スタッフブログ

カテゴリー

メイン

2015年3月19日

「菅木志雄 置かれた潜在性」

「菅木志雄 置かれた潜在性」展、残すところ会期はあと3日となりました。
アトリウムとサンクンガーデンを活かした大規模なインスタレーションも、今週末までです。
70年代の貴重な記録映像や制作ノートは、比較的ゆっくりご覧いただける平日がおすすめです。
是非、お見逃しなく!

展覧会ページはこちら

2015年2月20日

菅 木志雄  置かれた潜在性

2月14日(土)に本展の関連イベントとして
ヴィデオ・インフォメーション・センター代表の手塚一郎氏と
埼玉県立近代美術館学芸員の前山裕司氏によるトーク、
「1970年代をめぐって」を開催しました。

手塚氏と前山氏の当時の活動領域のお話しだけではなく
それらにまつわる細密なエピソードを伺える非常に貴重な機会でした。


007.JPG(左から)トークの進行役をつとめた当館の学芸員、前山氏、手塚氏

展示室内にある菅さんのアクティベイション動画は全て
ヴィデオインフォメーションセンターによるものです。

当時のアクティベーションの様子が動画として残っていることは、
私のような、それらが行われていた際に見ていなかった世代にとって
作品の理解を深めるという点で、非常に貴重な要素となっています。


トークにご参加いただいた方々には
是非、お二人のトークがまだ新鮮なうちに
展示空間を再体感してみることで新たな発見が
あるといいな、と思っています。

3月7日(土)には菅さんのアクティヴェイションを開催します。
是非ご参加ください。

======
展覧会ページはこちら
======

広報OHR


2015年2月18日

菅 木志雄  置かれた潜在性

本日、取材で菅さんが来館されました。
取材時の1枚です。

yomiuri.JPG


取材後には少しですが、展示室にも・・・・
atorium.JPG

アトリウムの空間には菅さんの背景に写っている
《縁界》の圧倒的な作品のほか《界入差》や制作ノート、ヴィデオがあります。

週日、ゆっくり時間を過ごすには
最適な空間かな・・・と思います。

みなさまのご来館お待ちしています。

======
展覧会ページはこちら
======

広報OHR


2015年2月 4日

菅 木志雄  置かれた潜在性

展覧会ポスターが只今山手線・渋谷駅ホーム内にて掲出されています!

渋谷HS№13「菅 木志雄 展」 (2).jpg

ポスターも3×4メートル枠で掲出されると
とても迫力があります。

是非、実際の作品を
展示室内で堪能して頂きたいです。

======
展覧会ページはこちら
======

広報OHR

2015年1月30日

菅 木志雄  置かれた潜在性

菅さんが展示作業で来館されていた際に
撮影したインタビュー動画をお届けします!



少しでも菅さんの作品が出来上がるまでの
世界観や考えが伝わればと思っています。


======
展覧会ページはこちら
======

広報OHR

2015年1月28日

菅 木志雄  置かれた潜在性

展覧会図録は只今、ミュージアムショップ NADiff contemporaryにて販売中!

002.JPG

定価:3500円(税別)
サイズ: 260 x 210 mm/ 200 ページ
テクスト:菅 木志雄 / 関直子(東京都現代美術館、主任学芸員) / 長谷川祐子(東京都現代美術館、チーフキュレーター) /サイモン・グル―ム(スコットランド国立近代美術館 館長)
発行:HeHe / ヒヒ

少部数ではありますが、作家のサイン入り図録もあります。

======
展覧会ページはこちら
======

広報OHR

2015年1月26日

菅 木志雄  置かれた潜在性

NHK日曜美術館アートシーンにて本展が取り上げられます。
OAは2月8日(日)になります。
是非、ご覧ください。

024.JPG

======
展覧会ページはこちら
======

広報OHR


菅 木志雄  置かれた潜在性

1月25日(日)に菅 木志雄氏と本展キュレーターの長谷川祐子による対談が開催されました。

037.JPGのサムネイル画像

展示室内では写真や記録ヴィデオという形でしか
ご覧いただけない作品もあります。
対談では、これらについて非常に鮮明に
制作された時の背景等の貴重なお話しが沢山ありました。

043.JPGのサムネイル画像

関連イベントとして、菅氏のアクティヴェイションを3月7日に開催いたします。 
作品への理解を深める絶好の機会になります。
是非、このイベントもお見逃しなく!


======
展覧会ページはこちら
======

広報OHR  

2015年1月22日

菅 木志雄  置かれた潜在性

034.JPG

1月24日(土)が開催初日です。
ですので、オープンまでもうあと一歩。

25日(日)には、菅氏と当館のチーフ・キュレーターの対談イベントを行います。

25日お越し頂けるのであれば、、、
展示をご覧いただいてから対談を聞き再度、展示室へ!
というコースを勝手ながらおススメしたいと思います。

======
展覧会ページはこちら
======

広報OHR

2015年1月20日

菅 木志雄  置かれた潜在性

《位況》の作品作業でのワンシーン。

053.JPG

沢山ある枝の中から必要な枝をとりだして、空間の中へ。
このプロセス/移動の意味について少し考えてみる。

本展の関連イベントとして3月7日(土)に実施するアクティヴェイションで
是非、間近に「もの」の移動のプロセスを体感して頂きたいです。

======
展覧会ページはこちら
======

広報OHR

2015年1月19日

菅 木志雄  置かれた潜在性

作業の合間をぬって、美術館HP等でアップ予定の
インタビュー動画の撮影中です。


005.JPG


動画は月末アップをめざし、只今編集中です!

興味深いお話しを沢山お聞きすることができましたので
早く皆様にお届けしたい気持ちでいっぱいです。

======
展覧会ページはこちら
======

広報OHR

2015年1月15日

菅 木志雄  置かれた潜在性

本日の作業の様子は《依存差》の展示室からです。
亜鉛板を微調整中の菅氏。

059 (2).JPG

この画像では、空間の素晴らしさが伝わりません。
是非、展覧会が開いたら美術館に足を運んで頂き
じっくり菅氏の空間を堪能して頂ければと思います。

======
展覧会ページはこちら
======

広報OHR

2015年1月14日

菅 木志雄  置かれた潜在性

1月24日(土)から開催する「菅 木志雄 置かれた潜在性」。
菅氏の展示作業の様子をお届けします!


《捨置状況》の作品展示をされている菅氏
008.JPG

この作品で使用しているワイヤーの部分を
目一杯引っ張るので汗だくになりながらの作業でした。
最後にはジャケットを脱いで、作業されていました。

展覧会は1月24日開催です。
皆様のご来館をお待ちしいます!

展覧会ページはこちら


広報OHR

菅 木志雄 置かれた潜在性_印刷物

1月24日から「菅 木志雄 置かれた潜在性」を開催いたします。
本展の印刷物のチラシをご紹介します。

本展のチラシは通常のA4サイズのようですが・・・
001.JPG


帯の部分を広げると・・・
002.JPG


タテ長のポスターのような感じなります。
003.JPG


印刷物のデザイナーはLABORATORIES/ラボラトリーズ
加藤賢策さんによるものです。
是非本チラシをお手元にとってみてください。

展覧会ページはこちら

広報OHR