スタッフブログ

カテゴリー

« 〈MOTアニュアル2012〉田村友一郎さん
祭りだ、わっしょい!!
| メイン | 〈MOTアニュアル2012〉
ART iT連載「往復書簡|田中功起」
~第8回目のお相手はアニュアル展、学芸員 »

メディア・パフォーマンス部門受賞展開催中!

MOTブルームバーグ・パヴィリオン・プロジェクト[公募展]
メディア・パフォーマンス部門受賞展開催中!

グランプリ 武井祥平「MorPhys」+ 受賞者プレゼンテーション
[関連展示] 平田晃久「ブルームバーグ・パヴィリオン」建築資料展示
2012年9月25日(火)-10月8日(月・祝)
東京都現代美術館 ブルームバーグ・パヴィリオン+ホワイエ・ウォールギャラリー[入場無料]

建築家・平田晃久氏/明和電機・土佐信道氏/八谷和彦氏/江渡浩一郎氏を審査員に迎えた「MOTブルームバーグ/10ミニッツ・メディアプレゼンテーション」公開審査(9月9日)において、最終審査作品10点の中から決定した受賞作品群が、9月25日よりパヴィリオンとホワイエ・ウォールギャラリーにおいて展示されています。パヴィリオンでは、グランプリ作品・武井祥平「MorPhys」が実際に展示され、形態を変容させる建築としての記録映像が上映されています。また、関連展示として、平田晃久氏の建築模型や、長時間撮影によって移り変わるパヴィリオンと周囲の風景が動画で公開されています。さらに、ホワイエ・ウォールギャラリーでは、グランプリに加え、準グランプリ作品・市原えつこ「@micoWall」のユニークなプレゼンテーション上映と、佳作の各作品と審査員特別賞が紹介されています。会期中の週末には、グランプリ・準グランプリ作家のトークとデモンストレーションを予定しています。演劇・工学などの領域にも拡がる若い才能のプレゼンテーションを、ぜひご覧ください。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[受賞展示]
グランプリ 武井祥平「MorPhys」/準グランプリ 市原えつこ「@micoWall」
佳作 UNSOUND「CORNERS」/麦島舞「電話が鳴るとき-観客参加型演劇」(江渡浩一郎賞)/
鰹モーション「かつお節ディスプレイ」(八谷和彦賞)/大森誠「PRINCIPLE」(平田晃久賞)/
山岡潤一「Walking Tree」(明和電機賞)

[関連展示]
平田晃久/平田晃久建築設計事務所 
akihisa hirata architecture office「Bloomberg Pavilion」模型他

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
MOTブルームバーグ/10ミニッツ・メディアプレゼンテーション受賞作品展
会期:2012年9月25日(火)-10月8日(月・祝)
会場:東京都現代美術館 ブルームバーグ・パヴィリオン/ホワイエ・ウォールギャラリー
入場無料(開催中の各展覧会の観覧にはチケットが必要です)
主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館
協賛:ブルームバーグL.P.
機材協力:NECディスプレイソリューションズ株式会社

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

グランプリ 
武井祥平「MorPhys」
この作品は、私が思い描く新しい建築の原始の姿です。
四面体をなすこの造形は、光を求めて移動します。
呼吸をするように、膨張と収縮を繰り返します。
これは移動する空間であり、変容する構造です。
環境に呼応して変化する、生命のような未来の建築です。
Project MorPhys: 武井祥平/飯田誠/苗村健

1.jpg

2.jpg

準グランプリ 
市原えつこ「@micoWall」
webの銀河を宇宙塵のように浮遊する、みんなの思念や欲望はどこにゆくのでしょうか。
人知れず呟かれ、吐き出され、いつしか数多の情報の塵の一つとなっていくみんなの煩悩。
それらを、テクノロジーの力で供養する神社を作る事にしました。
インスタント寺院化されたパヴィリオンの中で、あなたは巫女となり、
脳波による祈祷をすることができます。深く深く祈りを捧げ、
荒ぶる未浄化な煩悩を救ってあげましょう。

3.jpg