スタッフブログ

カテゴリー

メイン

2015年10月 2日

「ここはだれの場所?」展紹介 アルフレド&イザベル・アキリザン

「おとなもこどもも考える ここはだれの場所?」展、今回紹介するのはアルフレド&イザベル・アキリザンの《住む:プロジェクト―もうひとつの国》です。


アキリザン1.jpg

アルフレドとイザベルは夫婦で作品制作をしています。
現在はオーストラリアで活動を展開している彼らは、フィリピン出身。
アキリザン夫妻にとって、フィリピンからオーストラリアへの「移住」という体験は、彼らの作品制作における重要なテーマの一つになりました。
《住む:プロジェクト―もう一つの国》は、もともとフィリピンのバジャウ族の水上集落に関するリサーチがベースとなっています。
バジャウ族は、船で移動しながら海の上で暮らす漂海民です。しかし、政治的な理由で海域における国境線が引かれたことや、大規模漁法による環境破壊で、彼らの生活は徐々に苦しくなっていきました。その結果、陸に上がり、海辺に家を建てるバジャウが増え、民族としてのアイデンティティが揺るがされる事態となったのです。 *
バジャウ族が海から陸へと移住していったことと、アキリザン一家が自ら移住し「移民」となった経験が重なり、《住む:プロジェクト》は生まれています。
その後、このプロジェクトは世界の様々な国や地域で行われています。
ダンボールという素材も「移住」や「引っ越し」を象徴しており、どこでも手に入る素材ですが、作り手の思いやプロジェクトそのものの思い出はその土地特有のものとなります。

アキリザン2.jpg

無数の家は、近隣の元加賀小学校の児童のみなさんが作ったものです。
また、展示室の一角で開催している「ここはだれの場所?自分だけの家をつくろう!」
ワークショップで作られた家も仲間入りしています。
「住みたい理想の家」「家にまつわる思い出」を子どもたちなりに表現しており、同じ家は一つもありません。
小さな家がたくさん集まって、タワーオブジェが構成されており、その様子はあたかも「社会」を具現化しているかのようですが、アキリザン夫婦はこの地域に増えているタワーマンションからこの形のヒントを得ています。
ワークショップは会期中の土日祝日に毎日2回、開催しています。
是非ご参加ください。

(「ここはだれの場所?」展インターン 阿部美里)

* 黒沢浩美 他 編集『イザベル・アキリザン アルフレド・アキリザン 住む:プロジェクト―もうひとつの国』2013、金沢21世紀美術館、p.32


「おとなもこどもも考える ここはだれの場所?」
2015年7月18日(土)~10月12日(月・祝)
展覧会詳細はこちら

「ここはだれの場所?」展紹介 会田家

「おとなもこどもも考える ここはだれの場所?」展、今回は「会田家」について紹介します。

作品が所狭しと並んでいる薄暗い展示室。
aida1.jpg

いずれも、お母さんの岡田裕子さん、お父さんの会田誠さん、そして息子の会田寅次郎くんが制作したものです。
それぞれが作ったものもあれば、合作もあります。

全てに共通しているのは「教育」というテーマ。
その中でも、WiCAN×岡田裕子《教育×アート=?〜NIPPONえでゅけーしょんTV》に注目したいと思います。

aida2.jpg
千葉大学の学生らからなる千葉アートネットワーク・プロジェクト(WiCAN)と岡田裕子さんが共同で制作した本作。

学校教育で感じたもやもやをテレビ番組仕立てにしています。
aida3.jpg

「朝倉式指導法」は世の中に数多く存在する教師向けのマニュアル本に疑問を感じたことから作られました。マニュアル本や指導法といったものは、生徒や保護者とうまく関わっていくためのものですが、果たして本当に「うまくやれて」いるのでしょうか。映像では、ベテラン朝倉先生が新米教師の水野先生に、クッキーの作り方を通して、生徒を「型にはめる」ことの大切さを伝授します。しかし、個性的だった姿がきれいなクッキーに統一されていく様子にはどこか違和感が...。

aida4.jpg

「りんこの唄」は、先生や親から見た「いい子」について考えさせられる作品です。林檎で表される「りんこちゃん」は受験を控える中学3年生の女の子。お母さんは一人娘のりんこちゃんを可愛がり、過干渉ともとれる程に世話を焼きます。りんこちゃんはお母さんの母校「ジーニアス女学院」を目指して受験勉強をしますが、母親との価値観の相違により、りんこちゃんの内面に段々と変化が表れていき...。

aida5.jpg

「ひみつのグアナコ」はドキュメンタリー仕立て。実際に全国で行なわれている小学校2年生の図画工作の単元「ひみつのグアナコ」。「グアナコ」という言葉から想像される架空の生き物を作る授業なのですが、「グアナコ」は実在する生き物なのです。なぜこのような授業が行われるようになったのか、調査していった結果...。

このほか、2パターンのCMも上映されています。皆さんお馴染みのとあるCMをオマージュしていますが、内容には考えさせられるものがあります。

芸術の秋、アートを通して、親子で教育について考えてみませんか?

