第22回 MOT美術館講座 見る人のためのメイキング・オブ・現代美術

創作というものづくりのプロセスを、素材や技法を中心に見つめ、現代の多様化していく美術表現の中で、素材や技法、さらには創作
の意味さえもがどのように変化しているのかを探求しました。

(1)「画材の基礎知識―あなたの知らない色の話」
講師:植本誠一郎(ホルベイン工業研究室長)
実施日時:2000年9月16日(土)1500~1630
参加者数:71人

(2)「技法の基礎知識―名作のヒミツを探る」
講師:森田恒之(国立民族学博物館教授)
実施日時:2000年9月30日(土)1500~1630
参加者数:90人

(3)「絵画をつくるということ―ステイニングという技法」
講師:丸山直文(作家)
実施日時:2000年10月7日(土)1500~1630
参加者数:65人

(4)「作品が誕生するまで―螺鈿、金箔、FRPを使い分ける」
講師:中村哲也(作家)
実施日時:2000年10月14日(土)1500~1630
参加者数:59人

開催年度を選択

このページの上部へ