スタッフブログ

カテゴリー

« MOTコレクション海外巡回展@台北市立美術館のご案内 | メイン | 8月・9月の臨時開館および延長開館について »

微笑ましい風景

「名和晃平-シンセシス」がオープンして間もなく10日ほどたちますが、取材のほうも多く大盛況です。展示を見に来られている時間帯に撮影がある際には皆様に少々ご迷惑をおかけしているかもしれませんが、お許しくださいませ。

DSC06455.JPG


さて、今日も取材があり、展示室で立ち会っていたのですが、非常に微笑ましいお二人がいたので、
ぴしゃり1枚、激写してしまいました・・・・。 
oji+mago (2).JPG

おじいちゃんとお孫さんなのでしょうか・・・・ (想像上なので、間違っていたら申しわけありません)
アトリウムにあるMANIFOLDの作品前のベンチで展示マップを見ながら、幸せそうにお二人で
お話しをされていました。
激写中の私に、「すてきな展示ですね」と声をかけて頂き、なんだか心がぽっと温かくなりました。
作家にもこんな生の声が届けばいいのに・・・と思いつつ。

こうした生のリアクションを聞けるのは稀で、とても貴重な機会だったと思っています。
ただ、展示室を出る最後にアンケート用紙を設置しておりますので、お時間がある際にはぜひご記入頂ければ・・・と思います。 きっと、その声は作家に届きます。

広報:OHR