MOTサテライト関連プログラム remo読み歩きクルーズ「あの日の"あとを追う"―記録すること、残すことー

remo3 (300x225).jpg
3月11日(土)、MOTサテライト関連プログラムとして、remo読み歩きクルーズ
「あの日の"あとを追う"-記録すること、残すこと」を実施しました。
remo(NPO法人記録と表現とメディアのための組織)は、MOTサテライト参加作家の一人。

今回のクルーズは、remoに所属する松本篤氏が本展のために制作した清澄白河界隈に
ゆかりのある二人のインタビューから構成される記録冊子『あとを追う』に登場する
いくつかの場所を実際に訪れ、記録を残すことや、経験を共有しないことの意義を
考える企画です。

参加人数は当初定員10名程度の予定でしたが、最終的には18名が参加。
ナビゲーターは、remoの松本氏。
そして冊子『あとを追う』に登場するお二人にもゲストとしてご参加いただき、
それぞれのゆかりの場所で直接お話を伺いました。

クルーズの様子はこちら

日時:2017年3月11日(土)13:30~16:30
場所:MOTスペース6(旧印刷所)(「飯山由貴+remo」)展示会場)
対象:一般(当日参加)
参加者数:18人
参加費:無料
企画・進行:松本篤(remo〔NPO法人記録と表現メディアのための組織〕)

開催年度を選択

このページの上部へ