スタッフブログ

カテゴリー

« 2014年12月 | メイン | 2015年2月 »

2015年1月31日

ガブリエル・オロスコ展―内なる複数のサイクル

ガブリエル・オロスコ展では、不思議な卓球台の作品で実際にプレーすることが出来ます。
展覧会の準備の合間に作家本人も、久しぶりに《ピン=ポンド・テーブル》で卓球を楽しんでいました。

ピン=ポンド・テーブル プレイ風景(SMALL).jpg

ガブリエル・オロスコ 《ピン=ポンド・テーブル》1998年 変形卓球台、卓球ラケット、ボール、水槽、ポンプフィルター、蓮 H76.7×W424.5×D424.5㎝ 金沢21世紀美術館 蔵

この卓球台、真ん中に池があるので、ラリーを続けようとすると少しコツが必要だったりします。頭も身体もいつもとは違う感覚になるかも!?

ガブリエル・オロスコ展は全て写真撮影可能ですので、お友達やご家族を誘って遊んだあとは、
最後にこんな風景を撮影!というのもオススメです。

*展覧会ページはこちら

広報 NKJ

2015年1月30日

菅 木志雄  置かれた潜在性

菅さんが展示作業で来館されていた際に
撮影したインタビュー動画をお届けします!



少しでも菅さんの作品が出来上がるまでの
世界観や考えが伝わればと思っています。


======
展覧会ページはこちら
======

広報OHR

2015年1月28日

「おはなしください。」

未見の星座〈コンステレーション〉-つながり/発見のプラクティス」では、「地域とつながるプログラム」のひとつとして、伊藤久也さんの「みせ派」プロジェクトがあります。

2014年に美術館の近くの深川資料館通り商店街のお店を対象にしたワークショップ「みせを小さい彫刻に。」
参加したお店のみなさんには、それぞれの「みせ」を彫刻にしてもらいました。

美術館のエントランスホールにはそれらの作品のドキュメント写真や、伊藤久也さんがそのお店のみなさんにインタビューした映像が展示されています。

さらに、そのワークショップで制作された作品は商店街の17のお店でご覧になれたり、伊藤久也さんが書いたそれぞれのお店の物語をもらったりすることができます。

おはなしください。.jpg
「地域とつながるプログラム」のマップと、お店でいただいた「おはなし」




文房具店や化粧品店、酒屋さんに床屋さん。

お店によって、忙しい時間帯も、お客様の年齢や性別もそれぞれの様子。

最初の1軒の扉を開けるのは少しドキドキするかもしれません。
でもお店の方に「おはなしください。」と声をかければ、ただ前を通り過ぎるのでは知りえない、思いもかけないお店の物語を知ることもできるでしょう。

お店をめぐり、物語を集める。そうしてみなさんが新たな「星座」をつくっていく。
「未見の星座〈コンステレーション〉」展は美術館の外へも広がっています。



miseha.jpg
黄色いステッカーが「みせ派」の目印


(広報担当:N)


未見の星座〈コンステレーション 〉-つながり/発見のプラクティス
2015年1月24日(土)~3月22日(日)
出品作家:淺井裕介、伊藤久也、大﨑のぶゆき、太田三郎、北川貴好、志村信裕、山本高之

展覧会詳細ページ⇒こちら
これまでの「未見の星座〈コンステレーション〉」ブログはこちら

菅 木志雄  置かれた潜在性

展覧会図録は只今、ミュージアムショップ NADiff contemporaryにて販売中!

002.JPG

定価:3500円(税別)
サイズ: 260 x 210 mm/ 200 ページ
テクスト:菅 木志雄 / 関直子(東京都現代美術館、主任学芸員) / 長谷川祐子(東京都現代美術館、チーフキュレーター) /サイモン・グル―ム(スコットランド国立近代美術館 館長)
発行:HeHe / ヒヒ

少部数ではありますが、作家のサイン入り図録もあります。

======
展覧会ページはこちら
======

広報OHR

ガブリエル・オロスコ展―内なる複数のサイクル

1月24日(土)の展覧会オープン初日にガブリエル・オロスコ本人による講演会が行われました。
聞き手は、当館チーフキュレーター 長谷川祐子です。
2015-01-24 15.20.51ブログ.jpg

この講演会では、今回の展示に沿った形で、
作品についてのエピソード等興味深いお話が伺えました。

2015-01-24 15.22.21ブログ.jpg

また、1月31日(土)には同時開催中の菅 木志雄展との共同企画として、
松井みどり氏(美術批評家)によるレクチャーも開催予定です。詳細はコチラ 
ぜひ、ご参加下さい!

