スタッフブログ

カテゴリー

« 『失われた街 −三陸に生きた集落たち−』について | メイン | 「ゼロ年代のベルリン」作品紹介-1(オマー・ファスト) »

ブルームバーグ・パヴィリオン・プロジェクト第2弾-蓮沼執太

12月10日~2012年1月15日 まで
「蓮沼 執太 have a go at flying from music part 3」展を開催いたします。

8.蓮沼執太.JPG


||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
蓮沼執太は、1983年東京生まれ。 音楽家としてアメリカ・インディーズレーベルからデビューし、この日本でも多くの音楽作品を発表してきました。 このたび東京都現代美術館ブルームバーグ・パヴィリオン・プロジェクトでの蓮沼自身初個展となる本展は新作で構成されています。 現代美術の文脈の中で音楽を素材として扱い、音楽のあり方についての問いを投げかけるとともに、それらを通したコミュニケーションの新しい可能性を示唆し、世界の層の豊かさを知れるような価値観を提案してきます。 わたしたちが生きるこの世界で起こるあらゆる事象すべてを音楽的視点として捉え、それらを作曲する手法によっていくつかの映像と音楽をパヴィリオン空間に現前させます。 音/音楽を使った表現は現代美術においてますます重要な役割を果たしており、その中に常に新しい空間を開き続け、注目を集め、動き続ける、蓮沼執太の作品世界をご紹介いたします。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


[関連イベント]

MOT美術館講座 第45回
蓮沼執太フィル・公開リハーサル/アーティスト・トーク
日時:2012年 1月7日(土)15:00~
場所:東京都現代美術館 講堂 B2F
参加費:無料
定員:200名 

広報:OHR