探検クルーズ-美術館のヒ・ミ・ツ

cruise20150621_01.JPG
小学1~3年生向けの恒例プログラム、「探検クルーズ-美術館のヒ・ミ・ツ」を
開催しました。
このプログラムは毎年大変人気があり、午前・午後の2回実施しましたが、
午前は10倍、午後は4倍の応募倍率となりました。
ほぼ美術館初体験となる小学1~3年生の低学年を対象に、美術館の
バックヤードや展示室の探検を通じて、まずは美術館という場所そのものや
展示室(作品)に親しんでもらうことを目的としています。
cruise20150621_02.JPG
4つのグループに分かれて、それぞれに学芸員やインターンがリーダーとして付き、
まずは自己紹介。今日一緒に活動するメンバー同士結束を固めます。
cruise20150621_03.JPG
自己紹介のあとは、美術館のヒミツを解き明かすべく、いよいよバックヤードへ移動。
展示室の中から裏側へ潜入します!
バックヤードへの潜入が成功したあとは、全員でバックヤードを30分程探検しました。
バックヤードでの自分たちの振る舞いを「今日の僕たちは、泥棒みたいだね!」
と表現している子もいて、裏側を満喫している様子が伺えました。
cruise20150621_04.JPG
ポイントとなる場所(収蔵庫、作品運搬用エレベーター、荷解場、事務室等)で
その場所に関するクイズを出題し、グループ毎に得点を競いあいました。
こうしたゲーム性を通じ、こども達の「想像力」や「好奇心」を引き出し、
わくわくする気持ちを大切にしながら進めていきました。
cruise20150621_05.JPG
作品運搬用エレベーターの中では、自ら彫刻作品に扮してじっとしている男の子もいました。
cruise20150621_06.JPG
バックヤードを巡った後は、美術館の表側に場所を移し、グループ毎にロッカーに
隠された指令書を入手。
その指示にしたがって、展示室内で該当作品を探してもらいました。
cruise20150621_07.JPG
作品を見つけた後は作品をじっくりと観察し、描かれている内容を隅々まで記憶。
制限時間までに最初に集合したスタジオに戻り、グループ毎に探し当てた作品に
まつわるクイズを出題(数や形、色など)。観察力と記憶力を試しました。
作品をみる上で欠かせないのが、この「観察力」。
じっくりと作品を味わうことも大切ですが、まずは観察して作品に意識を
集中することも大事です。
cruise20150621_08.JPG
バックヤードでのクイズの得点とこの作品クイズの合計点を集計し、
優勝グループを決定。大いに盛り上がりました。

実施後のアンケートには、絵や文章で自由に感想を記してもらいました。
絵で描かれていた多くは、作品運搬用エレベーターに乗っているイメージや、
探し出した作品の模写が多くみられました。
感想には
「エレベーターが大きくてびっくりした」
「美術館はとても広く楽しいところだ」
「いつもは入れないところに入れてうれしかった」
「作品をさがすのが楽しかった」
などと書かれていました。
この探検を通じて、美術館や作品に親しみをもってもらえたようです。

探検クルーズ-美術館のヒ・ミ・ツ
日時:2015年6月21日(日)1回目10:30~12:00、2回目14:00~15:30
参加対象:小学1~3年生
参加者数:1回目...22人、2回目...20人
参加費:無料

開催年度を選択

このページの上部へ