春のワークショップ2016 カラダ・フィルター!!スイッチON! 「カラダを通してみる美術」

ws20160206_01.jpg
春のワークショップ2016では、「カラダを通してみる美術」と題し、美術を新たな視点で
とらえ、作品鑑賞のきっかけを広げることを目的としたワークショップを実施しました。
企画・指導は、身体を使った芸術鑑賞を提案するワークショップを行っている
美術家の高橋唐子さん。
ワークショップは、小学3~6年生を対象としたこども編と中学生以上を対象としたおとな編とで
実施日を分けて開催しました。

ワークショップの様子はこちら⇒ (教育普及ブログ)

春のワークショップ2016 カラダ・フィルター!!スイッチON! 「カラダを通してみる美術」
企画・指導:高橋唐子(美術家)
場所:講堂、常設展示室
参加費:1,500円
実施日時:2016年2月6日(土)10:30~16:00
こども編(小学3~6年生) 参加者数:10人
成果発表会 15:40~15:50(観覧者数:20人)
実施日時:2016年2月7日(日)10:30~16:00
おとな編(中学生以上~一般)参加者数:19
成果発表会 15:40~15:50(観覧者数:15人)
企画担当:鳥居 茜(教育普及係)
記録撮影:川瀬一絵

開催年度を選択

このページの上部へ