スタッフブログ

カテゴリー

メイン

2011年12月24日

「クラウドスケープ」動画を大公開!

本日12月24日(土)から、トランスゾーラー+近藤哲雄「クラウドスケープ」を公開しております。

その「クラウドスケープ」の動画をアップしました。

雲の中に入る不思議な感覚を、ぜひ体験しにいらしてください。

(N)
_________________________

《クラウドスケープ》
公開期間: 2011年12月24日(土)~2012年3月22日(木) 10:00~18:00
休館日 : 月曜日(祝日の場合は翌日)、12/29-1/1、展示替え期間(1/16-2/3)ほか    
*詳しい休館日はhttp://www.mot-art-museum.jp/museuminfo/images/schedule2011.pdfをご覧ください。
会 場  : 東京都現代美術館 サンクンガーデン
観覧料 : 東京都現代美術館で開催中の企画展または常設展の当日有効チケット
       または《クラウドスケープ》の入場チケット(高校生以上200円)でご覧になれます。
       1/2と1/3はどなたも無料でご覧いただけます。

特別協力: カナディアン・ソーラー・ジャパン株式会社
助 成  : Zumtobel、花様年、 ホワイトストーン美術館、株式会社シーマ

2011年12月23日

12/24からいよいよ《クラウドスケープ》公開スタート

現在開催中の展覧会「建築、アートがつくりだす新しい環境-これからの“感じ”」展の一環として、12月24日(土)からトランスゾーラー+近藤哲雄《クラウドスケープ》を公開します。

本日23日には、一般公開に先立ち、報道関係者に向けお披露目をいたしました。

「建築、アートがつくりだす新しい環境」展の共同企画者であるSANAAの妹島和世さん、この《クラウドスケープ》を協同で制作された建築家の近藤哲雄さんとトランスゾーラー社エンジニアのNadir Abdessemed さん、当館チーフ・キュレーターの長谷川祐子が、この夢のような作品を公開するにあたりご挨拶をいたしました。

登壇者.jpg
右から:妹島さん 近藤さん トランスゾーラーNadirさん、長谷川

また、この《クラウドスケープ》のお披露目にあたり、「第7回東宝シンデレラ」のみなさんもお越しくださり、雲の上と下を行き来する不思議な体験に目をキラキラさせていました。
東宝シンデレラ.jpg


この《クラウドスケープ》は12月24日~3月22日まで東京都現代美術館サンクンガーデンにて公開いたします。
ぜひ皆様もまるで雲の中を歩いているような体験をしにいらしてください。
お待ちしております。
cloudscape中.jpg

(N)
_________________________

《クラウドスケープ》
公開期間: 2011年12月24日(土)~2012年3月22日(木) 10:00~18:00
休館日 : 月曜日(祝日の場合は翌日)、12/29-1/1、展示替え期間(1/16-2/3)ほか    
*詳しい休館日はhttp://www.mot-art-museum.jp/museuminfo/images/schedule2011.pdfをご覧ください。
会 場  : 東京都現代美術館 サンクンガーデン
観覧料 : 東京都現代美術館で開催中の企画展または常設展の当日有効チケット
       または《クラウドスケープ》の入場チケット(高校生以上200円)でご覧になれます。
       1/2と1/3はどなたも無料でご覧いただけます。

特別協力: カナディアン・ソーラー・ジャパン株式会社
助 成  : Zumtobel、花様年、 ホワイトストーン美術館、株式会社シーマ
_________________________

「建築、アートがつくりだす新しい環境-これからの“感じ”」
会 期:2010年10月29日~2011年1月15日(日)
展覧会HP http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/129/

2011年12月19日

《クラウドスケープ》公開のお知らせ

現在開催中の展覧会「建築、アートがつくりだす新しい環境」展の一環として、東京都現代美術館では12月24日(土)から、《クラウドスケープ》を公開いたします。

Cloudscapes_exterior (1).jpg
今回の実施予想図  ©近藤哲雄

《クラウドスケープ》は2010年の第12回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展(2010.8.29~11.21)にて、 マティアス・シュラー氏(クライメート・エンジニア)と近藤哲雄氏(建築家)の協働により実施され、約37万人が体験した作品です。このたび「建築、アートがつくりだす新しい環境」展の出品作品として日本で初めて公開することとなりました。

