夏休みこどもワークショップ2010 アメージング・ジャーニー 素敵な旅行を仲間と計画しよう!

AJ7.JPG

毎年恒例の夏休みこどもワークショップ。

今回は、美術家の岩井成昭さんの企画・指導のもと、みんなで旅行の計画をたてて、実際にバスでツアーにでかけました。

◆ワークショップの1回目(7月31日)
旅行って何だろう?

4911.JPG

ワークショップ1回目は、岩井さんから「旅行ってなんだろう?」という問いかけから始まりました。
初めに、岩井さんが考える様々な旅行についてのお話。
例えば、「たった3分の旅行」「たった30分の旅行」「たった3時間の旅行」。
岩井さんの経験をもとに日常の身近な出来事や発見、どんなことでも旅行になることを写真をまじえてレクチャー。

その後は、グループごとに旅のリクエスト・ペーパー作りに挑戦しました。
「見たことのないものを見にいく」をテーマにリクエスト・ペーパーの質問をうめていきます。
「そこへいくとどんな気持ちになる?」「その場所ではどんな音が聞こえる?」「その場所だけで起きる出来事は何?」など10の質問が書かれており、それらをうめていくことでグループごとに考えた見たことのない場所のイメージや条件が整理されていきます。

次に、完成したリクエスト・ペーパーをグループごとに交換。
リクエストを受け取ったグループが自分たちの経験と知識からそのリクエストにこたえるぴったりの場所を探し出します。
そう、今回の旅行は、自分たちが行きたい場所に行くのではなく相手のリクエストにこたえる場所を探しだし、そこに行くのです。

しかし、リクエスト・ペーパーに書かれた全ての要素をみたす場所などそう簡単に見つかるはずも無く、みんな悪戦苦闘。
でも、大丈夫。リクエストに無いものは、演出でカバーします。
つまり、何かアイテムをつくったり、演じたりしてリクエストにこたえます。

◆ワークショップ2回目(7月31日)
「おもてなし」の心で

4912.JPG

ワークショップ2回目は、引き続きリクエストの場所探し。
地図を広げながらあの場所がいい、この場所がいいとグループ内で意見を交換します。
と、同時に、相手のリクエストを満たす演出も考えます。
例えば、ザリガニ釣りの道具を作ったり、かっぱの相撲を実現するためのアイデアを練ったり。

自分が楽しむのはもちろん、リクエストをしてくれた相手のグル−プのことを考えることが重要。
つまり「おもてなし」の心です。
どんな風にリクエストを実現すれば
相手が喜んでくれるか、そこに一緒にいく他の仲間が楽しくなるかじっくりと考えます。

ひたすら考える時間が多い今回のワークショップ。
物作り主体のワークショップとは異なりこどもたちやグループをまとめるリーダー役の大人のボランティアにとっても難しいものとなりました。

◆ワークショップ3回目(8月3日)
リクエストを演出でもりあげよう!

4913.JPG

リクエストの場所もいよいよ決まり、ワークショップの3回目は、リクエストを具現化する演出を考える一日となりました。

実は、場所が決定したあと大人のリ−ダーたちは一足お先にこどもたちが指定した場所が実際にあるかどうか、現地を下見しました。

各リクエストを実現するためにこれはあるけどこれはないね、演出のために必要なものをこどもたちにかわって調べる作業もかねています。
そして何よりも安全に行けるのかどうかもチェックしました。

この調査結果も3回目の時にこどもたちに伝え、より具体的な演出を練っていきました。

ちなみに、こどもたちが考えた場所のコース名はこんな感じです。
「カニ取りゆったり美しいミクロの世界」コース、
「きゅうにどきどきウリオンピックウォーターランド」コース、
「永遠(とわ)の眠り墓場」コース、「虹の公園」コース。

◆ワークショップ4回目(8月10日)
どきどき、わくわくのバス・ツアー!

4914.jpg

ワークショップ4回目。
いよいよ4グループが考えたそれぞれの場所へ実際にバスでツアーにでかけました。

4915.JPG

朝から元気いっぱいのこどもたち。でも、ちょっと緊張ぎみ。
それもそのはず、ただその場所に行くのではなく、各グループのリクエストを満たすべく演出をしなければいけないのですから。
その場所のガイドも担います。

バスの中でも打ち合わせは続きます。
ゆっくり外の景色をみている余裕のないグループも...

4916.JPG

それぞれの場所に到着すると、いろいろな演出で盛り上げます。
お手紙をつけた風船をとばしたり、なぞの生き物を探したり、トンネルでゾンビのコスプレで歌と踊りを披露したり、
ザリガニ釣りをしたり...

大盛り上がりのバスツアーとなりました。

企画・指導:岩井成昭(美術家)
実施日時:2010年7月30日(金)、31日(土)、8月3日(火)、10日(火)10:30~15:00(10日のみ18:00まで)
場所:講堂、館外
対象:小学4~6年生
参加者数:15人
記録展示:2010年8月16日(月)~30日(日)
観覧者数:3,995人
企画担当:郷泰典(東京都現代美術館教育普及係)
写真撮影:中村麻由美

開催年度を選択

このページの上部へ