スタッフブログ

カテゴリー

« 2012年10月 | メイン | 2012年12月 »

2012年11月28日

〈MOTアニュアル2012〉 運がよければ、出会えるかもしれません。森田浩彰さんの展示室から(その2)

前回に引き続き、今回も森田さんの展示室からお届けしています。

今回は、えっと…、これにします。

案内緑リボン.JPG

ふむふむ、「緑のリボンをつけて、常設展示室3階の一列に並んでいる椅子の一つに座っている人は、あなたと話をしてくれるでしょう」
どんな人がいらっしゃるのか緊張しますが、早速、行ってみます!

常設展示室は企画展示室を出て左奥、ヤノベ・ケンジさんの《ロッキング・マンモス》を通り過ぎたところにあります。
常設展示室入ってすぐの吹き抜けにあるスゥ・ドーホーさんの作品を横目に階段を上ると…
あっ誰かの話し声がします…。

よく見ると…、そこに座っている人は…………



なんと森田さんご本人でした!!!

緑リボン森田さん.JPG

森田さんとお客様と一緒に私も少しの間だけお話しさせていただきました。
森田さんはイギリスの大学院を修了されているのですが、この日はロンドン滞在中のお話をいろいろと聞かせていただきました。ちなみに森田さん、福井のご出身でおとめ座だそうです。

話してくれる人はその時々で違うそうなのですが、
運がよければ森田さん本人に会えるかもしれません。

物腰が穏やかで、のんびりとした口調で話してくれる森田さん。
いきなり話しかけても、楽しい会話ができると思います。

桶展のチケットで同時開催中の常設展「私たちの90年:1923-2013 ふりかえりつつ、前へ」もご覧いただけるので、ぜひお立ち寄りください♪
(広報)

2012年11月25日

「アートと音楽」展一部展示替えのお知らせ

「アートと音楽-新たな共感覚をもとめて」展で展示をしている田中未知・高松次郎の言語楽器《パロール・シンガー》の展示スペースで一部展示替えを行いました。

言語楽器の設計図に替わり、寺山修司の「言語楽器」展のための自筆原稿や高松次郎の言語楽器のためのドローイング、「言語楽器」展ポスターおよびプログラムなどを新たに展示しています。

どれも貴重な資料ですのでぜひじっくりとご覧ください。

(N)

八木良太、バルトロメウス作品のデモ演奏について

現在開催中の「アートと音楽-新たな共感覚をもとめて」展では、八木良太《Vinyl》とバルトロメウス・トラウベック《Years》の2作品を毎日下記のスケジュールでスタッフによるデモ演奏をしています。

これから展覧会を観にいらっしゃるご予定の方は、ぜひ「氷のレコード」「木のレコード」の音色もお楽しみください。

Vinyl_blog.jpg トラウベック_blog.jpg

左:八木良太《Vinyl》(2011年) 右:バルトロメウス・トラウベック《Years》

_____________

13:00~ 八木良太《Vinyl》

14:00~ バルトロメウス・トラウベック《Years》

15:00~ 八木良太《Vinyl》

16:00~ バルトロメウス・トラウベック《Years》

会場:「アートと音楽」展B2F展示室
_____________

*どの回も数分間のデモ演奏となります。
*事情により休止する場合もございます、あらかじめご了承ください。

2012年11月21日

MOTコレクション 私たちの90年 1923-2013 ふりかえりつつ、前へ

私的なつながり、友人や家族との関係性の
中で多くの作品を生み出していった作家、
デイヴィッド・ホックニー(1937-)。
ホックニーの作品はこれまで何度か
MOTコレクション展でご紹介をしてきました。

今回の展示でも特に、彼の母をモデルにした作品は
一見、シンプルにさらりと描かれたように思えますが
彼女の実在感と親近感を感じさせるような作品です。


DSC00676.JPG


身近なひとの事をそっと想う、
もしくは、今晩、母に電話をしてみよう・・・と
そんな気になる作品かもしれません。

(広報OHR)

2012年11月20日

〈MOTアニュアル2012〉森田浩彰さんの展示室から
ゴミ箱のチェックをお忘れなく!

今日も桶屋ブログをご覧いただきありがとうございます。
久しぶりの更新となった今日は、実際の展示室の様子をお届けしたいと思います!