建物内に人工的に雲を発生させ、訪れる人は建物内の階段を上り下りすることで雲の下、雲の中、雲の上へと行き来するという、まるで夢のような体験をすることができます。

_________________________

《クラウドスケープ》
公開期間: 2011年12月24日(土)~2012年3月22日(木) 10:00~18:00
休館日 : 月曜日(祝日の場合は翌日)、12/29-1/1、展示替え期間(1/16-2/3)ほか    
*詳しい休館日はhttp://www.mot-art-museum.jp/museuminfo/images/schedule2011.pdfをご覧ください。
会 場  : 東京都現代美術館 サンクンガーデン
観覧料 : 東京都現代美術館で開催中の企画展または常設展の当日有効チケット
       または《クラウドスケープ》の入場チケット(高校生以上200円)でご覧になれます。
       1/2と1/3はどなたも無料でご覧いただけます。

特別協力: カナディアン・ソーラー・ジャパン株式会社
助 成  : Zumtobel、花様年、 ホワイトストーン美術館、株式会社シーマ
_________________________

「建築、アートがつくりだす新しい環境-これからの“感じ”」
会 期:2010年10月29日~2011年1月15日(日)
展覧会HP http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/129/

2011年12月13日

『失われた街 −三陸に生きた集落たち−』の展示が始まりました

こちらのブログ記事でもご案内していた『失われた街 −三陸に生きた集落たち−』
の展示がいよいよ本日12月13日より始まりました!
昨日は早朝から夜遅くまで、大勢の学生さんたちが設営を行いました。

DSC08636.JPG

展示されているエントランスホールへの入場は無料です。
会期は2012年1月15日(日)まで。

なお、12月17日(土)には、MOT美術館講座として
「失われた街―三陸に生きた集落たち」と題したレクチャーも開催いたします。
詳細はこちらのページをご覧ください。

2011年11月30日

『失われた街 −三陸に生きた集落たち−』について

現在開催中の「建築、アートがつくりだす新しい環境-これからの“感じ”」展の関連企画として、美術館エントランスホールで『失われた街 −三陸に生きた集落たち−』と題した展示を行います。

東日本大震災の最大の被害といえる大津波は、永い年月をかけてつくられてきた街や集落を一瞬にして壊滅させてしまいました。震災当日より続く苦しい日々の中で、その街がつい数ヶ月前までどんな姿であったか、地域の人々は何を失ったのか、じっくりと思い出す間もなく、それについて語り合う余裕もなく、復興プランについて希望を聞かれても、果たしてまともに応えられるでしょうか?「失われた街」プロジェクトは、全国の建築学生に呼び掛け、津波で失われてしまった街や集落を模型で復元する計画です。私たちが今回の震災で失った街や集落を、模型を通して体感し、一瞬で失われてしまった無数の街角、無数の情景を悼み、弔うことを通してこそ、次の復興へ向けてみんなが一丸となれるのだと、私たちは信じています。

今回の展示企画では、全国の建築学生に協力を要請し、できる限り正確に、震災前の建物や街路、特に三陸のリアス式海岸の多様な地形と共に生きてきた集落を白い模型で再現します。
そして展覧会終了後には、各集落へ模型を寄贈し、集落の復興・そして津波防災教育の教材として次世代をになう子供たちに、「津波と共に生きる文化」を正しく継承していくための教材となっていくことを目指しています。

会 期: 2011年12月13日(火)〜2012年1月15日(日) 
会 場: 東京都現代美術館 エントランスホール
観覧料:無料

制作対象地域(11地域):
荻浜・小積浜(宮城県石巻市)/長清水(宮城県本吉郡南三陸町戸倉)/小泉(宮城県気仙沼市本吉町)/大島(宮城県気仙沼市)/崎浜(岩手県大船渡市三陸町越喜来)/唐丹(岩手県釡石市唐丹町)/根浜(岩手県釡石市鵜住居町)/山田(岩手県下閉伊郡山田町)/重茂(岩手県宮古市重茂)/女遊戸(岩手県宮古市崎山)/田野畑(岩手県下閉伊郡田野畑村)

展示物:
模型 11地区(各地区1m×1mの模型を6〜12個使用) 高さ約30cm 計83個/情報展示パネル 1m×2m×2カ所(予定)

