スタッフブログ

カテゴリー

« 「ゼロ年代のベルリン」作品紹介-3(クリスチャン・ヤンコフスキー) | メイン | 「靉嘔 ふたたび虹のかなたに」2/4スタートです! »

ブルームバーグ・パヴィリオン・プロジェクト 第3弾 | Qosmo/テクノ手芸部

Qosmo/テクノ手芸部

Qosmoのインスタレーションと、テクノ手芸部(かすやきょうこ+よしだともふみ)による電子工作と手芸を組み合わせたワークショップ+展示を行います。異なる領域で活動する2ユニットによるサウンド、映像、オブジェの表現がパヴィリオン空間に展開されます。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

(U)ユーby Qosmo
「ペットは飼い主に似る」と言われるように、今や携帯電話がその持ち主を象徴する存在になりつつあります。記憶力にすぐれ、持ち主の言うことを何でも聞いてくれる一方で、融通が利かない頭でっかちの「スマートフォン」と呼ばれるものが、わたしたの日々の生活に大きな影響を及ぼしています。
たとえこの世界から人が消えてしまったとしても、それらはかつての持ち主のアイデンティティの残像を宿し続けるでしょう。普段何気なく使っている携帯電話を通して、デジタルな世界に投影された私たちの無意識の世界を覗いてみましょう。

qosmoGENBIBLOG.jpg
(U)ユーby Qosmo

Qosmo
異なるバックグラウンドをもった日米3人からなるアーティスト/研究者グループ。コンピュータ、携帯電話から建築、服飾まで多様なメディアを組み合わせ、新しい表現の可能性を探る。徳井直生、澤井妙治と東京在住アメリカ人のアレキザンダー・リーダーによるユニット。
|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

テクノ手芸部 “デジタル”
テクノ手芸部はかすやきょうことよしだともふみによって2008年より活動を続けるアートユニットです。電子情報技術や新素材といった『ハイテクノロジー』と、触感に訴える豊かなマチエール、テクスチャを持つ手芸素材とを重ねあわせた表現を『テクノ手芸部』と名づけ、ワークショップや作品制作に取り組んでいます。
本展ではテクノ手芸部が考える“デジタル”を体験できるインスタレーション展示を行います。

テクノ表BLOG.jpg

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

ブルームバーグ・パヴィリオン・プロジェクト 第3弾
Qosmo/テクノ手芸部
会期:2012年2月4日[土]ー3月4日[日]
休館日=月曜日(祝日の場合は翌日)*その他の美術館休館日・展示替え期間の日程に準じます。
開館時間=10:00−18:00
主催=公益財団法人東京都歴史文化財団  東京都現代美術館
協賛=ブルームバーグL.P.
素材協力=株式会社 中川ケミカル
会場=東京都現代美術館 パブリックプラザ内 

文化庁メディア芸術祭協賛事業*
*本展は、平成23年度[第15回]文化庁メディア芸術祭(2月22日-3月4日・国立新美術館)の協賛事業として開催されます。