会場である企画展示室3階に上がると、森田浩彰さんの作品《人が集まる場所で、みんなで、行う、何か》が私たちを迎えてくれます。

展示風景.JPG
森田浩彰《人が集まる場所で、みんなで、行う、何か》 撮影:齋藤圭吾

展示室内には、15センチほどに積まれたカードの束が壁沿いに並んでいて、一枚、一枚手に取れるようになっています。
20組ほどある紙には美術館内で起こっているだろう出来事が書かれ、裏面にはその場所が記されています。

私も1枚、手に取ってみます…。

案内ゴミ箱.JPG
なになに、「毎日1個、ごみ箱の中に森田浩彰の作品が入れられます ゴミ箱を開けて作品を持っていってかまいません」
これは…早速、確認しにいかないといけません!



このゴミ箱かな…?
ゴミ箱.JPG

どれどれ…。(普段、ごみ箱を覗くことはあまりないので新鮮です。)

あっなにかある!
中身.JPG
ゴミ箱には筒状の作品が入っていました!なんだかとてもラッキーな気分です。
作品はお客さまのためにままにしておきましたが、見つけた方は持って帰ってよいそうです。

入っているものは日によって違うそうなので、桶展にお越しの際はぜひチェックしてみてください♪
(広報)

図書室で、展覧会の関連図書を特集中!

地下1階の美術図書室では、開催中の展覧会「アートと音楽―新たな共感覚をもとめて」「MOTアニュアル2012 風が吹けば桶屋が儲かる」「MOTコレクション」に関連した図書や展覧会カタログなどを、特集して展示しています。
入口から入って右側、吹き抜け部分にならんでいます。

図書室特集展示.JPG

これらの本を紹介した紙も、企画展会場で配布していますので、ぜひお手にとってご覧ください。
このほかにも美術関係の資料を、多数所蔵しています。また現在は「柳瀬文庫」のなかの貴重資料も、吹き抜け部分で特別展示しています。
無料でどなたでも利用できますので、お気軽にお立ち寄りください。

2012年11月19日

〈MOTアニュアル2012〉
展覧会の最新情報やこぼれ話は、ここ桶屋ブログで!

motロゴ.jpg

東京都現代美術館が継続的に開催している若手アーティストを中心としたグループ展「MOTアニュアル」。
本年は、物事の通常の状態に手を加え(編集)、異なる状況(シチュエーション)を設定することで、日常の風景に別の見え方をもたらす7組のアーティストを取り上げます。

今回、展覧会のためにそれぞれが新たなプロジェクトを実施!
展覧会場だけでなく、進行していく彼らの活動の様子を会期前から会期中にかけて、この「桶屋ブログ」でもお伝えしていきます。

プロジェクトの様子はもちろん、展覧会の最新情報から、担当学芸員のコメント、イベントのレポートまで、展覧会のスタッフが入れ代わり立ち代わり、随時こちらにアップしていきますので、どうぞお楽しみに!(広報)

2012年11月16日

〈MOTアニュアル2012〉
奥村雄樹さん、上映会+トーク開催!11月24日(土)

毎日寒い日が続いておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
このブログをご覧のお客様の中には既に桶展に足を運んでくださった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今日は既に桶展をご覧いただいた方にも、初めてのお客様にも、どちらにも楽しんでいただけるイベントのお知らせです!

奥村雄樹《ジュン・ヤン 忘却と記憶についての短いレクチャー》上映会+トークショー

【日時】2012年11月24日(土)15:00より(開場14:30、終了17:00予定)(無料)
【会場】東京都現代美術館 地下2F 講堂
【上映作品データ】
2011/HDビデオ/27分39秒/カラー/日本語音声/英語字幕
協力:ジュン・ヤン、小林禮子、藤井光、荒木悠ほか/Courtesy of the artist and MISAKO & ROSEN
【トーク】平倉圭×星野太
※無料 「MOTアニュアル2012」展のチケットは必要ありません

出展作家の一人、奥村雄樹さんの映像作品《ジュン・ヤン 忘却と記憶についての短いレクチャー》の上映後、作品について平倉圭さんと星野太さんのお二人に対談いただきます。

