スタッフブログ

カテゴリー

« 2010年11月 | メイン | 2011年1月 »

2010年12月22日

「オランダのアート&デザイン新言語」カタログ絶賛発売中

早くも会期の後半を迎えた
「オランダのアート&デザイン新言語」展ですが、
ようやくカタログが完成しました!
4人の作家の作品をじっくり堪能いただけます。

NL_ctlg_cvr+.jpg
税込1,400円

ミュージアムショップ、ナディッフ コンテンポラリィにて
お求めください。

(Y)

年末年始の休館・開館について

東京都現代美術館では、2010年の年末~2011年の年始は下記のように休館・開館いたします。

12月29日~1月1日
全館休館いたします。

1月2日、3日
下記の展示をご覧いただけます。

・「東京アートミーティング トランスフォーメーション」
・「オランダのアート&デザイン新言語」
・「MOTコレクション」(常設展示室)

は10:00~18:00までご覧いただけます。
(チケット販売・最終入場は17:30まで)

なお、1月2日, 3日の2日間は「MOTコレクション」展(常設展示室)のみ無料でご覧いただけますので、この機会にぜひご覧ください。


また、お正月には下記のイベントも予定しております。

■第43回MOT美術館講座 正月開館特別企画「落語で楽しむ現代美術」
日  時:1月2日 13:30~
会  場:地下2階講堂
参加費:無料(要整理券)
定  員:先着200名(当日11時からエントランスで整理券を配布いたします)

その他詳細は下記ページをご覧ください。
http://www.mot-art-museum.jp/kyoiku/adult01.html

■淺井裕介“巨大描き初め”パフォーマンス
日  時:1月3日 13:00~
会  場:エントランス
参加費:無料

___________________________

1月2日からミュージアム・ショップ、レストラン、カフェも営業いたします。
美術図書室のみ1月4日(火)から開室いたしますのでご注意ください。

みなさまのご来館をお待ちしております。

(N)

2010年12月13日

12/18(土)トランスフォーメーション展 サウンド・パフォーマンス

「東京アートミーティング トランスフォーメーション」展の関連プログラムとして、12月18日(土)に山川冬樹と及川潤耶のサウンド・パフォーマンスを行います。

サウンド・パフォーマンス 山川冬樹/ 及川潤耶
日 時:12月18日(土)15:00-(それぞれ30分程度のパフォーマンスを予定)
会 場:講堂(地下2階)
参加費:無料(ただし当日有効のチケットが必要です)
定  員:先着200名(開場14:30予定)
*途中入場はできません。

スペシャルゲスト
山川冬樹(ホーメイ歌手/アーティスト)

ホーメイをはじめとする身体の内部で起きている微細な活動や物理的現象をテクノロジーにより拡張するパフォーマンスで知られる。国際展への出品も多数あり、国内外で活躍。MOTコレクションにて、収蔵作品《The Voice-over》出品中。

18日には本展のための一夜限りのパフォーマンスとして、身体の接写的な見え方、聞こえ方によって、日常的な身体像とは別の身体像を表現する。


トランスフォーメーション展出品作家
及川潤耶(音楽家/音響空間作家)

自身のリップノイズや囁き声などをもとに電子音楽を作曲。対象音の構成要素を綿密に分析し、その内部にある微細な音響を有機的に拡張/伸縮させる手法をとる。トランスフォーメーション展では、本展のための新作サウンドインスタレーションを出品中。

18日のパフォーマンスは、マルチチャンネルによる電子音響空間ライブ。多様なサウンド・テクスチャーの組曲によって、変化する幻風景のメッセージを空間にインストールする。

ライフアップ23での優待料金について(訂正)

「ライフアップ23」をご覧の皆様へ


12月号に掲載された「東京アートミーティング トランスフォーメーション」展の優待料金に誤りがございました。

一般1,300円→優待料金1,070円 とございますが、ただしくは優待料金1,170円です。

お詫びして訂正いたします。

同展の観覧をご予定くださっている皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

2010年12月 8日

トランスフォーメーション展公式iPhoneアプリ完成

みなさん、こんにちは。

現在開催中の「東京アートミーティング トランスフォーメーション」展の公式iPhoneアプリが完成しました。

iPhone_4_01.jpg

展覧会概要や作家紹介、企画者である当館のチーフ・キュレーター長谷川祐子のメッセージ動画などのほか、呈示すれば観覧料が割引になるクーポン画面や、「変身カメラ」のおまけもございます。

これからご観覧の予定の方はぜひ予習に、またもうご覧になった方はおさらいに、ぜひお試しください。

ダウンロードはこちらからどうぞ。

(N)

2010年12月 2日

トランスフォーメーション展ポスター・チラシ

現在開催中の企画展「東京アートミーティング トランスフォーメーション」展も、おかげさまで開幕から1ヶ月がたちました。
みなさん、もうご覧いただけましたか?

本展では、出品作家のひとり、マシュー・バーニーの《クレマスター3:ファイブ・ポインツ・オブ・フェローシップ》を使って、展覧会ポスター、チラシを制作しました。

flyer.jpg

都内の駅にポスターを掲出したり、JR渋谷駅の山手線ホームに大きな看板を出したりしたので、ご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんね。

このポスターやチラシは近藤一弥さん(Kazuya Kondo Inc.)によるデザインで、来場された方のアンケートでも、「ポスターを見て」「ポスターやチラシのイメージにひかれて」来館した、と書いてくださる方もたくさんいらっしゃいます。

館内のミュージアムショップでは、B2サイズのポスターを販売しておりますので(税込1,680円)、ポスターが気に入った!という方は、ご来館の際にはぜひミュージアム・ショップにもお立ち寄りください。


(N)

2010年12月 1日

シンポジウム「若者ホームレスの、今」開催のお知らせ

近年特に顕在化している若年層の
ホームレス化についての調査報告のシンポジウムです。

ホームレス人口の若年化。いま、貧困の現場では何が起こっているのか。
40才未満のホームレスの方々50名に聞き取り調査を実施しました。
シンポジウムでは現状の報告と、必要な支援のかたちを議論します。
また同日には参加アーティストのタケトモコ氏による「ピクニック・ワークショップ」
も開催いたします。(現在参加者募集中・12/5締切)。当日見学のみも可能です。

登壇者:
若者ホームレス支援方策検討委員会メンバー
●宮本みち子(放送大学教授)
●稲葉剛(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい)
●井村良英(NPO法人「育て上げ」ネット)
●雨宮処凛(作家)
●佐野章二(ビッグイシュー基金)

●タケトモコ(本展参加アーティスト)

日時:2010年12月19日(日)15:00~17:00(開場14:00)
場所:東京都現代美術館 地下2F 講堂
定員:200名(先着順) 参加無料
※ご希望の方には事前の参加申込みを受付けます。
下記連絡先まで電話、FAXまたはメールにてお名前、ご連絡先をお知らせください。
FAX、メールの場合は追って確認のご返信を差し上げます。
お申込み数が予定を上回る場合は先着順とさせて頂きますので、予めご了承ください。

ご連絡先:NPO法人ビッグイシュー基金 
TEL:03-6380-5088 / FAX:03-6802-6074 email:tokyo@bigissue.or.jp