スタッフブログ

カテゴリー

メイン

2010年4月11日

さようならMOTアニュアル2010

本日4月11日、大好評の内に「MOTアニュアル2010:装飾」展の幕が閉じました…
美術館ではこれにあたり、山本基さんの《迷宮》を海に還すというクロージングイベントを開催。
これは山本さんが近年行っているプロジェクトで、作品の撤去に立ち会った
お客様がそれぞれに塩を持ち帰り、また海に還して循環させるというもの。
パーカッションのよしうらけんじさん、トランペットの類家心平さんをお迎えし、
演奏と共に120人を超えるお客様とお別れのひとときを過ごすことができました。

DSC00108.JPG

熱演するおふたり
DSC00125.JPG

演奏終了後、皆さんおずおずと展示スペースに足を踏み入れ、、、
あっという間にこんな感じに
DSC00128.JPG

DSC00132.JPG

そして奇跡のコラボレーション!
参加作家のおひとり、小川敦生さんによるライブドローイング(?)です
DSC00135.JPG

こちらはもう一人の参加作家さん、野老朝雄さんからのメッセージ
DSC00137.JPG
MOToi THANXX、とMOTと山本さんのファーストネームを
かけていらっしゃるんですね、天才です。

「MOTアニュアル2010:装飾」展に足を運んでくださった皆さま、
またご来館はかなわずともご興味を持ってくださった皆さま、
本当にどうもありがとうございました!
東京都現代美術館では引き続き面白い展示をどしどし
開催してまいりますので、どうぞお楽しみに。

まずはフセイン・チャラヤン展から☆

DSC00142.JPG

2010年4月 6日

「MOTアニュアル2010:装飾」最終回・横内賢太郎さん

めっきり更新があいてしまいましたが、皆さまお花見は行かれましたか?
今回はついにこの日が…「MOTアニュアル2010:装飾」展
最後となる10人目の作家さん、横内賢太郎さんのご紹介です。
鮮やかな色彩が滲む横内さんの作品ですが、
近づくと昔のオークションカタログのイメージを元にしたという
美しく不思議~な模様が更に重なって見えてきます。

P1010106.JPG

会場の最後にあるこちらのお部屋、、、ここでぐっと「装飾」を
皆さまの心に刻み、それぞれにお持ち帰り頂ければ幸甚です。
会期終了まであとわずか!!!
最終日の11日(日)にはクロージングイベントも開催予定です☆

2010年3月23日

アーティスト・トーク 黒田潔

先日の3連休中日の3月21日、
黒田潔さんのアーティスト・トークを開催いたしました。
黒田さんのこれまでの作品などを見せながら
アート・ライターの黒田キキさんを迎えてのお話でした。
あの強風の日だったにも関わらず大盛況。
ご来場くださった皆様、どうもありがとうございました。

P1010189.JPG

作家さん達の貴重な声が聞けるアーティスト・トークも
残すところあと一回のみ!
4月4日(日)15:00~、野老朝雄さんと構造家・建築家の
鳴川肇さんをゲストに迎えてのお話です。
お見逃しなく&お楽しみに!!

2010年3月21日

★アニュアル展カタログ・絶賛発売中★

大変お待たせいたしましたが、
「MOTアニュアル2010:装飾」展の
カタログの販売を開始いたしました。
表紙は選べる4種類!(※内容は同じです。)

an10_ctlg_cvr-1.jpg an10_ctlg_cvr-2.jpg

an10_ctlg_cvr-3.jpg an10_ctlg_cvr-4.jpg

価格は一冊1,500円(税込)、お問合せはミュージアムショップNADiffまで。
各デザイン250部ずつの販売ですので、お求めはお早目に!!!

※好評につき完売いたしました。(4/8)

(m)

2010年3月16日

塩保さん・切り絵!