主 催
東京都現代美術館(公益財団法人東京都歴史文化財団)、「失われた街」模型復元プロジェクト実行委員会
企 画
槻橋修(建築家)、「失われた街」模型復元プロジェクト実行委員会
アドバイザー
妹島和世(建築家)、西沢立衛(建築家)
模型制作監修
神戸大学槻橋研究室、名古屋市立大学久野研究室
模型制作
法政大学渡辺・下吹越プロジェクト/宮城大学中田研究室/神戸大学槻橋研究室/武庫川女子大学有志学生/神奈川大学曽我部研究室/茨城大学寺内研究室/国士舘大学南研究室/昭和女子大学杉浦研究室/名古屋市立大学久野研究室/名古屋工業大学北川研究室/愛知淑徳大学清水裕二・道尾淳子+有志学生/大阪市立大学宮本研究室/日本大学佐藤研究室・山中研究室/東京理科大学岩岡研究室・安原研究室/早稲田大学古谷研究室(計15大学、18研究室)

協 力
東日本大震災における建築家による復興支援ネットワーク(アーキエイド)、兵庫県立美術館、八潮市
協 賛
総合資格学院/株式会社総合資格、 株式会社エーディーワールド、株式会社ストゥディオサカイ

なお、12月17日(土)には、MOT美術館講座として「失われた街―三陸に生きた集落たち」と題したレクチャーも開催いたします。
詳細は下記ページをご覧ください。
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/129/3

2011年11月 4日

東京藝大「建築、アートがつくりだす新しい環境」WEEKSシンポジウム

現在開催中の展覧会「建築、アートがつくりだす新しい環境―これからの“感じ”」展に関連して、東京藝術大学では「建築、アートがつくりだす新しい環境」WEEKSと題したシンポジウムや展覧会などを開催します。
展覧会とあわせて東京藝術大学での展示・シンポジウムもぜひご覧ください。

東京藝大「建築、アートがつくりだす新しい環境」WEEKS
11月10日(木)-29日(火)
会場:東京藝術大学(入場無料)


■シンポジウム「転換の風景 ~個と全体のあいだ~」

11月10日(木) 18:00 – 20:00
東京藝術大学上野校地 美術学部中央棟第一講義室
入場無料・定員180名(当日先着順)

スケジュール(予定)
18:10-19:00  基調講演 塚本由晴(建築家/東京工業大学)
19:10-20:00 パネルディスカッション
パネリスト: 乾久美子(建築家/東京藝術大学)
        坂口寛敏(美術家/東京藝術大学)
        塚本由晴(建築家/東京工業大学)
        日比野克彦(美術家/東京藝術大学)
        保科豊巳(美術家/東京藝術大学)
        毛利嘉孝(社会学者/東京藝術大学)

司 会:   長谷川祐子(東京都現代美術館チーフ・キュレーター)

総合司会: 元倉眞琴(建築家/東京藝術大学)

このほかにも、「個と全体のあいだ」展(11/10-29)や、アーティスト・トーク(11/29)も開催されます。
詳細は下記ページをご覧ください。
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/129/2  

(N)

2011年11月 2日

「建築、アートがつくりだす新しい環境」展公式カタログ販売中

10月29日(土)から「建築、アートがつくりだす新しい環境」展が始まりました。
本展展覧会カタログは、館内のミュージアム・ショップで取り扱っております。

カタログ.jpg

共同企画者であるSANAAのインタビューや、原広司氏、ペーター・スローターダイク氏、当館チーフ・キュレーターの長谷川祐子のテキストなどをおさめています。
ご来館の際にはぜひミュージアム・ショップにもお立ち寄りください。


「建築、アートがつくりだす新しい環境―これからの“感じ”」展公式カタログ
ACCESS刊/ 2,625円(税込)

2011年10月26日

「建築、アートがつくりだす新しい環境」トークセッション

「建築、アートがつくりだす新しい環境-これからの“感じ”」展の関連イベントとして、
開催初日の10/29(土)にトークセッションを行います。
共同企画者であるSANAAのほか、
オープニングに合わせ来日した海外の建築家や日本の若手建築家も多数登場します。
みなさまのお越しをお待ちしております。

※当日は21:00まで特別延長開館いたします。(入場は30分前まで)

日時: 10月29日(土) 15:30~
場所: 東京都現代美術館 地下2階講堂
先着200名(当日10:00より美術館エントランスにて整理券配布予定)
無料・要展覧会チケット

1. 企画者セッション
妹島和世 + 西沢立衛 / SANAA
長谷川祐子(東京都現代美術館チーフキュレーター)

2. 海外建築家セッション
ビジョイ・ジェイン(スタジオ・ムンバイ)
セルガスカーノ

3. 海外若手建築家セッション
OfficeKGDVS
ヌーラ・アルサイヤ(バーレーン王国文化省)

4. 日本若手建築家・作家セッション
石上純也
荒神明香
近藤哲雄
平田晃久