広報 NKJ

2015年1月27日

1/23(金)プレス内覧会にて

1/23(金)に、展覧会オープンに先駆けて行った「未見の星座〈コンステレーション〉」展プレス内覧会での一コマ。

presstour.jpg

あいにく海外在住の山本高之さんはお越しになれませんでしたが、6人の出品作家のみなさんが揃いました。
(左から、太田さん、北川さん、大﨑さん、伊藤さん、淺井さん、志村さん)

これから約2ヶ月の会期中に、彼らの作品は美術館の展示室だけでなく、エントランスホールや木場公園、商店街などでもご覧いただけます。
事前申込制のワークショップ等イベントもございますので、ぜひイベント予定もチェックしてくださいね。
イベントページ⇒こちら

(広報担当:N)


未見の星座〈コンステレーション 〉-つながり/発見のプラクティス
2015年1月24日(土)~3月22日(日)
出品作家:淺井裕介、伊藤久也、大﨑のぶゆき、太田三郎、北川貴好、志村信裕、山本高之

展覧会詳細ページ⇒こちら

2015年1月26日

菅 木志雄  置かれた潜在性

NHK日曜美術館アートシーンにて本展が取り上げられます。
OAは2月8日(日)になります。
是非、ご覧ください。

024.JPG

======
展覧会ページはこちら
======

広報OHR


菅 木志雄  置かれた潜在性

1月25日(日)に菅 木志雄氏と本展キュレーターの長谷川祐子による対談が開催されました。

037.JPGのサムネイル画像

展示室内では写真や記録ヴィデオという形でしか
ご覧いただけない作品もあります。
対談では、これらについて非常に鮮明に
制作された時の背景等の貴重なお話しが沢山ありました。

043.JPGのサムネイル画像

関連イベントとして、菅氏のアクティヴェイションを3月7日に開催いたします。 
作品への理解を深める絶好の機会になります。
是非、このイベントもお見逃しなく!


======
展覧会ページはこちら
======

広報OHR  

2015年1月22日

菅 木志雄  置かれた潜在性

034.JPG

1月24日(土)が開催初日です。
ですので、オープンまでもうあと一歩。

25日(日)には、菅氏と当館のチーフ・キュレーターの対談イベントを行います。

25日お越し頂けるのであれば、、、
展示をご覧いただいてから対談を聞き再度、展示室へ!
というコースを勝手ながらおススメしたいと思います。

======
展覧会ページはこちら
======

広報OHR

2015年1月20日

菅 木志雄  置かれた潜在性

《位況》の作品作業でのワンシーン。

053.JPG

沢山ある枝の中から必要な枝をとりだして、空間の中へ。
このプロセス/移動の意味について少し考えてみる。

本展の関連イベントとして3月7日(土)に実施するアクティヴェイションで
是非、間近に「もの」の移動のプロセスを体感して頂きたいです。

======
展覧会ページはこちら
======

広報OHR

いよいよ1/24(土)からスタート!「未見の星座<コンステレーション>」

いよいよ今週末1/24(土)から、「未見の星座〈コンステレーション〉-つながり/発見のプラクティス」展がスタート。
ただいま展覧会準備が佳境です。

夜空の星のように、世界にばらかまれた「点」と「点」、たとえば「ここ」と「どこか」、「自分」と「誰か」、「見たことがあるもの」と「知らないこと」など、一見つながりのないようなものやこと。
淺井裕介さん、伊藤久也さん、大﨑のぶゆきさん、太田三郎さん、北川貴好さん、志村信裕さん、山本高之さんの7人の作家たちはそれらの「点」と「点」のつながりを感知し、また観る者へも新たな「つながり」に気づかせることでしょう。

あるきっかけで思いがけずつながり「星座」となる。
その「プラクティス」となるような展覧会です。

これから展覧会に関する情報をブログにアップしていきますので、どうぞお楽しみに!

コンステ.jpg
本展のポスター、チラシのデザインは秋山伸さん。

(広報担当:N)


未見の星座〈コンステレーション 〉-つながり/発見のプラクティス
2015年1月24日(土)~3月22日(日)
出品作家:淺井裕介、伊藤久也、大﨑のぶゆき、太田三郎、北川貴好、志村信裕、山本高之

展覧会詳細ページ⇒こちら

2015年1月19日

菅 木志雄  置かれた潜在性

作業の合間をぬって、美術館HP等でアップ予定の
インタビュー動画の撮影中です。


005.JPG


動画は月末アップをめざし、只今編集中です!

興味深いお話しを沢山お聞きすることができましたので
早く皆様にお届けしたい気持ちでいっぱいです。

======
展覧会ページはこちら
======

広報OHR

2015年1月15日

菅 木志雄  置かれた潜在性

本日の作業の様子は《依存差》の展示室からです。
亜鉛板を微調整中の菅氏。

059 (2).JPG

この画像では、空間の素晴らしさが伝わりません。
是非、展覧会が開いたら美術館に足を運んで頂き
じっくり菅氏の空間を堪能して頂ければと思います。

======
展覧会ページはこちら
======

広報OHR

2015年1月14日

菅 木志雄  置かれた潜在性

1月24日(土)から開催する「菅 木志雄 置かれた潜在性」。
菅氏の展示作業の様子をお届けします!


《捨置状況》の作品展示をされている菅氏
008.JPG

この作品で使用しているワイヤーの部分を
目一杯引っ張るので汗だくになりながらの作業でした。
最後にはジャケットを脱いで、作業されていました。

展覧会は1月24日開催です。
皆様のご来館をお待ちしいます!

展覧会ページはこちら


広報OHR

菅 木志雄 置かれた潜在性_印刷物

1月24日から「菅 木志雄 置かれた潜在性」を開催いたします。
本展の印刷物のチラシをご紹介します。

本展のチラシは通常のA4サイズのようですが・・・
001.JPG


帯の部分を広げると・・・
002.JPG


タテ長のポスターのような感じなります。
003.JPG


印刷物のデザイナーはLABORATORIES/ラボラトリーズ
加藤賢策さんによるものです。
是非本チラシをお手元にとってみてください。

展覧会ページはこちら

広報OHR