ご紹介する作家さんも終わりに近づき寂しい限りですが、
今回は塩保(しおやす)朋子さんの作品の登場です。
来場者様アンケートでも大人気!
縦6.5×横3.56mの紙を細かく細かく切り抜いているんですー
でも勿体ぶって一部だけ

コピー ~ P1010131.JPG

実際の展示では照明が左右から当てられて、
めくるめく幻想的な空間が出現します。
展示スペースには椅子も設置されているので
トリップしたい方はごゆっくりどうぞーー

(m)

★インタビュー動画アップのお知らせ★

美術館HPのトップページでもお知らせしていますが、
「MOTアニュアル2010:装飾」展参加作家さんの
インタビュー動画をアップいたしました!!
こちらよりご覧いただけます。
制作にあたっての皆さんの貴重なコメントはもちろん、
こんな風に作っていたのね!
と合点がいくこと請け合いな制作風景などなど、
超豪華・盛り沢山な内容ですよ~。
既に来場された方も、まだの方もぜひ☆

(m)

2010年3月15日

水田さんのマンション

続きまして同じくペインティングを出展されている作家さん、
水田寛さんです。
こちらの《マンション》という作品、かなり大きいため
とても画面では細部をご紹介しきれないのですけど~。

P1010095水田.JPG

クロースアップ↓
P1010096水田.JPG

その名の通り、延々と連なるマンションの部屋群。
この部屋、私の住んでる所に似てる~~
あっこっちは○○さんちかも☆
といった妄想(?)もお楽しみいただけます。
水田さんは全部で3点の作品を出展中です。

(m)

2010年3月11日

松本尚さんのペインティング

「MOTアニュアル2010:装飾」展の会期も終了まであとひと月となりました!
つい先日始まったばかりと思っていたら、時間がたつのは早いものですー。
装飾の世界にどっぷり浸るこのチャンス、まだの方はお早めにお越しくださいね。

さて本日は松本尚さんの作品のご紹介です♪♪
山本基さんの塩の迷宮を通り過ぎて左側、大きな絵が3つかかっています。

P1010099.JPG

それぞれ左より、《Grandma home》《Midnight Constellation》《Boys mountain》
というタイトルなのですけれど、これまたじっくり見るとさまざまな発見が~。

P1010101.JPG
人魚!
P1010100.JPG
リス!

ロールシャッハテストのようでもあり、
他にも見れば見るほど無限に拡がる宇宙です。
ぜひお気に入りポイント、見つけにいらしてみてはいかがでしょうか☆

(m)

2010年3月 8日

アーティスト・トーク 小川敦生

3月7日(日)、「MOTアニュアル2010:装飾」展の第3回目のアーティスト・トークを実施しました。

今回は、小川敦生さんと、ゲストに山口絵美さんをお迎えし、山口さんが小川さんの制作の様子を記録した映像(静止画をつなぎ合わせたユニークな映像でした!)をいくつか見せていただきながらお二人にお話を伺いました。

0307アーティストトーク.JPG


トークの中で小川さんは「作品を前にしたとき、自分のみたもの、感じたことこそが本物だと思って、それを大事に持って帰ってほしい」という旨のことをおっしゃっていました。

みなさんは小川さんの作品をどのようにご覧になりますか?

(N)

2010年3月 5日

Taisuke Koyama: Artworks from AN10

こんにちは。

現在開催中の「MOTアニュアル2010:装飾」展のポスターやチラシのビジュアルはご覧になりましたか?
展覧会をご覧になった方はお気づきになったかと思いますが、青木克世さんの作品を写真家の小山泰介さんに撮影していただいた写真をメインビジュアルに使っています。

今回、「MOTアニュアル2010:装飾」展に関連して、小山泰介さんが本展のカタログのために撮影した展示作品の写真を、ミュージアムショップ横のスペースで展示しています。

小山さん展示.JPG


10人の作家の作品を写した10点の作品は、展示室で観る作品とはまた違う見え方がして、新鮮です。
ぜひ「MOTアニュアル2010:装飾」展とあわせてご覧ください!

(N)

2010年3月 1日

青木克世さんのお部屋

引き続き「MOTアニュアル2010:装飾」展より、参加作家さんのご紹介です。
今回は青木克世さん。

P1010142.JPG

こちらのお部屋、山本基さんの展示室のすぐ手前にあるのですが、
一歩入ると真っ白な空間に陶のオブジェが並んでいて
なんだか魔法にでもかけられたような気分に~~。
いつまでも見ていてしまいそうです♪

(m)

2010年2月26日

巨大石鹸が・・・

「MOTアニュアル2010:装飾」展より、小川敦生さんの作品
《cutter knife skating》をご紹介します。
58cm四方、厚さ5cmの巨大な石鹸が6つ!下からぼんやりとライトが当てられて☆

