スタッフブログ

カテゴリー

« 2011年2月 | メイン | 2011年4月 »

2011年3月31日

MOTアニュアル2011 冨井大裕ワークショップのお知らせ

-----こちらのプログラムは終了しました。沢山のご応募ありがとうございました。-----

MOTアニュアル2011 Nearest Faraway|世界の深さのはかり方
関連プログラム
「冨井大裕×近藤恵介(画家) 彫刻と絵画をめぐるワークショップ」

このプログラムは当初3月12日(土)に予定しておりましたが、
11日(金)に発生した地震後の設備点検にともない延期となりました。
新しい日程が決定いたしましたので、お知らせいたします。

日時 5月1日(日)14:00~
会場 東京都現代美術館講堂
定員 先着30名(事前申込制)
対象 高校生以上
参加無料

※人数に若干名の余裕がございますので、
ご興味がある方はこの機会に改めてぜひご応募ください。


お申込み方法:
【Eメール】
件名に「冨井大裕ワークショップ参加希望」と入力の上、
お名前・ご住所・年齢・ご連絡先を下記メールアドレスまでお送りください。
motevent@mot-art.jp

【郵送】
往復はがきにて、お名前・ご住所・年齢・ご連絡先をご記入の上
下記住所宛にお送りください。
〒135-0022
東京都江東区三好4-1-1
東京都現代美術館
冨井大裕ワークショップ係
(返信面にもお名前、ご住所を明記ください。)

※定員に達し次第締め切らせていただきます。
※結果についてはメールもしくははがきにて通知いたします。

注意事項:
・ホットボンドを使用します。
・制作後は展示をする可能性があります
(作品のお持ち帰りをご希望の方は、後日美術館に取りに来て頂くか、
着払いにてお送りすることとなりますのでご了承ください)。

2011年3月18日

東京都現代美術館 開館時間の変更等について

東京都現代美術館は、3月11日(金)に発生した地震および節電対策のため、3月19日(土)以降しばらくのあいだ閉館時間を1時間繰り上げて開館いたします。


3月19日(土)からの開館時間

10:00~17:00(入場は16:30まで)

*美術図書室、ミュージアム・ショップ、カフェも上記の通りとなります。
*レストランは21:00まで営業いたします。(ランチラストオーダー16:00。18:00以降は予約制ディナーコース営業となります。)
※レストランの営業時間は変更になる可能性がございます。ご利用の際はあらかじめレストランへお電話にてお問い合わせください。Tel. 03-3820-2250(直通)


3月19日(土)に予定をしておりました田窪恭治・宮本亜門対談は4月9日(土)に延期いたします。
また、常設展示室のギャラリー・トークと田窪恭治展のギャラリー・トークは3月いっぱい休止とし、4月から実施いたします。

【おことわり】

1.節電のため館内の照明および空調を調整している箇所がございます。また展示室内は作品保護に適した最低限の設定を維持しております。

2.東京電力が実施する計画停電の影響等により臨時に休館することがございます。

3.地震等不測の事態が発生した場合には、予告なく閉館する場合がございます。その場合は係員の指示に従って行動していただきますようお願いいたします。

以上ご理解・ご協力のほどお願い申し上げます。

2011年3月15日

臨時休館のお知らせ

東京都現代美術館は、3月11日(金)に発生した地震の影響により、安全点検のため3月18日(金)まで臨時休館いたします。

また、再び開館した後も、閉館時間を通常から一時間繰り上げ、午後5時まで(チケット販売は閉館の30分前まで)の開館とさせていただきます。
なお、東京電力が実施する計画停電の影響等により、臨時に休館することがございます。

詳細につきましては、決定次第、随時当館のホームページでお知らせいたします。

開館に当たりまして、節電のため館内の空調の調整等を行うことがありますので、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

2011年3月 3日

MOTコレクション 「クロニクル1947-1963 | アンデパンダンの時代」展 シンポジウム

『美術運動』から読むアンデパンダンの時代
只今、常設展示「MOTコレクション」では、「クロニクル―戦後日本の美術を見直す」シリーズの第2回目を行っています。 今回は、敗戦後に各美術団体が復活するなかで、日本美術会と読売新聞社がそれぞれに主催していた「アンデパンダン」展に焦点をあてています。 このたびのシンポジウムでは、日本美術会が1947年に創刊し、現在も刊行されている機関紙『美術運動』を軸に当時の動向を探ります。

日にち:4月23日(土) 
時間:13:00~ (12:30開場)
場所:東京都現代美術館 地下2階 講堂
定員:200名様(先着順)
参加費:無料(ただし企画展もしくは常設展のチケットが必要です)

主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館
協力:日本美術会、 美学校、 美術運動を読む会

進行スケジュール

1.基調講演
○池上善彦氏 (50年代の意味―絵画的対抗と挫折)
※ジャスティン・ジェスティ氏の来日が中止になりました。
2.報告
○足立元氏 「大塚睦:予見者・反逆者・哲学者」
○武居利史氏 「『民主主義美術』の行方」
○白凛氏 「日本アンデパンダン展と在日朝鮮人美術家」
○宮田徹也氏 「日本美術会と青年美術家連合について」

3.シンポジウム
○基調講演者+報告者+藤井亜紀(東京都現代美術館学芸員)