スタッフブログ

カテゴリー

メイン

2015年12月 1日

坂本龍一さんから「"TOKYO"」展へメッセージが届きました

坂本龍一さんから、現在開催中の「東京アートミーティングⅥ "TOKYO"-見えない都市を見せる」展によせてメッセージを頂きました。


東京、ロンドン、ニューヨーク、、その昔都市には個性があり、それぞれの都市からはユニークな音楽やファッションやカルチャーが届いたものだ。ぼくたちはそれらを敏感に感知し、まだ行ったことのない都市の喧騒を思い描いていた。
東京には、そこからしか生まれない独自の色や匂い、音の密度や薄さというものがあり、ぼくらはそこに「らしさ」を感じていたし、海外でも敏感なやつはそれに気づいていた。
そして都市の間には一種の感覚のコンペティション が生まれていた。
それがいつしか都市から個性的な音やファッションが届かなくなってきて久しい。私が住むニューヨークもその「らしさ」がなくなってもう長い。ここで生まれ育った最も「らしい」人間が、「ここは面白くなくなった」と言って出ていくやつも多い。逆に旧東ベルリンに懐かしいイーストヴィレッジの匂いを感じたりする。
懐かしい東京「らしさ」はもう永久に戻ってこないのだろうか。そこに新しい匂いを感じることができるのだろうか。


坂本龍一

YMO.jpg
イエロー・マジック・オーケストラ  1979年 
© Photo by Masayoshi Sukita




Special Message from Ryuichi Sakamoto for "TOKYO"

Tokyo, London, New York . . . In the old days, each city had its own individual character and produced its own distinctive music, fashions, and cultural forms. In those days, we tuned in sensitively to what was happening and imagined the high energy of the scene in cities we had never visited. Tokyo had its own colors, smells, and sounds of different weights and densities that could only be found here. We felt something essentially "Tokyo" in this, and sensitive people overseas noticed this as well. As a result, a kind of competition of perceptions and tastes arose among cities.

At some point, those distinctive sounds and fashions stopped coming from cities. New York, where I live, long ago lost its essentially "New York" character. Many of the essentially "New York" people born and raised here are drifting away, saying, "The city just isn't interesting anymore." Instead, they might find the nostalgic East Village atmosphere they miss in old East Berlin. So I wonder, is that nostalgic "Tokyoness" also gone forever? Will we maybe start to feel a new energy here?


―Ryuichi Sakamoto

YMO.jpg

Yellow Magic Orchestra 1979 ©Photo by Masayoshi Sukita