2011春 大人のための創作体験プログラム 淺井裕介と参加者による「根っこの森をつくる」

2011年1月から3月にかけて、作家の淺井裕介さんと参加者が一緒になって美術館に「根っこの森」を作りました。
マスキングテープとペンだけでこつこつと絵を描いていくこのプログラムの舞台は、東京都現代美術館の館内各所です。
普段は休憩スペースとなっているホワイエや階段やエントランスホールなど...
美術館のあちこちに「根っこの森」は増殖していったのです。
このプログラムは全4回。
参加者は3ヶ月間にわたって美術館に通いました。


<プログラム1日目>
「芽が出る」
淺井さんがこれまでやってきた「マスキングプラント」という手法をみんなでマスターする一日。
テープを貼って、そのうえにはみ出さないように輪郭線を描き、その中を模様で埋めていく。
植物が地面から上に伸びていくように、地面から上へ少しずつ少しずつ絵を描いた参加者。
地面に顔と手を近づけて腰をかがめて...
慣れないポーズでの制作に苦労しながらも、ホワイエには何本かの若木が育ちました。

img1.JPG img2.jpg img3.jpg

写真左:講師の淺井裕介さん
写真中:地面から少しずつ上に向かって
写真右:こんな枝に成長しました


<プログラム2日目>
「枝が伸びる、幹になる」
1日目に育てた若木を、数本まとめて広がりのある大木にアレンジしていく一日。
マスキングテープを剥がして、別の場所に貼り直すと、簡単に形や向きが変えられるのも、この手法の魅力です。
ホワイエで制作していると、来館者も「なにこれ?」という表情で、立ち止まって見物していくので、この日から「制作中」というシールを皆で背中に貼ってみました。

img1__.jpg img2.JPG img3.JPG

写真左:「制作中」シールを貼って
写真中:柱にもどんどん成長する
写真右:細い木を剪定して大木に


<プログラム3日目>
「広がる、森になる」
美術館のあちこちに"根っこの森"を密かに増やしていく一日。
参加者はそれぞれの場所に散らばって、思い思いの植物や動物を育てていきました。

img1.JPG img2.JPG img3.JPG

写真左:図書室にもはびこる植物
写真中:ロッカー室の入口にも
写真右:みんなで描き足す

img1.jpg
ホワイエは植物庭園に


<プログラム4日目>
「収穫する」
これまで3回にわたって育ててきた"根っこの森"を丁寧に剥がして、そのテープを使って新たな作品に再構成する一日。
惜しまれつつも、根っこの森は消えましたが、その代わりにホワイエに7つの"標本作品"が完成しました。

■参加者の感想
「壁を見ると何かを生やしたくなるようになりました」
「非常に楽しいプログラムでした。モノを創る楽しみを味わうことができました。」
「4回続きでできることは、1回完結型のものよりもかなりできる範囲が広がって、味見しかできなかったものをちゃんと料理できた気分です。」
「皆でつくれて本当によい経験でした。自分が動くと誰かに影響を与えたり、悩んでも辛くても手を動かす...そんな大切なことを一つひとつ、ひしひしと感じました。」

2011春 大人のための創作体験プログラム 淺井裕介と参加者による「根っこの森をつくる」
日時:2011年1月16日、1月30日、3月6日、3月20日、10:30~15:00
 *プレイベント「巨大"描き初め"パフォーマンス」1月3日
 *標本の展示 3月21日~5月8日
対象:中学生以上~一般
参加人数:27名
企画・指導:淺井裕介(画家)
企画担当:森 千花(東京都現代美術館教育普及係)

開催年度を選択

このページの上部へ