2001 アーティストの一日学校訪問 訪問アーティスト:土屋公雄

現在活躍中の作家が学校を訪問し、子どもたちと交流を深めていくことによって、現代美術の最新の動向を子どもたちに肌で感じ取ってもらう企画。

第1回目となる2001年度は、当館の収蔵作家であり、両国の東京大空襲のモニュメントでも知られる、彫刻家の土屋公雄氏が、都内の中学校を訪れました。

●2002年1月21日(月) 5、6時限目
 墨田区立本所中学校 1年生...135名

本所中学校は、土屋氏のモニュメントまで歩いていける場所にあります。
この学校訪問では、あらかじめ生徒全員がモニュメントを見に行き、「自分だったら花でこうデザインする」というデザイン案を使って授業が進みました。

*5時限目:スライドによるレクチャー(土屋氏の作品紹介・なぜアーティストになったのか など)
*6時限目:平和のモニュメントに関する質問コーナー


●2002年2月5日(火) 3時限目
 福生市立第三中学校 2年生...33名

福生第三中学校は、自然に恵まれた地域にありました。
この学校訪問で、土屋氏は、自然と芸術との関係について取り上げ、イギリスのグライスデールの森のアートプロジェクトを例に挙げつつ、授業を展開しました。

*3時限目:スライドによるレクチャー(土屋氏の作品紹介・自然と芸術について など)

2001a.bmp

開催年度を選択

このページの上部へ