どなたでも無料でご参加いただけ、事前申し込みや「MOTアニュアル2012」のチケット等も必要ありません。
当日桶展に来て奥村さんの作品に興味を持たれた方、既に桶展は見たけどもっと桶展を味わいたい方、桶展は見てないけど奥村さんのファンだという方も、皆さまご参加いただけます。24日(土)はぜひお誘いあわせのうえ、現代美術館、地下2F講堂まで足をお運びください。(広報)

平倉さん、星野さんって?と思った方は、登壇者のプロフィールも載っている以下、チラシをご覧ください。

★チラシのダウンロードはコチラから★

アーティストトーク奥村さん.JPG

アーティスト・トークでの奥村さん。英語も堪能な、とても気さくな作家さんです。

2012年11月15日

年末年始休館と2013年お正月特別開館のおしらせ

東京都現代美術館は、年末年始(12月28日から1月1日)は休館いたします。
2013年は1月2日から開館し、2日、3日の2日間はお正月特別開館として下記のように開館いたします。

【2013年お正月開館】

日時: 1月2日・3日

時間: 10:00~18:00(入場は17:30まで)

上記の2日間は「MOTコレクション」展を無料でご覧いただけます。

「アートと音楽-新たな共感覚をもとめて」
「MOT アニュアル 2012 Making Situations, Editing Landscapes 風が吹けば桶屋が儲かる」

はそれぞれ観覧料が必要となります。

また、両日とも、先着50名様に美術館オリジナルグッズをプレゼントいたします。

新しい年のはじめを美術館でお過ごしいただくのはいかがでしょうか?
皆様のお越しをお待ちしております。

*レストラン、カフェ、ミュージアム・ショップもご利用いただけます。
 美術図書室は12月28日から1月3日まで休室し、2013年は1月4日から開室いたします。

MOTコレクション 私たちの90年 1923-2013 ふりかえりつつ、前へ

今回はサム・テイラー=ウッド(1967-)による《Crying Men》という作品のご紹介です。

「泣く男たち」というタイトル。
じっくりとこれらの泣いている男たちの顔を見てみると、
なにか妙な事にふと、気が付きます・・・

「ファーゴ」のスティーブ・ブシェミや、
「クライング・ゲーム」のフォレスト・ウィタカーなど
これらはみな、有名な俳優ばかり。

DSC00619.JPG


この作品は、テイラー=ウッドが「泣くこと」を依頼し、
”泣いた”男性たちを写したものです。

俳優だと気付いた途端、なぜか偽り、演技の世界だと感じてしまうかもしれません・・・
ですが、私たちも実は、悲しい時や辛い時に涙を流すだけではないことを
どこかで知っているような気がします。
時には、偽りの涙を流すことを。

その問いに関しては人それぞれだと思いますが、
泣くという感情について、少し考えさせられる作品だとおもいます。

(広報OHR)

2012年11月13日

MOTコレクション 私たちの90年 1923-2013 ふりかえりつつ、前へ

MOTコレクションの展示室を入ると
最初に鹿子木孟郎氏の作品が展示されています。

DSC00665.JPG


《大正12年9月1日》の作品は、関東大震災を学ぶうえで、
震災直後の上野駅の様子として、教科書等によく出てくる画像です。

当時この大作を制作する過程で描かれたスケッチもあわせてみると、
当時の様子を改めて視覚的に見直すことができるような気がします。
 
鹿子木氏の作品は、歴史的事件を描いたものと認識する一方で、
震災を経験した私たちにとって、遠い過去のこととは思えなくなっています。

この作品を展示の始まりとして、日本の戦後美術を 「ふりかえりつつ、前へ」
進んでいきたいと思います。
ふりかえることで新しい何かに繋がっていくのだろうと
思いを巡らせている今日この頃です。

広報OHR

2012年11月 6日

第13回東京フィルメックスとの相互割引について

東京都現代美術館では、現在開催中の企画展「アートと音楽」「MOTアニュアル2012」と、11月23日(金・祝)から12月2日(日)まで開催される第13回東京フィルメックスとの相互割引を実施いたします。

「アートと音楽」展および「MOTアニュアル2012」展の観覧チケット(両展のセット券も含む)をお持ちの方は、有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ日劇において、東京フィルメックスの一般当日券を前売料金でお求めいただけます(1,700円→1,300円)。
*招待券、内覧会招待状は除く

また、東京フィルメックスのチケットをお持ちの方は、11月23日~2013年2月3日まで、「アートと音楽」、「MOTアニュアル2012」それぞれの単独チケットを通常料金から1割引きにてお求めいただけます。

芸術の秋。
どうぞこの機会に展覧会と映画祭をお楽しみください。

2012年11月 4日

〈MOTアニュアル2012〉
10月28日(日)アーティスト・トークのようす

今日も、桶屋ブログをご覧いただきありがとうございます。
今日は少々前のイベントになりますが、アーティスト・トークのもようをお伝えします!

