スタッフブログ

カテゴリー

« 菅 木志雄  置かれた潜在性 | メイン | 菅 木志雄  置かれた潜在性 »

「おはなしください。」

未見の星座〈コンステレーション〉-つながり/発見のプラクティス」では、「地域とつながるプログラム」のひとつとして、伊藤久也さんの「みせ派」プロジェクトがあります。

2014年に美術館の近くの深川資料館通り商店街のお店を対象にしたワークショップ「みせを小さい彫刻に。」
参加したお店のみなさんには、それぞれの「みせ」を彫刻にしてもらいました。

美術館のエントランスホールにはそれらの作品のドキュメント写真や、伊藤久也さんがそのお店のみなさんにインタビューした映像が展示されています。

さらに、そのワークショップで制作された作品は商店街の17のお店でご覧になれたり、伊藤久也さんが書いたそれぞれのお店の物語をもらったりすることができます。

おはなしください。.jpg
「地域とつながるプログラム」のマップと、お店でいただいた「おはなし」




文房具店や化粧品店、酒屋さんに床屋さん。

お店によって、忙しい時間帯も、お客様の年齢や性別もそれぞれの様子。

最初の1軒の扉を開けるのは少しドキドキするかもしれません。
でもお店の方に「おはなしください。」と声をかければ、ただ前を通り過ぎるのでは知りえない、思いもかけないお店の物語を知ることもできるでしょう。

お店をめぐり、物語を集める。そうしてみなさんが新たな「星座」をつくっていく。
「未見の星座〈コンステレーション〉」展は美術館の外へも広がっています。



miseha.jpg
黄色いステッカーが「みせ派」の目印


(広報担当:N)


未見の星座〈コンステレーション 〉-つながり/発見のプラクティス
2015年1月24日(土)~3月22日(日)
出品作家:淺井裕介、伊藤久也、大﨑のぶゆき、太田三郎、北川貴好、志村信裕、山本高之

展覧会詳細ページ⇒こちら
これまでの「未見の星座〈コンステレーション〉」ブログはこちら