(「ここはだれの場所?」展インターン 阿部美里)


「おとなもこどもも考える ここはだれの場所?」
2015年7月18日(土)~10月12日(月・祝)
展覧会詳細はこちら

2015年9月29日

「ここはだれの場所?」展紹介 ヨーガン レール

開催中の「おとなもこどもも考える ここはだれの場所?」展、今回から参加作家さんとそれぞれの作品紹介をしていきます。

展覧会の冒頭で展示されているのは、ヨーガン レールさんの作品です。

ポーランド生まれのドイツ人であるヨーガンさんはデザイナー。シンプルでナチュラルな素材を使って、身体に馴染むデザインの服、インテリアや雑貨を生み出し、「ヨーガン レール」と「ババグーリ」の二つのブランドを立ち上げました。
また、「ヨーガン レール」は社員食堂ブームの火付け役とも言われています。ヨーガンさんが居を構えていた石垣島で収穫した食材や、契約農家の有機野菜を使った料理が話題となりました。デザイナーとして作り出す商品だけではなく、経営者として商品を扱う社員にも気を配っていたことが伺えます。
残念なことに、ヨーガンさんは去年9月に急逝されましたが、最後の数年間はデザイナーとしての仕事の他に、大量のゴミが流れ着くようになった石垣島の浜辺でそれらを集め、ランプを作り続けていました。今回の展覧会は、彼が亡くなる直前まで手掛けていた遺作を見られる機会となっています。

彼の審美眼に基づいた豊かな色彩感覚によって分類され、再構成されて作られたランプたち。
ここで、一つ一つの作品をじっくり見てみましょう。
よーくみると・・・・

jurgen1.jpg
かわいいブラシ!?

jurgen2.jpg
宙吊りの人!?

jurgen3.jpg
お父さんのサンダル!?

目を凝らしてみると、思いもかけない物たちが作品の一部となっています。
ヨーガンさんは石垣島でできるだけ多くの時間を過ごし、自然の美しさに深く触れていました。自然が美しいものを既に用意しているのだから、飾り物のような不要なものを生み出したくないというのが彼のものづくりの哲学であったと思います。

「手仕事」を大事にしていたことも欠かせません。商品を作るときだけでなく、今回の展示作品にもヨーガンさんの「手仕事」が表れています。

本展覧会では、ヨーガンさんが石垣島の浜辺でプラスティックのゴミを集め、きれいに洗い、形や色で分類していたスタジオの様子を再現しています。

jurgen4.jpg

醜いプラスティックを大量に見せただけではその恐ろしさを分かってもらえない。それならばこれらを使って、何か自分が美しいと思うものを作りだす努力をしたい、という言葉をヨーガンさんは残しました。
皆様はこの言葉、そしてこの作品たちをどのように受け止めるでしょうか。
作品の全容は展示会場にて。
会期もあと半月を残すのみとなりましたが、皆様ぜひお越しください!

(「ここはだれの場所?」展 インターン 阿部美里)


「おとなもこどもも考える ここはだれの場所?」
2015年7月18日(土)~10月12日(月・祝)
展覧会詳細はこちら


2015年5月29日

「きかんしゃトーマスとなかまたち」/「ここはだれの場所?」展 ボランティア募集要項

東京都現代美術館の「きかんしゃトーマスとなかまたち」/「ここはだれの場所?」展では、体感型・参加型作品展示・ワークショップ等を開催します。お客様が展覧会をより楽しめるよう、ご案内、鑑賞サポートをお手伝いいただける方を募集します。

■活動内容:
作品鑑賞のサポート(展示室内での活動になります)
①「きかんしゃトーマスとなかまたち」展 レッツゴートーマス運営補助、体験型鑑賞作品補助
②「ここはだれの場所?」展 ワークショップコーナー運営補助(作品の一部となる段ボールの家の制作コーナーの運営補助)、展示構造物への子供の誘導補助
③必要に応じて他の展示コーナーやイベントの運営補助