P1010137.JPG

P1010133.JPG

よーく見ると、レースのような不思議な模様が浮かび上がります。
なんとこれ、一つ一つフリーハンドで、しかも一筆書きで描かれているのです。
6つそれぞれの模様や石鹸の質感も全て違うので、じっくり観賞してみてください♪
小川さんのHPはこちら

(m)

ひっぱってみてください

こんにちは。
「MOTアニュアル:装飾」展より、野老(ところ)朝雄さんの作品をご紹介します。
こちらの《BUILDVOID》、普段はこんな感じになっているのですが・・・

P1010151.JPG

実は手前に紐が下がっており。ひっぱると、ぐいーんと

P1010149.JPG

あがります!これもぐいーん

P1010152.JPG

誰もいない隙を見計らって何度もひっぱってしまうのでした。
野老さんのHPはこちら

(m)

2010年2月24日

テスト。

展示室のバックヤードに塩の痕跡を発見!

P1010154.JPG

山本さん、人知れず(?)こんな作業もされていたのですね☆

(m)

森淳一さんの超絶作品

「MOTアニュアル2010:装飾」展も開始から早3週間が経ちます。
お陰さまで多くのご来場者様に楽しんで頂けているもよう。
今日は作家さんの中から森淳一さんの作品をご紹介します(一部)。

P1010146.JPG

これは《flare》という作品です。どうですか、この想像を絶する細かい木彫り・・・。
ちなみにこんな作品《flare-0》もあります↓

P1010145.JPG

一瞬歯!?かと思いましたが、タグアナッツという木の実の一種とのこと。
とは言え、実際に生で見るとかなり不思議な感覚に襲われます。
森さんは全部で7点の作品を出展中です。

(m)

2010年2月23日

出現☆

山本基さんの展示室に足を踏み入れてみたら、突如目の前に階段が…

P1010138.JPG

一体何かしら?と登ってみると。

P1010141.JPG

俯瞰で作品《迷宮》を見ることができます!
視点を変えるとこれまた新鮮~。
皆さんもどしどし登ってみてください♪

(m)

2010年2月21日

アーティスト・トーク
青木克世 森淳一

みなさま、こんにちは。

本日2月21日(日)15時から、「MOTアニュアル2010:装飾」展のアーティスト・トークを開催いたしました。
今回のアーティストは、青木克世さん、森淳一さんのお二人。

artist talk aoki mori.JPG

お二人それぞれが、これまでに制作した作品や展示の様子などをモニターに映しながらこれまでの歩みをお話され、森さんは作品のもとになったダヴィンチやフェルメールのデッサンなども見せてくださり、青木さんも、元々油絵を専攻していた青木さんが、現在の作品のスタイルや技法に至るきっかけをお話くださいました。

次回は3月7日に小川敦生さんのアーティスト・トークを予定しております。

今後のアーティスト・トークの予定
     3月7日(日) 小川敦生 ゲスト:山口絵美(連写作家)
      3月21日(日) 黒田潔 ゲスト:工藤キキ(アート・ライター)
      4月4日(日) 野老朝雄 ゲスト:鳴川肇(構造家・建築家) 


(N)

2010年2月10日

山本基《迷宮》完成!

みなさま、こんにちは。

何度かブログでご紹介した、「MOTアニュアル2010:装飾」展の出品作品、
山本基さんの《迷宮》がオープン後の公開制作を経て、本日10日に完成しました!

山本さんがただ一人で制作し、待ちに待ってとうとう完成したこの作品。
ぜひ皆様ご自身でご覧ください。

お待ちしています。

山本基さんのホームページはこちら

2010年2月 6日

MOTアニュアル2010 公開制作中

「MOTアニュアル2010:装飾」展の出品作品、山本基さんの《迷宮》は、10×17mほどの大きな作品。
今日も山本さんは制作中です。

すでに描かれた部分とまだ描かれていない部分、山本さんの手で今まさに描かれた線をみると、まるで山本さんの背中が修行僧のそれのように見えたりもします。

山本さん公開制作中.JPG

作品が少しずつ生まれ完成に近づく、貴重で、感動的とも言える瞬間。
展示室のイスに座って山本さんの手元をじっと見つめているお客様の姿も珍しくありません。

1月29日の様子
山本基さんのホームページはこちら

(N)