待ちに待った会期を迎えた「MOTアニュアル2012」。
秋晴れの会期2日目に開催されたアーティスト・トークには大勢の方が足を運んでくださりました。混雑した展示室内でのトークにも関わらず、最後までツアーにお付き合いくださった皆さま、どうもありがとうございました。

トークには出展アーティスト7組全員が参加し、作家とともに展示室内を順々に見ていきました。各作家のトークの終わりには質問の時間が設けられていたのですが、お客様にまじって、さりげなく出展アーティストがトーク中のアーティストへ質問を投げかけたりと現存作家のグループ展ならではの楽しいトークになりました!(広報)

アーティストトークNadegata.JPG
展示室奥のお客様にも声が届くよう、イスにのってトークするナデガタの3人

アーティストトーク佐々さん.JPG
トーク中も、展示室内の至る所からいろいろな声が…。よく聞くと佐々さんの声に似ているような?

アーティストトーク田中さん.JPG
田中さんのトークは、なぜか空っぽの展示室内で。その理由(わけ)は美術館に来るとわかります。

2012年11月 3日

〈MOTアニュアル2012〉佐々瞬さん、パフォーマンス、11/10(土)、12/8(土) 時間変更のお知らせ

今日も桶屋ブログをご覧いただきありがとうございます。
先日お伝えした佐々瞬さんのパフォーマンスの日時が変更になりましたのでお知らせします。
ご迷惑をおかけし申し訳ありませんが、以下、詳細をご確認のうえお越しくださいますようお願いいたします。

佐々さん.JPG

----------------------------------------------------------------------------------
佐々瞬 《それらの日々をへて、あの日がやってくる》
パフォーマンス、ミクストメディア
日時:2012年10月27日(土)、11月10日(土)、12月8日(土) 
会場:東京都現代美術館 企画展示室3F
※時間が変更になりました。詳細下記。

※当日有効の本展チケットが必要です。
※展示室内で行なうパフォーマンスのため、お席のご用意はございません。途中入退場はできません。
※パフォーマンスは撮影し、後日、展示に使用します。お客様が映る可能性がありますことをご了承ください。

■11月10日(土)公演の詳細
18:15開演予定/19:30頃終了予定
観覧ご希望の方は、必ず当日17:30までに「MOTアニュアル2012」展に入場し、18:00まで展覧会をご鑑賞ください。
18:00に3F入口付近にお集まりいただきます。
準備ができ次第、会場となる佐々瞬《それらの日々をへて、あの日がやってくる》展示スペースにご案内いたします。
途中の入退場はご遠慮いただきますので、ご了承ください。

【お詫び】
公演時間を以前のお知らせから変更しました。
12月8日(土)公演の時間についても、本ブログ、ホームページにてお知らせいたします。

----------------------------------------------------------------------------------

震災で亡くなった仙台の高校の同級生と作家とのダイアローグ。
俳優、小田原さんと佐々さん自身によって、複数のパターンで再開の場面が演じられます。

当日、桶展にお越しの方(チケットをお持ちの方)であれば、どなたでも無料でご覧いただけます。
このほかにも桶展では関連イベントを多数、予定しております。ぜひ事前にチェックのうえ展示とイベントと合わせて2倍、3倍、桶展をご堪能ください。(広報)

2012年11月 2日

MOTコレクション 私たちの90年 1923‐2013 ふりかえりつつ、前へ

MOTコレクションに入る前、または
見終わった後に、スゥ・ドーホーの
作品を見ながら一息ついてみて下さい。

DSC00370.JPG
スゥ・ドーホー《リフレクション》2004/2007

角度(下から、階段側から、3階廊下から)によって
見え方も変わってきます。

ぼんやりとした時間を過ごすにはもってこいの
落ち着く空間です。

(広報OHR)

2012年11月 1日

〈MOTアニュアル2012〉いよいよ今週末!!
田中功起さん、2夜かぎりの特別上映!お見逃しなく!

