親子で楽しむギャラリークルーズ 元気のいろ 元気のかたち

企画展「ネオ・トロピカリア:ブラジルの創造力」を親子で楽しく鑑賞するためのギャラリークルーズ。
「ネオ・トロピカリア:ブラジルの創造力」展には、カラフルでユニークな形を組み合わせた作品が数多く展示されています。
このギャラリークルーズは、私たちに元気を与えてくれる色や形を鑑賞し、ブラジル流の「生きる喜び」を芸術を通して親子で体感していただくことがねらいです。
まず最初にスタジオに集まって「ブラジル豆知識」をみんなで学習するところからスタート。
「いったいどこにある国?」「どんな気候?」「ブラジルのクリスマスは?」など、映像を見ながら頭にインプットします。
気持ちはすっかりブラジルになったところで、3つのグループに分かれて展覧会に出発です。
数ある作品の中でも特にカラフルでおもしろい形が印象的なのは、ベアトリス・ミリャーゼスの作品です。エントランスのガラスいっぱいに広がる大きな作品や、展示室の可愛いコラージュ作品を学芸員のガイドで親子一緒に楽しく鑑賞しました。
ギャラリーツアーが終わると、もう一度スタジオに集まり、今度は自分たちで"元気が出るカレンダー"作りに挑戦しました。作り方はミリャーゼスと同じです。色とりどりの折り紙やシール、そして家から持ってきたお菓子の包み紙をひとつひとつ丁寧に貼り合わせて...コラージュ作品にしていきます。
自分の誕生月だけゴージャスに飾ってあったり、来年の干支の牛をドーンと中央に登場させたり、元気が出るように太陽の光がさんさんと輝いていたり、アイデアと工夫満載の"元気いっぱいのカレンダー"が完成しました。
色や形をただ鑑賞するだけでなく、自分たちもそれを使って作品を作ることで、美術作品との距離がぐっと縮まったのではないでしょうか。

参加者の声

「きれいな色を見られてうれしかったです。」(小学4年生)
「カレンダーづくりがおもしろかった」(小学5年生)
「何をどこにはろうか、考えながら作業するのが楽しかったです。終わりにするのが大変でした。」(お母さん)
「人間の創造力ってすごいなと思いました!」(お母さん)


日時:2008年12月6日(土)、7日(日)13:00〜15:00

対象:小学3〜6年生とその保護者
参加人数:12月6日...17組、12月7日...18組
参加費:無料


2008120601.jpg
2008120602.JPG
2008120603.JPG



写真上:お菓子の包み紙がたくさんはってあるミリャーゼスの作品を鑑賞
写真中:折り紙やシールを貼り合わせて作ってます
写真下:牛が登場!元気いっぱいのカラフルカレンダー

開催年度を選択

このページの上部へ