2011年度 先生のための特別研修会/MOTティーチャーズウィーク

学校教員が気軽に美術館を利用するきっかけをつくり、学校団体見学の利用や、学校と美術館の連携を促進するため、館主催の特別研修会を実施しました。
学校団体受け入れ時のギャラリートークの模擬体験や、企画展を解説するレクチャーを実施しました。
今年度は教員の都合に合わせて展覧会を観覧できるよう、約1週間の無料観覧期間(MOTティーチャーズウィーク)を採用しました。

対象:小・中・高・特別支援学校の教員

2011年度実績

ティーチャーズウィーク:2011年7月2日(土)~7月10日(日) 参加者数:165人
レクチャー:7月8日(金) 参加者数:41人
対象展覧会:
 企画展...「名和晃平」展、「フレデリック・バック」展
 MOTコレクション(常設展)...「サイレント・ナレーター|それぞれのものがたり」、「特集展示|石田尚志」

ティーチャーズウィーク:2011年10月29日(土)~11月6日(日) 参加者数:65人
レクチャー:2011年11月3日(木・祝) 参加者数:15人
対象展覧会:
 企画展...「ゼロ年代のベルリン」展、「建築、アートがつくりだす新しい環境」展
 MOTコレクション(常設展)...「布に何が起こったか?|1950-60年代の絵画を中心に」、「木の時間、石の時間」、「特別展示|淺井裕介」

ティーチャーズウィーク:2012年2月4日(土)~2月12日(日) 参加者数:95人
レクチャー:2月12日(日) 参加者数:24人
対象展覧会:
 企画展...「靉嘔 ふたたび虹のかなたに」展、「田中敦子―アート・オブ・コネクティング」展

 MOTコレクション(常設展)...「特集展示|福島秀子」、「クロニクル 1964-|OFF MUSEUM」

開催年度を選択

このページの上部へ