アーティスト・トーク
塩保朋子、松本尚、水田寛、山本基、横内賢太郎

いよいよ本日から「MOTアニュアル2010:装飾」展が始まりました。
1999年から時代と結びついたテーマを設定し、若手作家を中心に紹介するグループ展であるMOTアニュアルも、いよいよ今回で10回目となりました。

初日の本日、さっそく1回目のアーティストトークを開催しました。
本日のアーティストは塩保朋子さん、松本尚さん、水田寛さん、山本基さん、横内賢太郎さんの5名。

アーティストトーク2.JPG
(左から横内さん、塩保さん、水田さん、松本さん、山本さん。手前は担当学芸員 関昭郎)


5人に本展の担当学芸員が質問をし、それにお答えいただく、というスタイルで進行で進み、皆さんには作品制作の方法や現在の制作スタイルに至ったきっかけなどをお話いただきました。

アーティストトーク1.JPG


ホワイエというミュージアムショップの隣にあるオープンなスペースが会場だったこともあり、60名を超えるお客様がいらしてくださり、大盛況でした!


このあともアーティストトークは4回予定しております。

2月21日(日) 青木克世さん、森淳一さん
3月7日(日) 小川敦生さん ゲスト:山口絵美さん(連写作家)
3月21日(日) 黒田潔さん ゲスト:工藤キキさん(アート・ライター)
4月4日(日) 野老朝雄さん ゲスト:鳴川肇さん(構造家・建築家) 

4回とも企画展示室内のMOTアニュアル展会場で開催します。
詳しくはホームページでもご案内していますのでどうぞご覧ください。
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/111/3


(N)

2010年2月 3日

MOTアニュアル2010:制作中です2

「MOTアニュアル2010:装飾」展、オープンまであと三日です!
今日は同じく参加作家の一人、黒田潔さんの制作風景をご紹介します。

黒田さんブログ.JPG

今回の展示のために新しく制作されたこの壁画のサイズは
なんと高さ6m、幅26mの大作です。
アラスカでの取材を元に描かれた不思議な世界を
ぜひ体験しにきてくださいね☆

黒田さんの公式HPはこちら

(m)

2010年1月29日

MOTアニュアル2010:制作中です

「MOTアニュアル2010:装飾」展のオープンまでいよいよあと一週間。
現場での制作も大詰めです。

P1010096.JPG

こちらは参加作家の一人、山本基さんの作品。
一体何の素材だと思いますか??

P1010095.JPG

これは何と塩。
300kgの塩を使って、美術館の広大な空間を埋め尽くしていきます。
実はオープン後も数日間のみ、
展示室で山本さんが制作を行う風景を見ることができます。
目の前で作品が完成していく様子を見たい方は必見です!
ぜひお早目に。

山本基さんのホームページはこちら

(m)

2009年12月22日

MOTアニュアル展 制作助手ボランティア募集

こちらの募集受付は終了いたしました。
沢山のご応募ありがとうございました。
----------------------------------------------------

2010年2月6日(土)から開催する「MOTアニュアル2010」展に参加するイラストレーター黒田潔さんの制作をお手伝いいただける方を募集します。

【作業内容】
作業日時  2010年1月26日(月)~2月4日(木)9:30~18:00
作業内容  黒田潔さんによるウォール・ペインティングの制作助手
作業場所  東京都現代美術館(東京都江東区三好4-1-1)
黒田潔さんのHPはこちら。 http://www.kiyoshikuroda.jp/

【募集詳細】
募集人数  若干名
条  件   報酬、交通費、食事の支給はありません。制作経験がある方で、なるべく多くの日にちに参加できる方。

【応募方法】
①氏名
②年齢
③連絡先(郵便番号、住所、電話番号、メール・アドレス)
④現在の所属、
⑤参加できる予定日(参加できない日)
⑥制作経験等のアピール・ポイント
を書いて、東京都現代美術館MOTアニュアル2010ボランティア係(An10mot@gmail.com)までお送りください。

応募締切  2010年1月15日(金)

*応募書類の返却はいたしません。
*採用・不採用のご連絡は1月20日(水)にメール、もしくは電話でいたします。

【応募・お問い合わせ先】
東京都現代美術館 MOTアニュアル2010ボランティア係
〒135-0022 東京都江東区三好4‐1-1
TEL:03-5245-4111(代表)
メール An10mot@gmail.com