スタッフブログ

カテゴリー

« 「驚くべきリアル」展_ギャラリーツアー | メイン | MOTアニュアル2014ブログ No.16 髙田安規子・政子による特別作品 本日(4月6日)より公開! »

フルクサス・イン・ジャパン 2014

東京都現代美術館開館20周年記念事業の第一弾として、フルクサスのオリジナルメンバーによる「フルクサス・イン・ジャパン2014」を開催します。

フ ルクサス(Fluxus)の活動は、音楽、詩、美術、映像、パフォーマンス等、さまざまなジャンルを横断し、ヨーロッパ、アメリカ、日本と世界各地で展開 しました。文字によるインストラクション(指示書)をもとにパフォーマンスをおこなう「イヴェント」の方法や、日常をアートに転換するその考え方は、その 後のアートシーンに大きな影響を与えています。当館ではオノ・ヨーコや靉嘔の個展を開催してきた他、塩見允枝子ら、フルクサスに参加した作家の作品を収集 してきました。作品や資料の展示により前衛的な活動を紹介してきた一方、彼らの活動の中心にあったパフォーマンスに光をあてる機会が待たれていました。こ のたび、1960年代、フルクサスの初期から参加してきた作家を招いた本格的なコンサートを開催します。資料では伝わらないライヴのフルクサスを体験でき る貴重な機会となります。

【フルクサス・イン・ジャパン 2014 概要】
#1~5はそれぞれの作家が1~2時間程度、自身の作品やその他のフルクサスの作家の作品をおこないます。プログラム構成を含め、各作家の作品世界とそれぞれのフルクサス観を見ることができるでしょう。
#6「Viva!フルクサス」は複数の作家による共演となります。


#1 小杉武久 Takehisa Kosugi -終了しました
テクノロジーをしなやかに使いこなした独自の表現で、コンサート、展覧会と世界各地で活動を展開。近年は現代音楽の分野のみならず、ロック系アーティストとの共演も多数ある小杉武久。今回は、1960年代のイヴェント作品が一部新しいリアリゼーションで演奏されます。
共演:和泉希洋志、高橋悠治、浜崎健、湯浅学
日時:4/13(日) 15:00~
会場:東京都現代美術館 講堂
定員:200名(無料 事前申込制/先着順)
床席、イス席、立ち見のいずれかでご観覧いただきます。

#2 ミラン・ニザック Milan Knížák -終了しました
*急病のため、来日できなくなりました。
スペシャル・ゲスト:ヤン富田
ミ ラン・ニザックの待望の初来日パフォーマンスを予定しておりましたが、急病のため作家が来日できなくなり、急遽、ヤン富田をゲストに迎えることとなりまし た。ニザックの代表作である数種類のレコード盤を裁断して組み合わせた「ブロークン・ミュージック」に関連し、ヤン富田が「『必然性のある偶然の音楽』の ためのプリペアード・レコード」を演奏します。ほかに、ニザックが予定していた即興的ファッション・ショーも複数のパフォーマーによっておこなう予定で す。 
日時:4/15(火) 18:30~
会場:東京都現代美術館 講堂
定員:200名(無料 事前申込制/先着順)

#3 ベン・パターソン Ben Patterson -終了しました
1962 年、ドイツのヴィースバーデンでおこなわれた最初のフルクサスのコンサートに参加したメンバーの一人。以後多くのフルクサスのパフォーマンスに参加してき ました。2004年、70歳の誕生日に富士山に登りますが、頂上までには200メートル足りませんでした。10年後にあたる今回、このエピソードにまつわ るパフォーマンスを当館エントランスでおこないます(1)。翌日のコンサート(2)では、複数のパフォーマーと共に「オペラ」をおこなう予定。
1)
日時:4/15(火) 12:00~(20分程度予定)
場所:東京都現代美術館 エントランス
無料 申込不要

2)
日時:4/16(水) 18:30~
会場:東京都現代美術館 講堂
定員:200名(無料 事前申込制/先着順)

#4 エリック・アンダーセン Eric Andersen -終了しました
アンダーセンは空間に鑑賞者を誘うインタラクティブな作品を早くから手がけてきました。その作品はその場に立ち会う以外に触れることが難しいものです。この たびは音楽的な要素を持つ作品を中心に、ユーモアや簡潔さといったフルクサスの特徴を体現する作品と、冗長さを強調する作品の両方をおこなう予定。
*一部の映像に裸体が含まれます。ご了承の上、ご参加ください。
共演:会田桃子、かみむら泰一、寒川晶子、高橋保行、北條知子、巻上公一、三浦礼美、森重靖宗
日時:4/18(金) 18:30~

会場:東京都現代美術館 講堂
定員:200名(無料 事前申込制/先着順)

#5 塩見允枝子 Mieko Shiomi -終了しました
音 楽的コンセプトによる視覚作品やイヴェントをつくっていた塩見はフルクサスに出会い、「インターメディア」と呼ばれるトータルな表現を発展させます。当館 では2012年にトーク&パフォーマンスをおこない作品を紹介しましたが、このたびはピアノ作品を中心に、複数のパフォーマーと共に、新作を含む力作が演 じられる予定です。
共演:稲垣聡、柴田暦、福井とも子、村井啓哲、矢野礼子、ヤリタミサコ
日時:4/19(土) 18:30~
会場:東京都現代美術館 講堂
定員:200名(無料 事前申込制/先着順)

#6 Viva ! フルクサス -終了しました
出演:エリック・アンダーセン+ベン・パターソン+塩見允枝子+靉嘔
※出演を予定していたミラン・ニザックは急病のため来日できなくなりました。
様々なフルクサスの作品をおこないます。観客参加型のものも多数予定。
日時:4/20(日) 15:00~
会場:東京都現代美術館 講堂
定員:200名(無料 事前申込制/先着順)