スタッフブログ

カテゴリー

メイン

2013年1月29日

「アートと音楽」、「MOTアニュアル2012」混雑状況について

「アートと音楽―新たな共感覚をもとめて」、「MOTアニュアル2012 Making Situations Editing Landscapes 風が吹けば桶屋が儲かる」展は、2月3日(日)で会期が終了致します。

おかげさまで、会期初日より、たくさんのお客様にご来場いただき、ありがとうございます。

最終日にかけて混雑が予想されます。
特に土日は、いくつかの作品でご覧いただくのにお待ちいただく場合がございます。
ご来館をご予定のお客様はお時間に余裕を持ってお越しください。

また、駐車場の台数にも限りがございます。
なるべく公共の交通機関をご利用くださいますよう、お願い申し上げます。

皆さまの、ご来館をお待ちしております。

2013年1月23日

「アートと音楽」展カタログ完売のおしらせ

「アートと音楽-新たな共感覚をもとめて」展の展覧会カタログはおかげさまで完売いたしました。

今後の入荷については未定です。


ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。

2013年1月 7日

「アートと音楽」展『日曜美術館』1/13放送のおしらせ

いよいよ2/3(日)の会期終了まで残りひと月を切った展覧会「アートと音楽-新たな共感覚をもとめて」が、1/13(日)放送のNHK Eテレ『日曜美術館』で紹介されます。

本展総合アドバイザーの坂本龍一さんとアーティスト・日比野克彦さんが展覧会会場内をめぐり、お話をされた様子などが放送されます。

_______________________________

日曜美術館 アートと音楽 坂本龍一×日比野克彦

2013年1月13日9:00-9:45 再放送:1月20日20:00~20:45

『日曜美術館』ホームページ
_______________________________

これから展覧会を観ようとお考えの皆様も、もうご覧くださった皆様も、ぜひご覧ください!

(N)

2012年12月14日

フロリアン・ヘッカーの冊子ダウンロード!

本展の出展作家の一人、フロリアン・ヘッカー(1975生)の
インスタレーション作品の一部である「推測的回答」の冊子を
ダウンロードいただけます。 (日本語バージョンのみになります)


冊子のダウンロードは公式HPから


冊子は81ぺージにも及ぶ非常に密度の濃い、
本展のために制作されたとても貴重なテクストです。

スクリーン上で閲覧したあとには
ご自身のプリンターで、オンリーワンの
冊子を手作りしてみるのも楽しみのひとつかな、
と思っています。

作品をより深く理解するために
ご活用いただければ幸いです。

広報OHR

2012年11月25日

「アートと音楽」展一部展示替えのお知らせ

「アートと音楽-新たな共感覚をもとめて」展で展示をしている田中未知・高松次郎の言語楽器《パロール・シンガー》の展示スペースで一部展示替えを行いました。

言語楽器の設計図に替わり、寺山修司の「言語楽器」展のための自筆原稿や高松次郎の言語楽器のためのドローイング、「言語楽器」展ポスターおよびプログラムなどを新たに展示しています。

どれも貴重な資料ですのでぜひじっくりとご覧ください。

(N)

八木良太、バルトロメウス作品のデモ演奏について

現在開催中の「アートと音楽-新たな共感覚をもとめて」展では、八木良太《Vinyl》とバルトロメウス・トラウベック《Years》の2作品を毎日下記のスケジュールでスタッフによるデモ演奏をしています。

これから展覧会を観にいらっしゃるご予定の方は、ぜひ「氷のレコード」「木のレコード」の音色もお楽しみください。

Vinyl_blog.jpg トラウベック_blog.jpg

左:八木良太《Vinyl》(2011年) 右:バルトロメウス・トラウベック《Years》

_____________

13:00~ 八木良太《Vinyl》

14:00~ バルトロメウス・トラウベック《Years》

15:00~ 八木良太《Vinyl》

16:00~ バルトロメウス・トラウベック《Years》

会場:「アートと音楽」展B2F展示室
_____________

*どの回も数分間のデモ演奏となります。
*事情により休止する場合もございます、あらかじめご了承ください。

2012年10月30日

《bio effector》公開日延期のお知らせ

《bio effector》公開日延期のお知らせ

10月27日より公開を予定しておりましたTokyo Sonic Art Award グランプリ作品
《bio effector》は、事情により公開日を延期しました。
調整が済み次第、展示公開いたします。あしからずご了承ください。

《bio effector》
展示空間に吊った一枚の膜を、リアルタイムに検出される鑑賞者の血流の音で弦のように振動させる。その振動を膜の張力変化によって制御することで、音楽のタイムラインを制作。
弦楽器や鼓膜楽器とは異なる、環境と共存する巨大な楽器のような空間の制作を試みる。

ディレクション サウンド:大野茉莉/構造:永田康祐
素材協力:太陽工業株式会社 
協賛:エーアンドエー株式会社、総合資格学院

■大野茉莉/1984年東京都生まれ。東京都在住。
東京藝術大学大学院音楽研究科音楽文化学専攻音楽音響創造修士過程在籍。

■永田康祐/1990年愛知県生まれ。東京都在住。
東京藝術大学大学院美術研究科建築専攻構造第一研究室在籍。

2012年9月 5日

東京アートミーティング(第3回) アートと音楽-新たな共感覚をもとめて HP

東京アートミーティング(第3回) 
アートと音楽-新たな共感覚をもとめての
公式HPがオープンしました。


展覧会公式HP http://www.mot-art-museum.jp/music/

広報 :OHR