークショップ2014「発見の術」プロジェクト
「日・伊の『往復書簡』-新しい世界の出会いと、知恵を身につけるために!」
の関連ホームページができました。
下記がアドレスになります。

http://topica-rediscover.tumblr.com/

よりくわしいプロジェクトの内容が紹介されています。

みなさまぜひお立ち寄りください!

このページの上部へ