■活動日:
2015年7月18日(土)~ 10月12日(月・祝)のうち休館日を除く毎日
*月曜日休館。ただし7月21日(月)は開館、7月22日(火)は休館

■活動時間:
全日10:00~18:00/午前(10:00~14:00)/午後(14:00~18:00)
*上記の中からお選びください。途中休憩あります。

【 事前説明会 】  
開催日時:2015年6月27日(土)10:30~14:00   
場 所:東京都現代美術館
*事前説明会に参加できない方には、展覧会・ボランティア活動概要を別途お知らせいたします。

【 応募資格 】
①18歳以上で、ボランティア活動の趣旨を理解し展覧会を応援していただける方
②会期中、できれば5日以上の活動が可能な方
(3日以上も可。ご相談ください。)(各活動日が連続しなくても大丈夫です)または、定例的な曜日に活動が可能な方(例:毎週○曜日)※どちらもボランティア活動開始後に日程調整ができます
③連絡のためにメールアドレスをお持ちの方

【 その他・条件 】
・展覧会への理解を深めていただくため、任期中ボランティアは展覧会を何回でもご覧いただけます。
・報酬、交通費、食費の支給はありません/ボランティア保険に加入します(当館負担で手続きいたします)。

【 応募方法 】
下記の必要事項をメールにてお送りください。
1. 氏名(ふりがな)
2. 年齢
3. 住所
4. 電話番号(日中連絡先)
5. メールアドレス(PCアドレスなど、添付ファイルが確実に開けるアドレスをご用意ください)
6. 活動希望日時(5日以上が望ましいですが、3日からも可。または定例的な曜日をご記入ください)
7. 事前説明会の参加可否
8. ボランティア希望展覧会名(あればお書きください。)
*担当展覧会は、基本的にボランティア当日にご希望を伺い決定します。
9. 志望理由

■応 募 先: thomaschild@mot-art.jp
■応募締切: 2015年6月20日(土)
■質問・問合せ: 03-5245-4111(「トーマス」「こども」展ボランティア係)

*ご応募いただいた方へは、メールを受信してから1週間程で返信いたします。活動日程は、2015年6月22日(月)~25日(木)頃にご連絡いたします。迷惑メール拒否の設定をされている方は、あらかじめthomaschild@mot-art.jpからのメールを受信する設定にしてください。
*個人情報は、ボランティア活動の目的以外には一切使用いたしません。


=======================展覧会内容=======================

(1)「きかんしゃトーマスとなかまたち」
『きかんしゃトーマス』の絵本は、1945年にイギリスで発表され、2015年で原作出版70周年を迎えます。原作者ウィルバート・オードリー牧師が息子クリストファーのためにつくったユニークな蒸気機関車のお話が「汽車のえほん」として出版され、時代を超えて愛され、テレビや劇場映画として30か国語で放映される世界的ベストセラーに成長しました。本展では、オードリー牧師の「汽車のえほん」シリーズから3組4人の画家(ダルビー、ケニー、エドワーズ夫妻)の絵本原画や、息子クリストファーによる新シリーズ挿画(画家クライブ・スポング作品)を紹介します。さらに、TVシリーズ撮影用のモデル車両や貴重な資料、関連映像上映、トーマスの国=英国とのゆかりも深い日本の鉄道史資料、身近なICカード(SuicaやPasmo)を使って参加できる現代の体験型展示などを通して、愛され続けるトーマスたちの作品世界と鉄道の魅力を楽しく探ります。


(2)「ここはだれの場所?」
美術館へようこそ。このまっしろな空間は、わたしたちの想像の助けがあれば、どんな場所にだってなることができます。南の島の海岸。家族の居間。こどもたちの王国。わたしたちの住むまち――。今年の夏休みのこどもたちのための展覧会は、4組の作家たちが、美術館の展示室のなかに、「ここではない」場所への入口を作ります。それらは、言うなれば「社会」と「わたし」の交差点。そこに立って「ここはだれの場所?」と問いかけてみてください。答えを探すうちに、たとえば地球環境や教育、自由についてなど、わたしたちがこれからを生きるために考えるべき問題が、おのずと浮かび上がってくるはずです。
学校に行かなくていい日。美術館で、こどもたちと一緒に、私たちの場所をもう一度探してみませんか?


*展覧会の詳細についてはHPをご参照ください。

==================================================================

みなさまのご応募をお待ちしております。