本日も「桶屋ブログ」をご覧いただきありがとうございます。
今日はいよいよ今週末に迫った田中功起さんの上映会のお知らせ(再)です!
「MOTアニュアル2012」のチケットで、なんと映画上映も楽しめてしまうというおトクかつ魅力的なこのイベント!さらに当日は田中功起さんと豪華ゲストとのトークショーも予定されてますので行かない手はありませんね。
今週末のおでかけは、ぜひ東京都現代美術館とユーロスペースへ。
皆様のお越しをお待ちしております♪(広報)

↓↓↓
《A Piano Played by Five Pianists at Once (First Attempt)》
11/3(土・祝)、4(日)ユーロスペースにてレイトショー+アフタートーク開催!!

田中功起_Piano Played by Five Pianists.jpg
田中功起 《A Piano Played by Five Pianists at Once (First Attempt)》 2012、 HDヴィデオ(映像スティル)
Courtesy of the artist, Vitamin Creative Space, Guangzhou and Aoyama Meguro, Tokyo

二年に一度開催される現代美術の国際展ヴェネチア・ヴィエンナーレ。その次回日本館代表で本展の参加アーティストでもある田中功起さんが、今回、美術館という枠をこえて映画館での作品上映を行います!
単純な動作や物理現象など、身近な事象を鮮やかに切り取る映像作品で注目を浴びる田中功起さん。現在はロサンゼルスを拠点に国際的な活躍を見せながら、美術館の外にも活動の場を広げてきています。

本作は、異なる出自を持つ専門家(ピアニスト)を集め、一つのことを行なわせることで、何が起きるのかを観察するドキュメンタリー。クラッシック音楽やジャズなど異なる分野のピアニストが一台のピアノを弾くよう課されます。異なるバックグラウンドを持つ人々が偶然集まり、協働しなければならない時、人々はどのように行動し、関係性はどのように作られるのでしょうか。

「MOTアニュアル」展のチケットをお持ちの方であれば、無料でご覧いただける特別上映会。当日はそれぞれ林卓行さん、佐々木敦さんを迎えてのトークショーも予定しています!

【日時】
11月3日(土・祝)、11月4日(日)21:00~23:00(上映約1時間+トーク)

【トークショー】
11月3日(土・祝)ゲスト:林卓行さん×田中功起さん
11月4日(日)ゲスト:佐々木敦さん×田中功起さん

【入場料】 無料
※ただし、「MOTアニュアル2012」(東京都現代美術館)展覧会チケット[観覧済みも可]が必要です。チケットをお持ちでない方は、一般(1,000円)/ 大学・専門学校生(800円)チケットのみ、当日会場にてご購入いただけます。

【会場】ユーロスペース(渋谷区円山町1‐5 KINOHAUS 3F)

★上映は東京都現代美術館ではなく映画館ユーロスペースで行われます。お間違えのないようお気をつけください。
★ユーロスペースのHP、アクセスはコチラ

美術図書室所蔵「柳瀬文庫」特別展示

地下1階美術図書室では、「MOTコレクション 私たちの90年 
1923-2013 ふりかえりつつ、前へ」の開催にあわせ、画家・柳瀬正夢(1900年~1945年)の
旧蔵書コレクション「柳瀬文庫」のなかの貴重資料を特別展示しています。

画像1.JPG

柳瀬正夢は、15歳で院展に初入選して以来、新興美術・プロレタリア美術運動を通じて活躍し、
太平洋戦争中の空襲により45歳で死去するまで、絵画だけでなく漫画やデザイン、
文筆など多岐にわたって活動しました。

今回は「柳瀬正夢がみた震災後の東京」と題し、関東大震災によって倒壊した家屋や
建物などが描かれた自筆のスケッチブックと、当時の日記の一部を展示しています。
これらの資料は、ふだんは複写物でしか閲覧できませんが、
展示ケースにて実物をご覧になれます。

画像2.JPG

「MOTコレクション」にも震災を描いた作品が出品されていますので、
あわせてご覧になることをおすすめします。 展覧会帰りに、ぜひお立ち寄りください。
また、これらの資料の複写物は、閲覧室で手にとってご覧になれますので、
カウンターでお気軽にお問い合わせください。